catch-img

LINE公式アカウント運用のポイント5選を詳しく解説|メリットと注意点も紹介

連絡の手段がメールからLINEが主流となっている中、ビジネスシーンにおいてもLINEを使った顧客とのコミュニケーションを行う企業が増えてきています。

LINEの活用が注目されていく中でLINE公式アカウントの運用を任されたものの、運用方法について悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、「競合他社がLINEを使っているけど始め方がわからない」「LINE公式アカウントを運用しているが成果が上がらない」といったお悩みを抱えている方向けにLINE公式アカウント運用のポイントを詳しくまとめました。

LINE公式アカウントの作り方から注意点についても紹介してますので、これからLINEの運用や導入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

目次[非表示]

  1. 1.LINE公式アカウントとは?
    1. 1.1.LINE公式アカウントの特徴
    2. 1.2.LINE公式アカウントの個人アカウントとの違い
  2. 2.LINE公式アカウントを運用する3つのメリット
    1. 2.1.メリット1.メルマガより使いやすい
    2. 2.2.メリット2.直接ユーザーとコミュニケーションが取れる
    3. 2.3.メリット3.無料で始められる
  3. 3.LINE公式アカウント運用のポイント5選
    1. 3.1.ポイント1.運用の目的を明確にする
    2. 3.2.ポイント2.顧客ニーズに合わせたターゲット選定
    3. 3.3.ポイント3.目的に合わせたKPIを設定する
    4. 3.4.ポイント4.運用体制を整える
    5. 3.5.ポイント5.目的に合った料金プランを選定
  4. 4.LINE公式アカウント運用の注意点3選
    1. 4.1.注意点1.長文での情報発信を行わない
    2. 4.2.注意点2.配信頻度を気を付ける
    3. 4.3.注意点3.LINEだけに頼らない
  5. 5.LINE公式アカウントの運用まとめ

LINE公式アカウントとは?

LINEは、日常生活になくてはならないサービスとして普及している中で、ビジネスシーンでの活用が注目されています。

実際にどのような特徴があり、どのように運用していくのか悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

LINE公式アカウントの特徴と公式アカウントをまとめましたので、参考にしてみてください。

LINE公式アカウントの特徴

LINE公式アカウントは、普段日常的に使っているLINEアプリのビジネス版で、メルマガのように集客や販促などが行えるコミュニケーションツールです。

LINE公式アカウントの特徴として、プッシュ通知でメッセージを送れるため、すぐお客様に気づいてもらうことができ、メールマガジンと違って到達率は非常に高いです。

迷惑メールで弾かれたり、メールボックスに埋もれてしまうということもありません。

近年は、スマートフォンの普及により、情報収集や購買を行うユーザーが多いため気軽な情報を受け取るハードルが下がっています。

また、チャットボットを使ってカスタマーサポートや商品の販売を促進する機能を拡大することで目的に合った運用を行うことができます。

LINE公式アカウントには、チャット機能があるため、ユーザーと身近な距離でコミュニケーションが取れたり、チャットボットを作って対応を自動化することもできます。

LINE公式アカウントの個人アカウントとの違い

LINE公式アカウントは、個人アカウントとは違い、友達追加をしているユーザーへ一斉にコミュニケーションを行うことができます。

他にも、企業や店舗の情報やクーポンなどのお得な情報を掲載することで来店に直結する情報を届けることができます。

そのため、個人アカウントとは違い、ユーザーと目的に合わせた形でコミュニケーションを行うことが特徴です。

LINE公式アカウントを運用する3つのメリット

LINE公式アカウントの運用を行う上でのメリットについて解説します。

メリット1.メルマガより使いやすい

メルマガで情報発信している企業が多いのではないしょうか。

メルマガの場合、本当にメールが届いているのか、またメールが開封されたのかどうかがわかりません。

一方、LINEの場合、読まれたかどうかの開封率を確認することができます。

また、メルマガ登録を行うことへのストレスを感じる方も多いです。

その点、LINEは友達追加で簡単にできるため、抵抗なくLINE公式アカウントを追加してもらえます。

簡単に登録できるという点はユーザーにとっても大きなメリットです。

メリット2.直接ユーザーとコミュニケーションが取れる

LINE公式アカウントでは、チャットを使ったユーザーとのやりとりが簡単に行えます。

自動でのやり取りだけでなく、個別でのやりとりも行えるため、一人ひとりのユーザーに合わせたメッセージ配信ができます。

多くの人がLINEでのメッセージのやりとりに慣れているため、コミュニケーションが取りやすいというメリットとして挙げられます。

メリット3.無料で始められる

LINE公式アカウントは、無料で始めることができます。

無料プランでも月に1000通まではユーザーにメッセージを配信できます。

メッセージの配信が多くなってきたら、有料プランへの切り替えにより上限を上げることができます。

また、無料でも機能を使って自社専用のカスタマイズができるため、お手頃に始められることがメリットです。

LINE公式アカウント運用のポイント5選

LINE公式アカウントのメリットについて説明しました。

効果的に運用するために前に行うべきポイントは以下の5つです。ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1.運用の目的を明確にする

