catch-img

SNSで販促するメリットは?5大SNSの特徴や効果的な3つの手法

SNSは幅広い世代に利用されており、今や日常生活に欠かせない存在にまで普及しました。近年は、多くの企業がSNSを販促活動の場として活用しています。

しかしSNSマーケティングの担当者の中には、「とりあえず更新している」「無料だからなんとなくやっている」という人も少なくないでしょう。あるいは、難しくて上手く活用できていないというケースもあります。

当記事では、SNSで販促するメリットや効果的な施策について紹介します。またSNSの販促で欠かせない知識として、5大SNSの特徴やユーザー層も解説しますので、ぜひ参考にしてください。


下記の資料では、SNS販促で必須となるSNSの活用術を紹介しています。

  • Twitter/Instagram/TikTok/LINEなどの様々なSNSの強みや特徴
  • 各SNSの利用層の詳細
  • 各SNSに最適なキャンペーン施策の詳細 など

もし、「自社の施策はどのSNSで行うべき?」「どんな施策をすればいいか分からない」とお悩みの方は、ぜひご参考ください。 

目次[非表示]

  1. 1.SNSで販促活動を行う5つのメリット
    1. 1.1.1. 集客・販売チャネルを拡大できる
    2. 1.2.2. ファンを獲得できる
    3. 1.3.3. ターゲティングしやすい
    4. 1.4.4. ユーザーの意見を調査しやすい
    5. 1.5.5. 広告費を削減できる
  2. 2.5大SNSの特徴やターゲット層
    1. 2.1.LINE
    2. 2.2.Twitter
    3. 2.3.Instagram
    4. 2.4.Facebook
    5. 2.5.TIkTok
  3. 3.SNS販促で効果的な施策3つ
    1. 3.1.UGCを創出・活用する
    2. 3.2.インフルエンサーを起用する
    3. 3.3.SNSキャンペーンを実施する
  4. 4.まとめ

SNSで販促活動を行う5つのメリット

SNSで販促活動をすると以下のようなメリットがあります。

  • 認知度向上につながる
  • ファンを獲得できる
  • ターゲティングしやすい
  • ユーザーの意見を調査しやすい
  • 集客・販売チャネルを拡大できる

ここではそれぞれのメリットについて解説します。

1. 集客・販売チャネルを拡大できる

SNSで販促活動をすることで、集客や販売チャネルが拡大できます。SNSを使わずにホームページのみ運営している場合、検索で辿りついたユーザーにしか閲覧してもらえません。

しかしSNSを活用することで、自社ブランドを認知していない層に対して情報発信できるため、商品やサービスの認知度向上につながります。

SNSは、「検索」という能動的なアクションを取らなくても、拡散機能やアルゴリズムによって多くのユーザーにリーチできる可能性があるのです。

2. ファンを獲得できる

SNSを活用することで、ファンの獲得につながる点もメリットです。

継続的に質の高いコンテンツを投稿して、ユーザーとのコミュニケーションを深めることで、アカウントの長期的なフォロワー(ファン)を獲得できます。

また長期的に接点を持つことで、ブランドの想起性向上につながることも大きな魅力です。

3. ターゲティングしやすい

販促を行うには、「どんな年代・属性の人に向けて施策を講じるのか」を設定した上で、マーケティング施策を検討する必要があります。

SNSによっては、ユーザーの性別・年代・居住地に合わせた広告発信を行うことができるため、ターゲティングしやすい点がメリットです。

また、自社のターゲットが興味関心を持ちやすい情報発信をすることで、購買意欲の高いユーザーを効率的に集客することができます。

4. ユーザーの意見を調査しやすい

SNSは、アンケート機能やリプライ、ハッシュタグの機能を使うことで、企業とユーザーがコミュニケーションを取ることができます。

どんな商品やサービスを求めているかヒアリングしたり、アンケート調査したりすることで、ユーザーの声を直接聞くことが可能です。

そうすることで、商品開発やサービスの品質向上、今後のマーケティング施策に活かせるでしょう。

5. 広告費を削減できる

SNSで販促を行うことで、広告にかかる費用を大幅に削減できます。

CMや街頭広告は大きな宣伝効果が見込まれるものの、多額の費用が発生します。一方SNSの販促では、基本的には費用がかからない点がメリットです。

ユーザー自ら情報を拡散してもらったり、安価で広告を回したりすることで、低コストで効率のよい販促を行えるでしょう。


5大SNSの特徴やターゲット層

SNSで販促を行うには、自社のターゲットに適切なSNSを選定する必要があります。販促を行う前に各SNSの特徴や強み、ユーザー層についてしっかり理解することが重要です。

ここでは、各SNSの特徴やユーザー層を解説します。

LINE

LINEは、主にコミュニケーションツールとして利用されているSNSです。ユーザー数は国内でも圧倒的に多く、あらゆる年齢層が利用しています。

またLINE広告では、詳細なターゲティング設定が行えるので、より精度の高いターゲット設定が行えます。

5大SNSの中で唯一の「クロードツール」であり、1対1で双方向のコミュニケーションを取ることで、ユーザーを囲い込みやすく、ファン化させやすい点が特徴です。

クーポン配信やポイントカード機能、キャンペーン告知などの機能も備わっているので、より広告や販促に適したSNSと言えるでしょう。


Twitter

Twitterは140文字以内のテキストを中心とした文章を投稿できるSNSです。20~30代の若年層を中心に、国内に約4,500万人のユーザーを持っています。

Twitterは「即時性」と「拡散性」が高く、リアルタイムの情報発信や情報を拡散したいときに有効です。たとえば、新商品やイベントの告知、臨時休業や開店時間の変更のお知らせなどのシーンで活用しやすいでしょう。

