<img src="//trace.popin.cc/api/bidder/track/pixel/pageview?tn=f9f2b1ef23fe2759c2cad0953029a94b" width="0" height="0" style="display:none">
Twitterの収益化のやり方は?いくら稼げる?条件や申請方法も解説

Twitterの収益化のやり方は?いくら稼げる?条件や申請方法も解説

2023年7月に広告収益分配プログラムが始まり、既に多くのインフルエンサーが参加し始めました。Twiterは今や情報発信・収集だけでなく、収益を得られるツールへと進化しています。

「Twitterで収益を得る方法は?」「Twitterの収益化はいくら稼げるの?」と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

この記事では、Twitterの収益化プログラムや収益を得る方法などについて詳しく解説します。収益化の成果を上げるコツも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Twitterお役立ち資料ダウンロード

Twitterの収益化プログラムとは

X(旧Twitter)の収益化プログラムは、タイムラインに表示される広告収益の一部がクリエイターに分配されるというものです

プログラムを利用するには一定の条件を満たす必要があり、現在は影響力のあるインフルエンサーやクリエイターが中心に参加しています。

2023年11月現在、収益化プログラムを利用する条件は以下のように定められています。

  • X Premium(旧Twitter Blue)に加入済または認証済み組織
  • フォロワー500人以上
  • 過去3ヶ月以内の投稿に対するインプレッション数が500万以上

収益化プログラムに関する詳細は、サブスクリプションクリエイター利用規約をご覧ください。

サブスクリプション登録が必須

一般ユーザーがTwitter収益化プログラムを利用するには、前提としてX Premium(旧Twitter Blue)に加入する必要があります

X Premiumは、月額980円または年額10,280円で加入できる有料のサブスクリプションサービスです。加入者は広告非表示や長文投稿、投稿内容の修正など、さまざまなサービスを使うことができます。

Xが認証したアカウント以外が収益化プログラムを利用するには、X Premiumの加入が前提条件となることを把握しておきましょう。

X Premium(旧Twitter Blue)のメリットや料金プラン、できることについては下記の記事をぜひチェックしてください。

■関連記事

Twitter Blueで何ができる?メリットや料金、支払い方法など徹底解説

インプレッションのハードルが高い

有料サブスクリプションサービスに加入するだけでは収益化できません

収益化するには、「フォロワー数500人以上」「3ヶ月以内のインプレッション数が500万件以上」という2つの条件を満たす必要があります。

フォロワー数は達成しやすい条件ですが、インプレッション数はハードルが高いユーザーが多いでしょう。

フォロワー数が比較的多い場合でも、日頃から拡散されやすい投稿をしていなければ、500万件のインプレッションは達成しづらいと言えるでしょう。

収益化プログラムが開始された当初は「3ヶ月以内に1,500万件以上」という条件だったため、今後も緩和の動きは見られるかもしれません。

■関連記事

Twitterで上位表示されるコツとは?アルゴリズムとNG行動についても解説

Twitterの収益化プログラムの現状

Xの収益化プログラムは始まったばかりなので、総額いくら支払われているのか、どれくらいの加入者数がいるかなどは明らかになっていません。

しかし、一部のインフルエンサーによって収益額が公開されていることも。ここからは、Twitter収益化プログラムの現状について見ていきましょう。

収益化はいくら稼げる?著名人の事例

匿名掲示板「2ちゃんねる」の開設者として知られる西村博之(ひろゆき)氏は、フォロワー数約240万人を抱えており、約2328ユーロの入金があったそうです。

これは2月から7月までの6ヶ月分を合算した金額であり、日本円では約36万6,000円、1ヶ月あたり約6万円の計算になります

続いて、漫画化ぬこー様ちゃん氏は、日本円で30万円ほどの収益額を受け取ったそうです。月間のインプレッション数は4億ですが、フォロワー数はひろゆきさんの4分の1以下。

しかし、収益の差は約5万円と大きな差はないため、フォロワー数よりもインプレッション数が重要であると推測できるでしょう

収益化プログラムによる悪影響も

収益化プログラムの開始によって、悪影響も生まれつつあります。

それは、プログラムを使って稼ごうとするユーザーの一部が、収益化の条件を満たすためにスパムのようにリプライをする事例が散見されているということです

トレンドに上がっている単語やハッシュタグを並べた意味のない投稿や、インフルエンサーやおすすめ表示されている投稿に絵文字だけのリプライをしたり。

近頃Twitterでこのような光景を目にする方もいるのではないでしょうか。既にこれらの行為に不満を持つユーザーも多いため、今後の対処にも注目したいところです。

Twitterの収益化のやり方

Twitterは戦略的に活用することで、収益化が見込めるSNSです。収益化プログラムだけでなく、マーケティングに上手く活用すれば収益につなげることができるでしょう。

ここでは、Twitterで収益化を目指すやり方について紹介します。

Twitter内で収益を得る

1つ目は、Twitter内で収益を得る方法です。前述した収益化プログラムに加えて、Twitterにはいくつか収益を得るための機能があります。

公式の機能として利用できるため、気軽に始められることが特徴です。

それぞれの概要は以下のとおりです。

投げ銭(Tips)機能

フォロワーが応援や感謝の気持ちを投げ銭として送ることができる機能。金額に上限なし

有料チケット制スペース

音声配信できるスペースの参加を有料チケット制にすると収益を得られる。個人・企業ともに条件を満たすと利用できる

スーパーフォロー

サブスクリプション形式のグループを作成し、登録者限定のコンテンツを公開できる(未実装)

収益化プログラム

有料サブスクサービス「X Premium」に加入し、一定の条件を満たすと広告収益が分配されて受け取れる

PR案件を受注・発注する

インフルエンサー向けの収益化として、PR案件を受注する方法があります。企業が発注したPR案件をインフルエンサーが受けることで、収益を得ることが可能です

インフルエンサーが企業のPR案件を受けるには、インフルエンサーマッチングサイトまたはDMからの連絡を待つ必要があります。

企業側は、インフルエンサーにPRを依頼することで、商品やサービスの認知拡大や売上増につながるでしょう

インフルエンサーマーケティングのやり方や事例などについては、下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてください。

■関連記事

インフルエンサーマーケティングとは?効果やメリット・事例などを徹底解説

自社商品・サービスに誘導する

自社商品・サービスに誘導して販売につなげる方法もあります

商品やサービスを紹介する際に、商品ページや自社のオウンドメディアに誘導することで、購入までの導線づくりになるでしょう。

画像や動画を活用してユーザーの興味を引くツイートをすることが大切です。

■関連記事

Twitterマーケティングとは?効果的な戦略と成功させるポイントなどを解説

アフィリエイトにつなげる

Twitterを使ってアフィリエイト収益を得る方法もあります。

おもに、「Twitterで直接アフィリエイトを行う」あるいは「アフィリエイトサイトに誘導する」といった2つのパターンがあります。

ただし、ツイートに直接アフィリエイトリンクを貼る際には、アカウントの凍結や制限を受けるリスクもあるため注意しましょう。

規約やガイドラインでアフィリエイトが禁止されているわけではありませんが、何らかのペナルティを受けるリスクも否めません。

Twitterの収益化の成果を高めるコツ

ここからは、Twitterの収益化でより成果を高めるためのコツについて解説します。

トレンドを取り入れる

Twitterでフォロワーを増やしたり、収益化プログラムで効率良く収益を得るには、ツイートに対するインプレッション数を増やす必要があります

トレンド入りしている話題やキーワードを上手く取り入れてツイートすれば、ユーザーからの反応を多く得やすいでしょう。

ただし、政治的な時事ネタや賛否両論のあるテーマの話題は、炎上やファン離れを引き起こす可能性があるので、触れないようにするのが無難です。

■関連記事

Twitterのインプレッションとは?見方や平均、効率的に増やす方法を解説

購入までの導線を作る

Twitterとビジネスをつなげて収益を得るには、商品・サービスの購入や問い合わせなどの導線設計を行うことも大切です

アカウントのプロフィールや、伸びたツイートに自社サイトのリンクを貼って誘導すれば、自社商品・サービスのプロモーションや販促につながります。

単にサイトに誘導するだけでは見てもらえないため、誘導先で魅力的かつ具体的な情報を掲載して、購入までの導線を最適化しましょう。

また、イベントやセミナーなど、オフラインイベントへの集客に活用するのもおすすめです。

■関連記事

Twitterを運用するコツ28選!重要な5つの指標や企業向けの事前準備

ターゲット層に刺さる投稿をする

Twitterで収益化を目指すために、自社商品やサービスの宣伝ばかり行ったり、インプレッションだけを意識したツイートをしても成果にはつながりません。

あくまでも最終的な目標は、自社商品やサービスの購入や問い合わせにつなげたり、アカウントのファンとなってくれるターゲット層を集めることです

そのため、自社アカウントのターゲット層を分析・把握したうえで、それぞれに刺さる投稿をできるように意識しましょう。

ペルソナに届くSNS活用術

Twitterの収益化まとめ

Twitterを収益化するには、収益化プログラムを活用したり、Twitter運用を通じて自社商品・サービスの購入を促したりとさまざまな方法があります。

いずれにしても、Twitterのフォロワーやインプレッション、エンゲージメントを伸ばし、多くのターゲットユーザーに見てもらうことは必要不可欠です。

「Twitterをビジネスに上手く活用したい」「収益化の条件をクリアしたい」とお考えの方は、ぜひ下記の資料をチェックしてみてください。


以下の資料では、企業公式アカウントの運用における始め方と注意点から、Twitterの運用効果の具体的な測定方法を解説しています。

  • 興味を持ってもらえるプロフィールを作りたい
  • 投稿が見てほしいターゲット層に届かない
  • 企業公式アカウントの運用における始め方と注意点が分からない

    上記でお悩みの方は是非ご参考ください。

Twitter企業アカウントの運⽤で効果を出す13ポイント

SNSマーケティングのご相談は以下より日程をご調整ください

Twitterお役立ち資料ダウンロード

Twitterのお役立ち資料がまとめてダウンロードできます。

資料をDLする

お知らせを開く

Twitterお役立ち資料ダウンロード