LINE公式アカウントを運用するときのポイントとして、運用の目的を明確にすることが重要です。

運用効果を最大化するためには、運用目的を明確にすることから始めます。

運用の目的として、顧客とのコミュニケーション数を増やすことや来店を促すことを目的としたプロモーション施策などを明確にすることが重要です。

また、エンゲージメントを高めることが目的の場合、チャット機能を活用することが必要です。

実店舗やECサイトへの送客が目的ならクーポンの発行やキャンペーンの実施を運用を行うことで目的に合った結果を計測できます。

ポイント2.顧客ニーズに合わせたターゲット選定

運用の目的を決めたら、ターゲットとなる顧客はどんな人か、どのような情報をどのように届けるのかを決めましょう。

ターゲットを設定する際、顧客の興味があることや、求めていることをきちんと調査しておくと、顧客のニーズに合ったコンテンツが配信できるようになります。

顧客のニーズを適切に把握して、ターゲットとなる顧客を魅了するコンテンツを制作することが大切です。

ポイント3.目的に合わせたKPIを設定する

次に、目的に合わせたKPIを設定することが重要になります。効果的な施策を行うために、目的に合わせたKPIを設定します。

例えば、顧客のリピート率を向上させることが目的の場合は、クーポンコードなどを使ったキャンペーンを行うことで次回の来店を促すことができます。

来店を促す目的の場合は、LINE公式アカウントへの追加後に行動するポイントでメッセージ到着率から開封率、返信数、来店というKPIを設定することができます。

KPIを設定することで、施策が目的通り進行しているか確認することができます。

顧客との信頼関係の構築が目的であれば、お問い合わせへの回答率を100%にするというKGIを立てることができます。

LINE公式アカウントの運用の方向性がより定まりやすくなるので、運用を行うときは、KPI設定を必ず行いましょう。

ポイント4.運用体制を整える

LINE公式アカウントを運用する際は、運用体制を整えることも重要です。

LINE公式アカウントの運用において専任は少なく、多くの企業は兼任で業務を行っているのが一般的です。

他の業務の多忙さによっては、ひとりでは定期的な配信ができなくなる可能性があるので、複数人担当者を決めることをおすすめします。

どの担当者が配信設定を行なっても、一定のクオリティを保てるよう運用ルールを決めておく必要があります。

配信前のメッセージや画像はダブルチェックし、誤った内容を配信しないような体制を整えましょう。

ポイント5.目的に合った料金プランを選定

LINE公式アカウントを運用する際に料金プランによって月のメッセージ配信数が異なる点が挙げられます。

LINE公式アカウントは無料でも使用することができますが、無料の場合に配信できるメッセージ数は最大1,000件です。

有料プランの場合は、月額費用によってメッセージ数の上限が増えます。

上限に達した場合も追加料金を支払うことでメッセージの配信が可能になります。

予算と友だち登録者数に応じてプランを変更したり、料金を追加したりしながらの運用が必要です。

LINE公式アカウント運用の注意点3選

LINE公式アカウントの運用について理解したところで注意すべき点について以下の3つが挙げられます。

注意点1.長文での情報発信を行わない

メールでの情報発信に慣れていると、LINEでも長文で情報を伝えてしまうのではないでしょうか。

LINEの場合、長文でのやりとりはむしろマイナスに働く可能性が高いです。

長文ではなく、短文で情報をコンパクトに伝えることが重要です。

注意点2.配信頻度を気を付ける

配信頻度が多いと、メッセージが多すぎて迷惑だと感じるユーザもいます。そのため配信頻度をどの程度にするのかは注意が必要です。

LINEの機能を使って、企業の側から通知が多い場合はプッシュ通知をオフにするように誘導するのもひとつの方法です。

LINEの場合は、ユーザーにブロックされることでコミュニケーションが取れなくなります。ユーザーの負担にならないために、配信頻度に注意しながら情報発信をしていきましょう。

また、クーポンやお得情報をLINEで配信することで、ブロックされる確率は低くなります。ユーザーが必要とする情報をLINEでは配信していくよう心がけましょう。

注意点3.LINEだけに頼らない

LINE公式アカウントからホームページに流入しても、そのホームページが使いにくいものであればユーザーは離脱します。

LINE公式アカウントから店舗に訪れることができても、接客で印象を下げてしまい、購入にまでつながらないこともあります。

LINE公式アカウントから流入した後に、どのように購入まで導くか、その道筋を考えて必要な部分は改善していくようにしましょう。

LINE公式アカウントの運用まとめ

LINE公式アカウントは、アカウントの開設ページから簡単に開設できますが、運用を開始する前に、運用の目的やターゲット、KPIをきちんと設定することが大切です。

また、自社に合った配信スケジュールの設定や運用ルールを決めることで、継続的で効果的な運用ができるでしょう。

本記事で紹介したポイントやメリット、注意点を、ぜひ自社のLINE公式アカウントの運用に役立ててみてください。

カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング