Twitter診断キャンペーンとは?メリットや成功事例、実施の流れまで徹底解説

Twitter診断キャンペーンとは?メリットや成功事例、実施の流れまで徹底解説

Twitterで診断コンテンツを見かけて、参加してみたいと思った経験がある方は多いのではないでしょうか。

診断キャンペーンは、Twitter上で話題化しやすいマーケティング手法のひとつで、コンテンツを通じて商品・サービスを効果的に訴求することができます

この記事では、Twitter診断キャンペーンのメリットやデメリット、実施する流れ、企業による面白い診断コンテンツの成功事例を紹介します。

OWNLY_SNSキャンペーン診断

Twitter診断キャンペーンとは?

Twitterの診断キャンペーンとは、SNSや特設サイト上で実施する診断コンテンツ形式のキャンペーンのことです。

診断キャンペーンは、大きく分けて2種類があります。

Twitter bot型

診断キャンペーン

TwitterのDMを通じて、botによる自動返信で診断コンテンツを提供する方法

特設ページ型

診断キャンペーン

特設ページにSNSアカウントでログインして、診断コンテンツを体験する方法

診断コンテンツを通じて商品やサービスを訴求したり、診断結果がシェアされたりすることで、サービスの認知拡大やブランディングを図れます

Twitter診断キャンペーンのメリット

Twitterの診断キャンペーンを実施するメリットは下記の通りです。

  • 診断結果のシェアによる話題化を狙える
  • 商品やブランドの理解を深められる
  • ユーザーの傾向を把握できる

ここでは、それぞれのメリットについて解説します。

診断結果のシェアによる話題化を狙える

Twitter診断コンテンツは、診断結果のシェアを応募条件とする場合が多いです。また、シェアを条件としていなくても、面白い診断結果が出たら、ユーザーが自ら結果をシェアしようとするでしょう

通常のキャンペーンに比べて自発的な拡散が期待できるので、これまでキャンペーンに参加しなかったユーザーにも訴求しやすいのが特徴です。

ユーザーによるシェアが広がることで、SNS上での大きな話題化が期待できるでしょう。

商品やブランドの理解を深められる

診断キャンペーンを通じて、商品やブランドへの理解を深められるメリットもあります

たとえば、診断コンテンツを提供しつつ、診断結果の画面でおすすめの商品やブランドを訴求することで、より深く興味を持ってもらえる可能性が高まります。

診断コンテンツでユーザーを楽しませながら、商品を知ってもらえるきっかけとなるでしょう。

ユーザーの傾向を把握できる

診断キャンペーンに参加してくれたユーザーの結果から、ユーザーがどんな行動をするのか、どんなものを求めているかなどの傾向を把握できます

また、今後のマーケティング施策に活かせるユーザーの情報も入手しやすい点がメリットです。

診断をスタートする前に、性別や年代、都道府県など簡単なアンケートエントリーフォームを記載することで、スムーズに情報収集が行えるでしょう。

ただし、入力項目が多すぎるとユーザーが面倒に感じてしまい、途中で離脱されてしまうので注意が必要です。

Twitter診断キャンペーンのデメリット・注意点

Twitter診断キャンペーンはメリットが大きいものの、いくつかデメリットも存在します。キャンペーンを企画する前に、デメリットも把握しておきましょう。

  • フォロワーが少ないと話題になりづらい
  • 費用が高額になるケースがある

それぞれ順に見ていきましょう。

フォロワーが少ないと話題化しづらい

いくら面白い診断コンテンツを制作しても、Twitterのフォロワーが少なければ参加人数が少なくなります。診断結果のシェアも発生しづらいため、話題化が難しいのがデメリットです。

フォロワーが少ないのであれば、まずはアカウントの認知度を高める必要があるでしょう。

ある程度フォロワーが増えたタイミングで、診断コンテンツを活用したSNSキャンペーンを実施するなど、戦略的なキャンペーンを考えるのがおすすめです。

または、フォロー&リツイートを応募条件として、診断コンテンツで当選確率アップのような内容にするのも良いでしょう

費用が高額になるケースがある

診断キャンペーンは、従来のキャンペーンと比べて多くの費用がかかる点がデメリットです。もし診断コンテンツを0から制作会社に依頼すると、数十万〜数百万円ほどの費用がかかることがあります。

なお、SNSキャンペーンツール「OWNLY」であれば、15種類以上のSNSキャンペーンを定額で行えるため、診断コンテンツを制作するために莫大なコストがかかりません。

診断キャンペーンやSNSキャンペーンを検討している方は、ぜひOWNLYまでご相談ください。

SNSマーケティングツールOWNLY

Twitter診断キャンペーンを実施する流れ

Twitterの診断キャンペーンを実施する流れは以下の通りです。

  1. キャンペーンの目的を明確にする
  2. ターゲット・目標を決める
  3. 診断コンテンツを企画する
  4. キャンペーンの実施・効果検証を行う

1. キャンペーンの目的を明確にする

まずは、診断キャンペーンを実施する目的を明確にしましょう。

キャンペーンの目的を「認知拡大」にするのか、「ブランディング」にするのかなどによって、キャンペーンの打ち出し方や戦略が大きく変わってくるためです。

キャンペーンの目的を固めなければ、方向性にブレが生じてしまい、キャンペーンが失敗に終わる可能性があります

2. ターゲット・目標を決める

目的が決まったら、ターゲット層や目標を定めましょう。

どんな層に向けてキャンペーンを実施したいのかを明確にしたうえで、目標にすべき指標(KGI・KPI)の数値を定めます。

  • KGI:プロジェクトなどの長期的な最終目標のこと
  • KPI:プロセスごとの短期的な達成度を測る中間目標のこと

またターゲットを決めるときは、ユーザー像を深掘りした「ペルソナ」を設定しましょう

■関連記事

SNSマーケティングで重要なペルソナ設定とは|具体例や作成のコツを紹介

3. 診断コンテンツを企画する

目的やターゲット、目標が定まったら、診断コンテンツの内容を企画しましょう。

キャンペーン内容で企画すべき内容は、主に以下があります。

  • 診断コンテンツの内容
  • 実施期間
  • 参加条件
  • 抽選方法
  • 景品・クーポンの選定
  • 特設ページの有無 など

診断キャンペーンは、いかにユーザーが参加したくなる魅力的なコンテンツを作成できるかが重要です

またユーザーにメリットを感じさせるために、景品やクーポンを用意します。キャンペーンの企画をしたら、キャンペーンツールの選定も行いましょう。

■関連記事

【2023年最新】SNSキャンペーンツール9選を比較!選び方も解説

診断キャンペーンを実施するなら、SNSキャンペーンツール『OWNLY』がおすすめです。OWNLYが作った診断コンテンツは下記で体験いただけるので、ぜひチェックしてみてください。

OWNLY_SNSキャンペーン診断

4. キャンペーンの実施・効果検証を行う

企画した内容をもとにキャンペーンを実施します。期間中は、こまめにツール等で数値をチェックして、必要に応じて告知回数を増やしたり、ツイート内容の改善を行いましょう

また、期間中は問い合わせ対応が必要になるケースもあります。あらかじめキャンペーン規約を定めたうえで、問い合わせ先を記載しておくと安心です。

キャンペーンが終了したら、あらかじめ定めた指標をもとに効果検証を行いましょう。目標を達成できたか数値を分析することで、今後のマーケティング施策に活用できます。

Twitter診断キャンペーンの成功事例3選

ここからは、Twitter診断キャンペーンの成功事例を紹介します。

1. ミツカン|Suppin診断キャンペーン

ミツカン公式Twitterアカウントでは、全4問の簡単な診断でSuppin(素顔)がわかる『Suppin診断キャンペーン』が実施されました。

公式アカウントをフォローのうえ、診断結果をツイートすると抽選で100名にプレゼントが当たるという内容です。

診断結果に応じて、「そんなあなたには○○がおすすめ」と同社商品が訴求されており、商品の魅力が伝わりやすくなっていることがポイントです

2. チルアウト|寝てない自慢度診断

日本発リラクゼーションドリンク『CHILLOUT(チルアウト)』の公式Twitterアカウントでは、「寝てない自慢度診断」と称したキャンペーンを実施しました。

診断コンテンツを体験してTwitterで結果をシェアすると、抽選で1,000名にチルアウトを最大120本プレゼントするという内容です。

全5問の質問に回答すると「寝てない自慢度」が診断されるという内容で、多くの人々が心当たりのあるテーマで注目を集めています

また、当選者数のうち100名は、診断結果(%)に応じた本数をプレゼントするという面白い企画になっているのも特徴です。

3. マトメージュ|ほんとの私診断

マトメージュ公式Twitterアカウントでは、「ほんとの私診断」と称した診断コンテンツキャンペーンを実施しました。

公式アカウントをフォローのうえ、診断結果をシェアすると100名に「マトメージュ ヘアアレンジセット」が当たるという内容です。

診断コンテンツでは、20個の質問に回答すると「ほんとの私」として自分の性格やポテンシャルが分析された診断結果が表示されます

Twitter診断キャンペーンを実施するならOWNLY

診断キャンペーンは、SNS上での話題化を図りやすいマーケティング手法です。通常のリツイートキャンペーンなどに比べて、商品やサービスへの訴求力が高く、自発的なシェアによる拡散が期待できます

OWNLYでは、診断コンテンツを含む15種類以上のSNSキャンペーンを定額・無制限にご利用いただけます。

TwitterのDMで完結するbot型の診断キャンペーンや、特設サイトで実施する診断コンテンツなど、自社に合ったキャンペーンも実施可能です。

「診断キャンペーン以外にも施策を検討している」「SNS運用に力を入れたい」とお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

TwitterマーケティングツールOWNLY

SNSマーケティングのご相談は以下より日程をご調整ください

Twitterお役立ち資料ダウンロード

Twitterのお役立ち資料がまとめてダウンロードできます。

資料をDLする

お知らせを開く

Twitterお役立ち資料ダウンロード