気に入った投稿を拡散するリツイート機能によって、自分のフォロワー外にもリーチできる可能性があり、最近では多くの企業が「リツイートキャンペーン」を実施しています。

またトレンド情報の発信や収集にも強く、リアルタイムで注目されている話題を収集したり、トレンドに合わせた情報を発信したりと、さまざまな方法で活用できるでしょう。

Instagram

Instagramは、画像や動画の投稿をメインとするSNSです。視覚的なアプローチがしやすい点が特徴で、10〜20代の若年層を中心に男女問わず人気があります。

世界観の訴求やブランディングなどに長けており、いわゆる「インスタ映え」と言われるハイセンスな投稿が人気です。とくに、アパレルやコスメ、インテリア、飲食などの業界と相性が良いと言えるでしょう。

またInstagramには拡散機能はないものの、ハッシュタグを使って写真や動画を検索できます。

Instagram上で大きな影響力を持つインフルエンサーを起用した「インフルエンサーマーケティング」も効果的なマーケティング手法のひとつです。

Facebook

Facebookは、世界最多のユーザー数を誇るSNSです。年齢層は30〜50代と高めで、日本国内のFacebookユーザー数は減少傾向にあります。

しかし世界的に見ると最もメジャーなSNSとなっているので、海外進出やインバウンドマーケティングを検討している場合は活用しやすいでしょう。

また5大SNSの中で唯一「実名登録制」となっており、投稿の信頼度が高いことが特徴です。オフラインの人間関係に近い人間関係を構築しやすい点も魅力です。

定期的な公式情報の発信や、イベントの開催告知、参加者募集などがFacebook上で完結できるので、企業にとっては広報のような役割を担っています。

TIkTok

TikTokは、ショートムービーを投稿・視聴できる動画SNSです。特に若い世代を中心に人気が高く、現在では30〜40代のユーザーも急増しています。

アプリ内で動画の撮影・編集を簡単に行えるため、誰でも簡単に高品質な動画を投稿できることが特徴。トレンドの音楽やエフェクトなどを使い、ユーザーが楽しめる工夫がしやすいことも魅力的です。

また通常の広告はもちろん、ユーザー参加型の広告「ハッシュタグチャレンジ」を配信でき、多くのUGCを創出できるというメリットがあります。


なお、以下の資料では、日本国内で利用されているSNSの利用状況と具体的な活用シーンを効果別に解説しています。

「自社のサービスはどのSNSが合うの?」「今から参入すべきSNSは?」とお悩みの方は是非ご参考ください。

SNS販促で効果的な施策3つ

SNSの販促にはさまざまな手法があり、以下の3つは特に人気の高い施策です。

  • UGCを創出・活用する
  • インフルエンサーを起用する
  • SNSキャンペーンを実施する

ここからは、それぞれの施策について解説します。

UGCを創出・活用する

UGCとは、ユーザー自らが作り出したコンテンツのことです。たとえば、TwitterやInstagramに投稿された商品の写真や動画、口コミなどが該当します。

企業が宣伝するよりも、より消費者目線で投稿されるUGCは、他のユーザーの共感を生みやすいことが特徴です。情報の信頼度が高まることで、UGCを通して購買意欲を高められるメリットがあるのです。

UGCを創出するには、ハッシュタグキャンペーンを実施したり、フォロワーとのコミュニケーションを取ったりと、さまざまな手法があります。

なおUGCマーケティングについて詳しく知りたい方は「UGCマーケティングの活用事例3選|メリットとポイントについても紹介」をご覧ください。

インフルエンサーを起用する

SNS上で影響力の高いインフルエンサーを起用して、商品やサービスを宣伝してもらう「インフルエンサーマーケティング」も効果的です。

影響力の高い人物に宣伝してもらうことで、自社のターゲットとは異なる層にアプローチできる点が大きなみりょくです。また、自社が想定していなかったターゲット層にリーチできる可能性もあります。

普段から自社の商品やサービスを愛用してくれている人物を起用することで、ブランドへの親近感が高まり、より信頼度の高い情報発信が行えるでしょう。

SNSキャンペーンを実施する

SNS上でプレゼントキャンペーンを実施するのも効果的な施策のひとつです。短期間で成果を得やすく、近年数多くの企業が取り入れています。

SNSキャンペーンを実施することで、商品やサービスの認知度向上、フォロワーの増加が期待でき、間接的な売上アップにもつながります。

キャンペーンを開催して、ユーザーにメリットやインセンティブを提示することで、より多くのファンを獲得することができるでしょう。

関連記事:「Twitterでバズった面白いキャンペーンの成功事例6選!共通点とは?

まとめ

SNSで上手に販促活動をすることで、フォロワーの増加・自社サービスの認知拡大・売上アップなどにつながります。SNSを上手く活用するには、各SNSの特徴を押さえることが重要です。

SNSマーケティングにはさまざまな手法があるので、自社にとって最適なプラットフォームを見極め、最適な施策を実施しましょう。

以下の資料では、Twitter上でキャンペーン施策を行う際の設計手順・注意事項を中心に、キャンペーンから自社サービスへの遷移率を高める方法を解説。 SNS運用担当者様や広告代理店様は、ぜひ資料をご参考ください。


カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。