catch-img

Twitterの企業アカウント成功事例3選|人気アカウントの共通点と運用のコツを徹底解説

 Twitterを使用したマーケティングや集客が一般化した現在では、多くの企業が自社のアカウントを運用しています。

しかし、数ある企業アカウントの中で認知度の向上や売り上げ増加などに繋げられる効果的な運用を行うのは容易ではありません。

効果的な運用を目指していても、成果が感じられない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、実際にTwitterをどのように活用すべきなのかを理解するために、Twitterの企業アカウントの成功事例を踏まえて、人気アカウントの共通点や運用のコツを解説します。

Twitterで企業アカウントを運用するメリットとは?

様々な企業がTwitterアカウントを活用した集客やマーケティングを行っていますが、なぜ多くのSNSが存在する中Twitterを選ぶのでしょうか。

以下では、Twitterで企業アカウントを運用するメリットを3つに絞ってご紹介します。

メリット1.認知度の拡大

Twitterは国内ユーザー数4500万人(2019年時点)を誇る巨大プラットフォームで、幅広い世代に利用されています。

様々な世代の多くのユーザーが利用しているTwitterでは、テレビCMや他メディアでリーチできない層の認知が取れます。

フォロワー以外のユーザーへの情報発信を可能にしているため、認知度の拡大がしやすく集客効果も期待できます。

【参考:Twitterアカウントからのツイート

メリット2.拡散力の高さ

Twitterには、自身の情報発信をフォロワー以外にも広めることができるリツイート機能が備わっているため、SNSの中でも拡散力に優れている媒体です。

また、企業のアカウントで商品を紹介する内容のツイートを見たフォロワーが、自身の感想コメントと共にリツイートできる引用リツイート機能もあります。

このような機能は、企業アカウントのフォロワー以外のユーザーのタイムラインに表示されるため、情報が拡散されやすいです。

メリット3.リアルな意見や要望を知れる

Twitterは様々な情報が瞬時に広がるため、ユーザーのタイムライン上で手軽かつリアルな情報を得ることができます。

自社アカウントの投稿に対するリプライやコメントでも意見や要望が知れるため、フォロワーのニーズを把握しやすくなります。

リアルな意見や要望を取り入れた投稿を行うことで、ユーザーの目が止まりやすい情報を発信できます。

Twitterの企業アカウント運用を成功させる方法3選

Twitterを使ったマーケティングや集客に成功している企業アカウントは、以下の方法を取り運用を成功させているケースが多いです。

Twitter運用の成果が感じられない方は、自社アカウントに足りない部分がないか参考にしてみましょう。

共通点1.積極的なキャンペーンの実施

Twitterでは、フォロワー参加型の企画や抽選キャンペーンなどが日々行われています。

例えば、認知拡大のためにフォローを参加条件にしたプレゼント企画や、商品やサービスの売上向上のためのTwitter限定クーポン配布など目的に応じたキャンペーンがあります。

自社アカウントで訴求目的に沿ったキャンペーンを積極的に行うことで、Twitterの拡散力の高さを活かし、Twitter運用での大きな効果が期待できます。

共通点2.インフルエンサーにを依頼する

インフルエンサーを起用し、自社の商品やサービスをPRしてもらうことで効率的に多くのユーザーに情報を届けられます。

インフルエンサーには数万から百万人以上のフォロワーがいるため、自社のアカウントではアプローチしにくいフォロワー層にもリーチできるのがメリットです。

インフルエンサーを自社アカウントのPRに起用する場合はインフルエンサーに報酬を支払う必要があるため、費用対効果を検討しながら依頼しましょう。

共通点3.Twitter広告の実施

Twitterでは通常のツイートが表示されるタイムラインや検索結果などに広告の出稿が可能です。

Twitter広告は他のツイートや検索結果と同様の画面に表示されるため、強制的な広告の表示にはなりません。

SNSの広告は広告感が強すぎるとユーザーが飛ばしてしまう可能性が高くなるので、広告感を抑えられるTwitter広告はユーザーに不信感を与えにくい点がメリットです。

Twitter広告は以下の5種類があります。

  1. プロモアカウント:ツイートにフォローボタンがあり、フォロワーを獲得するための広告
  2. プロモツイート:通常のツイートと同じようにRT・いいね・リプライができる広告
  3. プロモトレンド:検索ページのおすすめやトレンドタブ・ユーザーのタイムラインなどに1日だけ表示できる広告
  4. ファーストビュー:ユーザーが1日に初めてTwitterにアクセスした時にタイムラインで最初の広告枠に表示できる動画広告
  5. プロモトレンドスポットライト:検索ページの最上部に動画・GIF・静止画クリエイティブなどを表示できる広告

以下の資料では、Twitterの企業アカウントで企業担当者の方が知っておくべきポイントを解説しています。

企業公式アカウントの運用における始め方と注意点から、Twitterの運用効果の具体的な測定方法を解説しています。

  • 興味を持ってもらえるプロフィールを作りたい
  • 投稿が見てほしいターゲット層に届かない
  • 企業公式アカウントの運用における始め方と注意点が分からない

