catch-img

LINE公式アカウントの作り方とは?料金プランや開設の手順を徹底解説

LINEは国内で9,000万人以上のユーザーが利用しているSNSです。

従来の個人間での利用だけでなく、企業がビジネスに活用するケースも増えている中で機能が多いため、集客や販促に便利なLINE公式アカウントを活用するケースが増えています。

LINE公式アカウントの作り方や手順が分からず「活用したいけど始められていない」という方もいるのではないでしょうか。

本記事ではLINE公式アカウントの開設手順や、料金プランなどを解説します。これからLINE公式アカウントの利用を検討されている方は参考にしてください。

目次[非表示]

  1. 1.LINE公式アカウントとは?
    1. 1.1.LINE公式アカウントと個人のLINEアカウントとの違い
    2. 1.2.LINE公式アカウントの種類
      1. 1.2.1.認証済みアカウント
      2. 1.2.2.未認証アカウント
  2. 2.LINE公式アカウントでできること
    1. 2.1.主な機能
      1. 2.1.1.メッセージの一斉送信
      2. 2.1.2.ユーザーとの直接的なやり取り
      3. 2.1.3.自動送信の設定
      4. 2.1.4.リッチメニューの設置
      5. 2.1.5.販促機能
      6. 2.1.6.ユーザーの反応をレポートで確認できる
    2. 2.2.オプション機能
      1. 2.2.1.友だち追加広告
      2. 2.2.2.Messaging API
      3. 2.2.3.支払い設定
      4. 2.2.4.LINEで予約
  3. 3.LINE公式アカウントを開設するメリット3選
    1. 3.1.1.開封率の高さ
    2. 3.2.2.友だち登録に手間がかからない
    3. 3.3.3.チャットでの直接的なやり取りが可能
    4. 3.4.4.集客や販促に便利な機能が揃っている
    5. 3.5.5.自社サービスよりも手軽に構築・運用ができる
  4. 4.LINE公式アカウントにかかる費用とは?料金プランを紹介
  5. 5.LINE公式アカウント開設5つのステップ 
    1. 5.1.ステップ1 : LINEビジネスIDを開設
    2. 5.2.ステップ2 : アカウント設定
    3. 5.3.ステップ3 : 挨拶メッセージの設定
    4. 5.4.ステップ4 : 配信メッセージの設定
    5. 5.5.ステップ5 : アカウントの公開
  6. 6.LINE公式アカウントの作り方解説まとめ

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントとは企業や店舗が個別でユーザーと直接コミュニケーションが取れるサービスのことです。

利用可能な機能が豊富にあるため、様々なビジネスの場面で活用されることが増えています。

LINE公式アカウントと個人のLINEアカウントとの違い

LINE公式アカウントと個人のLINEアカウントとの大きな違いのひとつは、一度に送信できるアカウントの数です。

通常個人のLINEアカウントは、1対1でメッセージのやり取りを行えるツールです。対してLINE公式アカウントはA社が100人、200人に対してメッセージ配信を行えるツールです。

通常のLINEであれば100人に対してメッセージを送る場合、一人一人に送信が必要ですが、LINE公式アカウントは送信ボタン一つ押せば友達登録しているユーザーに対して一斉にメッセージを送ることができます。

LINE公式アカウントの種類

LINE公式アカウントには現在、認証済みアカウントと未認証アカウントの2つのアカウントタイプがあります。

アカウントタイプによって、付与されるバッジの色と利用できる機能が異なります。以下では2つのアカウントを説明します。

認証済みアカウント

認証済みアカウントは、LINEが行う審査を通過することで取得できるアカウントです。青色のアカウントバッジが付与されます。

付与される青色のバッジは一定の審査を通過している信頼の証にもなるため、ユーザーからアカウントへの信頼度が高まることが有利な点です。

商品やサービスの認知、集客や販促が目的の場合、認証済みアカウントの利用がおすすめです。

未認証アカウント

未認証アカウントは、個人でも法人でも審査なしで誰でも作成できるアカウントで、グレーのバッジが付与されます。

有料プランへのグレードアップも可能なため、会員制店舗など個別の運用が目的で、店名やサービス名で検索されたくない場合には未認証アカウントでの運用が適しています。

LINE公式アカウントでできること

主な機能

通常のLINEアカウントとは異なるLINE公式アカウントにするとできるようになる主な機能は以下のとおりです。

メッセージの一斉送信

友だち追加済みのユーザーに一斉にメッセージの送信が可能になります。

ユーザーとの直接的なやり取り

1対1での問い合わせの回答など個別コミュニケーションが取れます。

自動送信の設定

定期的な案内メッセージや友だち追加時のメッセージなどを自動送信できます。

リッチメニューの設置

企業や店舗の独自サービスやホームページなどの案内ができるメニューの設置ができます。

販促機能

企業や店舗で使用できるクーポンを作成してメッセージとして配信することができます。デジタルのポイントカードを作成することも可能になります。

ユーザーの反応をレポートで確認できる

ユーザーからのメッセージ数や友だち追加数の比較など、ユーザーの反応をレポートで確認できます。

オプション機能

LINE公式アカウントで利用可能なオプション機能は以下のとおりです。運用において、便利な機能なのでチェックしておきましょう。

友だち追加広告

友だち追加広告は、LINEアプリ内に友だちを獲得する為の広告を出せる機能です。

Messaging API

Messaging APIを設定すると、一人一人にあったメッセージを分析ができます。自動返信と組み合わせて利用するのが一般的です。

支払い設定

LINE Payを活用したリンクの設定、管理が可能になります。

LINEで予約

他のサイトを介さず、LINEアプリ内で店舗の予約ができる機能です。

LINE公式アカウントを開設するメリット3選

LINE公式アカウントを開設すると生まれるメリットを紹介します。自分の利用目的に合ったポイントをチェックしておきましょう。

1.開封率の高さ

LINEはメルマガ等と比べると開封率が高いです。メルマガの平均開封率が10%と言われている中でLINE公式アカウントの平均開封率は60%と言われています。

LINEは日常的にコミュニケーションを取るためのアプリなので、日頃からアプリ自体をチェックしている方が多いのが開封率の高いひとつの要因です。

2.友だち登録に手間がかからない

LINE公式アカウントは友だち登録が簡単に出来ます。例えばメールアドレスで登録する場合、メールアドレスを入力しなければいけない手間や、氏名などの個人情報を求められるケースが多いです。

LINE公式アカウントであれば、QRコードや友だち追加ボタンをタップするだけで簡単に企業アカウントとつながることができます。

3.チャットでの直接的なやり取りが可能

個別でメッセージのやり取りができるため、一人一人に合わせた細かい対応が可能となります。

LINE公式アカウントのチャット画面は、ユーザーから見ると一般的なLINEのチャット画面と全く同じなので気軽なやり取りがしやすいです。

4.集客や販促に便利な機能が揃っている

集客や販促で活用できる機能が多いのもLINE公式アカウントを使うメリットです。クーポンの配布、ショップカードの活用、アンケートの実施などニーズに合わせて便利な機能が備わっています。

上記の機能は無料で使用が可能なため、導入しやすいツールです。

5.自社サービスよりも手軽に構築・運用ができる

LINE公式アカウントはユーザーのLINEアプリを活用して販促や集客ができるため、通常のアプリのようになかなかダウンロードしてもらえない、開発費がかかるなどの問題が起こりません。

LINE公式アカウントの通常の機能を利用するだけでも、クーポンやリッチメニュー、ショップカードなどの多彩なコンテンツを活用することが出来ますし、外部APIツールの拡張サービスなどを利用することにより、自由に自社独自の取り組みなども出来るようになります。

LINE公式アカウントにかかる費用とは?料金プランを紹介

LINE公式アカウントの解説には費用はかかりませんが、運用していく上でプランによってメッセージの送信数と料金が発生します。運用目的とターゲットを明確にして必要なプランを選びましょう。

以下では、全3種類のプランと可能なメッセージ送信数をそれぞれ表で紹介します。


LINE公式アカウント開設5つのステップ 

LINE公式アカウントの開設は以下のステップで行えます。手間があまりかからないため設定時間は平均して約10分程度です。

ステップ1 : LINEビジネスIDを開設

LINE公式アカウントを作成するためには、LINEビジネスIDが必要です。LINEビジネスIDには、「個人のLINEアカウントを利用する場合」と「LINEビジネスアカウントを利用する場合」の2種類があります。LINEビジネスアカウントは、ページからメールアドレスを指定して作成することができます。

ステップ2 : アカウント設定

LINEビジネスIDが開設され、管理画面にログインできたらLINE公式アカウントの作成画面が表示されます。アカウント情報、業種などの必要項目を設定し、最後に確認ボタンを押します。

ステップ3 : 挨拶メッセージの設定

あいさつメッセージとは、ユーザーがLINE公式アカウントを友だち登録した際に自動で送信されるメッセージのこと。登録してくれたことに対するお礼や、アカウントで配信されるメッセージ内容について記載するのが一般的です。

例えば、お得な情報を共有してくれるアカウントであることを印象付けたい場合は、クーポンをあいさつメッセージに含むのがおすすめ。友だち追加後のブロック率低下にもつながります。

ステップ4 : 配信メッセージの設定

ユーザーがメッセージを送信した際、キーワードを拾って自動で返信するメッセージを決められます。

例えば、飲食店の場合は営業時間やメニュー内容に加え、トークの利用方法などの自動応答メッセージを決めておくのがおすすめです。

応答メッセージが設定されていないと、ユーザーの問いかけに対して反応が何もないため、アカウントをブロックされたり友だち登録を解除されたりしてしまう可能性があります。

ユーザーが求める情報を知りたいタイミングで届けられるように、様々なシーンを想定して応答メッセージを複数設定しておきましょう。

ステップ5 : アカウントの公開

設定が正しく動いていることを確認したら、アカウントを公開します。無料プランの場合、アカウントは友だち追加のQRコードやURLからしか登録できないので注意が必要です。

検索結果以外の効果を狙う場合、発行したアカウントの友だち追加のQRコードやURLをホームページに貼るなど導線づくりが必要です。

LINE公式アカウントの作り方解説まとめ

LINE公式アカウントを作る際は利用するプランを目的を明確にした上で、決定して運用を始めてみましょう。

費用なしでの活用も可能で、開設する際も時間と準備をほとんど要しないため、手軽に始められるサービスとしておすすめです。

カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。