catch-img

Twitterのアルゴリズムを攻略するには?運用担当者必見のコツや施策

Twitterを運用するにあたって、「ツイートしているが反応が少ない」「フォロワーが全く伸びない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

Twitterはアルゴリズムによって、優先的に表示されるツイートやアカウントが異なります。そのため、アルゴリズムを攻略することでツイートへのインプレッションが増え、フォロワーの増加が期待できるでしょう。

当記事では、Twitterのアルゴリズムに基づいた運用のコツや、具体的な施策について解説します。Twitterを運用している方や企業の担当者は、ぜひ参考にしてください。


以下の資料では、Twitterの企業アカウントで企業担当者の方が知っておくべきポイントを解説しています。

  •  興味を持ってもらえるプロフィールを作りたい
  • 投稿が見てほしいターゲット層に届かない
  • 企業公式アカウントの運用における始め方と注意点が分からない

上記でお悩みの方は是非ご参考ください。

目次[非表示]

  1. 1.Twitterにおけるアルゴリズムとは
    1. 1.1.Twitterのアルゴリズムが存在する理由
    2. 1.2.Twitterのアルゴリズムを攻略するメリット
  2. 2.Twitterのアルゴリズムにかかわる表示設定
  3. 3.Twitterのアルゴリズムに基づいた運用のコツ
    1. 3.1.ログイン時間を増やして毎日ツイートする
    2. 3.2.Twitterの利用頻度を増やす
    3. 3.3.フォロワーとコミュニケーションを取る
    4. 3.4.コンテンツの質を高める
    5. 3.5.外部リンクを貼らない
    6. 3.6.プロフィールを充実させる
  4. 4.Twitterのアルゴリズムで評価される具体的な3つの施策
    1. 4.1.2. リツイートキャンペーンを実施する
    2. 4.2.3. Twitterアナリティクスで分析する
    3. 4.3.3. Twitter広告を出稿する
  5. 5.Twitterのアルゴリズムに沿って運用しよう

Twitterにおけるアルゴリズムとは

Twitterのタイムラインには、関係性が深いユーザーや、普段からよく交流している人の投稿が優先的に表示されるようになっています。

このように、一人ひとりに合わせてツイートをタイムラインに表示させる仕組みが「アルゴリズム」です。

アルゴリズムを理解して運用することで、多くのユーザーに対して自分の投稿を表示させられるので、効率的にフォロワーを増やしたり集客したりすることができます。

Twitterのアルゴリズムが存在する理由

なぜTwitterのアルゴリズムが存在するかというと、Twitter社が収益を確保したいためです。Twitterは基本的に無料で利用できるので、収入源が必要となります。

Twitterの主な収入源の1つに「広告収入」があり、広告を表示することで広告主から収入を得ます。そのためには、より多くのユーザーにより長くTwitterに滞在してもらう必要があるのです。

ユーザーのTwitterの利用率・滞在率向上を図るために、アルゴリズムが存在します。アルゴリズムを理解して上手に運用するには、Twitterにとって良いユーザーであり、質の高いツイートを流すことが重要です。

Twitterのアルゴリズムを攻略するメリット

Twitterはアルゴリズムによって、フォロワーやフォロワー以外に自分の投稿が届きます。

そのため、理解せずにただ運用を行ってしまうと、ツイートしてもインプレッション数が増えない、全然フォロワーが増えない、といった事態になりかねません。

アルゴリズムに基づいた運用でエンゲージメントを高めることで、ツイートが表示される範囲が広がり、インプレッションやフォロワーが増えることがメリットです。

  Twitterの企業アカウント成功事例3選|人気アカウントの共通点と運用のコツを徹底解説 Twitterを使用したマーケティングや集客が一般化した現在では、多くの企業が自社のアカウントを運用しています。 しかし、数ある企業アカウントの中で認知度の向上や売り上げ増加などに繋げられる効果的な運用を行うのは容易ではありません。 効果的な運用を目指していても、成果が感じられない方も多いのではないでしょうか。 本記事では、実際にTwitterをどのように活用すべきなのかを理解するために、Twitterの企業アカウントの成功事例を踏まえて、人気アカウントの共通点や運用のコツを解説します。 OWNLY


Twitterのアルゴリズムにかかわる表示設定

Twitterのアルゴリズムにかかわる重要な「表示設定」について把握しておきましょう。

タイムラインの表示方法には2つの設定方法があります。

  • 最新ツイート表示…最新のツイートが表示される
  • ホーム表示…おすすめのツイートが表示される

Twiterの初期設定では「ホーム表示」が設定されており、ユーザーの半数以上がホーム表示設定で利用しています。つまり、Twitterのアルゴリズムがおすすめした投稿がそれだけのユーザーに表示されるということです。

おすすめ表示について、Twitter社は下記のように明記しています。(一部抜粋)

「これまでのツイートやフォローのほか、普段閲覧または反応しているアカウントやツイートといったTwitter上のアクティビティに基づくおすすめをします。」

引用:Twitterに表示されるおすすめアカウントについて

つまり、普段からアクション(いいね・リツイート・リプライ)しているユーザーを優先して表示させるということです。

Twitterを運用する場合は、タイムラインを「最新ツイート表示」に切り替えましょう。フォロワーの投稿に対する反応速度を上げることで、アルゴリズムで評価されやすくなります。

Twitterのアルゴリズムに基づいた運用のコツ


Twitterを運用する場合は、以下の基礎的なポイントを押さえましょう。

  • ログイン時間を増やして毎日ツイートする
  • Twitterの利用頻度を増やす
  • フォロワーとコミュニケーションを取る
  • コンテンツの質を高める
  • 外部リンクを貼らない
  • プロフィールを充実させる

それぞれ順に解説します。

ログイン時間を増やして毎日ツイートする

Twitterで毎日ツイートしたり、Twitterそのものの「ログイン時間」を増やすことで、アカウントの評価は高まります。

Twitterにとっては、1日の平均利用時間が5分のアカウントと、1時間のアカウントとでは、後者の方が利益をもたらすと考えられているためです。

まずはTwitterへのログイン時間を増やして、毎日ツイートすることでアルゴリズムに評価されるアカウントを目指しましょう。

Twitterの利用頻度を増やす

Twitterのアルゴリズム評価にかかわる要素として、機能の利用頻度があります。

多くの機能や新しい機能を積極的に利用してくれるユーザーであれば、Twitterにおすすめされやすくなるでしょう。

たとえば、「Twitter Space」など新機能の利用頻度の高さもアルゴリズムで優遇されるポイントです。

フォロワーとコミュニケーションを取る

Twitter運用において、コミュニケーションも重要なポイントです。いいね・リツイート・リプライ・DMなどのアクションを取り、ユーザーと積極的にコミュニケーションを取りましょう。

とくにリプライが増えることで自然とTwitterへの滞在時間は増えるので、積極的にタイムラインに表示されるようになります。

また、タグやメンションを積極的に利用するのもおすすめです。メンション先のブランドや個人がリツイートしてくれたり、ユーザーがハッシュタグを使用してくれたりと、エンゲージメントが生まれやすくなります。

  Twitterの企業アカウント成功事例3選|人気アカウントの共通点と運用のコツを徹底解説 Twitterを使用したマーケティングや集客が一般化した現在では、多くの企業が自社のアカウントを運用しています。 しかし、数ある企業アカウントの中で認知度の向上や売り上げ増加などに繋げられる効果的な運用を行うのは容易ではありません。 効果的な運用を目指していても、成果が感じられない方も多いのではないでしょうか。 本記事では、実際にTwitterをどのように活用すべきなのかを理解するために、Twitterの企業アカウントの成功事例を踏まえて、人気アカウントの共通点や運用のコツを解説します。 OWNLY


コンテンツの質を高める

コンテンツの質を高めることで、より多くのユーザーから反応されやすくなります。ツイートの質を向上させるには、以下のポイントを意識しましょう。

  • トレンドに沿った投稿をする
  • 文字以外のコンテンツを活用する
  • 140字程度の長文でツイートする

Twitterは「トレンド性」が高く、リアルタイムな内容や今話題になっていることを知れるSNSです。積極的にトレンドを取り入れて投稿するといいでしょう。

またTwitterのアルゴリズムでは、140文字をフル活用したツイートが好まれます。さらに、画像や動画を掲載することで、視覚的な訴求が可能です。

文字よりもインプレッションが伸びやすく、アルゴリズムにおいても評価されやすくなると言われています。

外部リンクを貼らない

Twitterでは、外部リンクを貼った投稿は好まれず、通常のツイートに比べてインプレッションが下がる傾向にあります。

外部リンクとは、ブログやYouTube、LINE、ホームページなどTwitter以外のURLを貼ったツイートのことです。

外部リンクを貼ること自体は悪いことではありませんが、自社商品やサービスを紹介したいがあまり、外部リンクだらけのツイートにならないよう注意しましょう。

Twitterに画像や動画などのコンテンツを載せる場合、直接投稿するのがおすすめです。

プロフィールを充実させる

ユーザーがアカウントをフォローする際に目に入るのがプロフィールです。ツイート内容だけでなく、プロフィールを見てフォローするか否かを決めることも多いでしょう。

プロフィールを見てから「自分にとって興味関心がある内容か」を判断するのはおおよそ6秒と言われています。その短い時間でユーザーに「フォローしたい」と思ってもらえるようなプロフィール作りが必要です。

アカウントをフォローすることで、どのような情報が得られるのかを明記することをおすすめします。また企業や店舗アカウントの場合は、自社のホームページや営業時間などの情報を必ず記載しましょう。

Twitterのアルゴリズムで評価される具体的な3つの施策

ユーザーからの反応を増やし、アルゴリズムで評価されやすくするためには、以下の施策がおすすめです。

  1. リツイートキャンペーンを実施する
  2. Twitterアナリティクスで分析する
  3. Twitter広告を出稿する

ここでは、それぞれの施策について紹介します。

2. リツイートキャンペーンを実施する

Twitterのタイムラインには、フォロワーのツイート(リツイート含む)が表示されます。そのため、リツイートしてもらうことによって、自分のフォロワー以外のユーザーにも情報を届けられるのです。

そして、リツイートを上手く活用するには「リツイートキャンペーン」を実施するのがおすすめです。リツイートキャンペーンは、投稿のリーチが増えるだけでなく、フォロワーの増加や売上アップにもつながります。

関連記事:「リツイートキャンペーンのやり方・手順|成功事例4選や失敗しないポイント

3. Twitterアナリティクスで分析する

Twitterアナリティクスとは、無料で利用できる分析ツールです。公式から提供されているデータなので、Twitterアカウントから簡単に確認することができます。

過去28日間のデータからさまざまなエンゲージメントを分析でき、データをエクスポートすることも可能です。

ベストな投稿の時間帯を把握したり、エンゲージメントにつながる投稿を知ったりする場合に最適なので、Twitterを運用する方は必ず利用しましょう。

関連記事:「Twitterアナリティクスの見方・使い方とは?分析方法5選と運用のコツを徹底解説

3. Twitter広告を出稿する

Twitterでは広告を出稿することができます。

年代・性別・居住地などの細かな設定をして配信できるので、精度の高いターゲティング広告を出せることも大きな特徴です。

低コストで広告を出稿できるので、まずはお試しで広告を出すのもおすすめです。

Twitterのアルゴリズムに沿って運用しよう

Twitter運用を成功させるには、アルゴリズムを理解して攻略することが重要です。

運用担当者の方は、自社アカウントをTwitterアナリティクスで分析しつつ、アルゴリズムに評価されるアカウントを目指して運用しましょう。

またTwitterのアルゴリズムや運用方法でお悩みの方は、無料でご覧いただける下記の資料をぜひご参考ください。


カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。