上記でお悩みの方は是非ご参考ください。

Twitterの企業アカウント成功事例3選

Twitterを活用した企業アカウントからの情報発信は、フォロワーとのコミュニケーションを図れる貴重なツールの一つと言えます。

企業アカウントの運用に対して不明点がある場合は、他社アカウントの成功事例を参考にしましょう。

成功事例を理解することで、自社アカウントの改善点を見つけて集客やマーケティングに効果的な運用が期待できます。

以下では企業アカウントの成功事例を3つご紹介します。

成功事例1.株式会社石井マーク【BtoB】

株式会社石井マークは、標識・銘板制作の会社であることを活かしたツイートが魅力で、2022年8月末現在で4.2万人のフォロワーを獲得しています。

日常に潜む事故のリスクを見やすいイラストや図解で表し、防災や防犯意識を高めるツイートを多く発信しています。

防災や防犯という真面目なテーマの中で、ポップなイラストに少し楽しめる一言を添えるなど、気軽に閲覧できて分かりやすい内容です。

【参考:株式会社石井マークのTwitterアカウント

成功事例2.森田アルミ工業株式会社【BtoB】

森田アルミ工業株式会社はBtoB企業でありながら、2022年8月末現在で2.3万人ものフォロワーを獲得しています。

森田アルミ工業株式会社のアカウントの特徴は、人気テレビドラマのオフィスセットに登場した自社製品を絵文字を使ってカジュアルに紹介したり、新年の挨拶を社長作のイラストを添えてアップするなどの一般消費者に向けた楽しい投稿を意識している部分です。

専門用語を使ったり、硬いイメージを出さずに絵文字やイラストや写真と合わせて消費者に身近に感じられる投稿が特徴です。

【参考:森田アルミ工業株式会社のTwitterアカウント

成功事例3.株式会社マイナビ【BtoC】

株式会社マイナビが運営しているマイナビ転職のTwitterアカウントは、2022年8月時点で2.5万フォロワーを獲得しています。

マイナビ転職のTwitterアカウントでは、転職についての細かい豆知識や全国各地の合同説明会の情報などを頻繁に発信して注目を集めました。

その結果「マイナビ転職アプリ」のダウンロード数を4000%にした実績があり、転職の潜在ユーザー層に興味や関心がありそうなキーワードでアプローチを行っています。

【参考:株式会社マイナビのTwitterアカウント

以下の資料では、Twitter上でキャンペーン施策を行う際に押さえておきたいポイントを事例を確認できます。

今後Twitterにおけるフォロー&リツイートキャンペーンをご検討中の方は是非ご確認ください。

中小企業がTwitter運用で成功するためのコツ3選

中小企業がTwitter運用で成功するためにはいくつかの要点を押さえて、効率的な運用を目指しましょう。

以下では、Twitter運用で成功するためのコツを3つご紹介します。

コツ1.アプローチするターゲットを絞る

自社アカウントでアプローチするターゲットを絞ることで、効果的なサービスやフォロワーのニーズに合った商品の開発の可能性が広がります。

Twitterの利用者は若い世代だけでなく、30〜40代以上のユーザーも多くいるため、BtoC向けの商品はもちろんBtoB向けの商品・サービスの訴求も可能です。

【参考:総務省 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

コツ2.ツイートの分析をする

アカウント運用を成功させるためには、定期的に発信したツイートの分析を行いましょう。ツイート分析を行う時は、誰でも無料で使えるTwitterアナリティクスが便利です。

ツイートに対するコメントや反応のエンゲージメントを把握し、ニーズのある内容の傾向を理解しましょう。

しかし、Twitterアナリティクスのみを参考に具体的な施策を練ることは難しいです。

Twitterアカウントの運用で成功するためには、Twitter分析ツールを使用して、エンゲージメント率やフォロワー数などの数値を適切に分析しましょう。分析結果から具体的な改善策を見つけて実施することが重要です。

コツ3.炎上を回避する対策を行う

Twitterでは良い情報がバズりやすい反面、ネガティブな情報が爆発的に拡散する炎上も起きやすい特徴があります。

炎上はニュースでも取り上げられ、会社としての信用を失うことにつながる重要な事態であるため避ける必要があります。

SNSを利用する相手は人間であるため、ネガティブな情報発信は控えて人を傷つけるような内容を避けた投稿を心がけましょう。

そして、ツイートを投稿する前に社内でしっかりと確認し炎上を妨いでいきましょう。

Twitterの企業アカウント成功事例まとめ

Twitterの企業アカウントを運用する際は、事前の対策やアカウントの改善を定期的に行いましょう。

また、Twitter運用の目的に応じたターゲット選定や、ツイートの分析を行うことで明確な実施内容が分かり効率的なアカウント運用が可能になります。

拡散力が強いTwitterならではの炎上のしやすさには注意が必要ですが、うまく活用すればTwitterからのECサイト到達率や売上の向上が期待できます。

運用成功のコツと成功事例を参考に自社アカウントの運用を効率良く行いましょう。

カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング