<img src="//trace.popin.cc/api/bidder/track/pixel/pageview?tn=f9f2b1ef23fe2759c2cad0953029a94b" width="0" height="0" style="display:none">
販促キャンペーンの成功事例4選!メリットや企画を考えるコツも解説

販促キャンペーンの成功事例4選!メリットや企画を考えるコツも解説

販促キャンペーンとは、その名の通り、商品やサービスの販売促進を目的としたキャンペーンのことを指します。

マーケティング担当者の中には、「キャンペーンの成功事例やコツを知りたい」「販促キャンペーンを実施するメリットは?」とお考えの方もいるのではないでしょうか。

本記事では、販促キャンペーンの成功事例や面白い企画・アイディアを考えるコツ、販促キャンペーンに適したツールを紹介します。


どのようなSNSキャンペーンを実施すべきか迷う方は、以下のキャンペーン診断をお試しください。5つの質問に答えるだけで、貴社に適したSNSキャンペーンが分かります。

OWNLY_SNSキャンペーン診断

販促キャンペーンとは?

販促キャンペーンとは、商品の購買意欲や、サービスの利用意欲を向上させて、購入や利用を促し、売上拡大を図るキャンペーン施策のことです。

近年では、店舗やチラシ広告などのオフラインだけでなく、SNSやインターネット上で完結するキャンペーンも増えており、手法が多様化しています。

インターネットやSNSでキャンペーンを行うメリットは、より多くのユーザーに商品やサービスを知ってもらい、販促につなげやすいという点です。

■関連記事

キャンペーン企画のアイデア13選!面白い企画を決めるコツも解説

販促キャンペーンを実施するメリット

販促キャンペーンを実施するメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 商品・サービスの売上アップ
  • 新規顧客の獲得
  • ファン育成・リピーター獲得
  • 商品やブランドの認知拡大
  • トライアル促進

ここでは、それぞれの目的について解説します。

商品・サービスの売上アップ

販促キャンペーンの最終的な目的は、商品・サービスの売上アップです。

ここで紹介する「販促キャンペーンを実施する目的」も、最終的には商品・サービスの売上を増やすことにつながります

たとえば、「○○円以上を購入したレシートを提示するとキャンペーンに参加できる」というレシートキャンペーンを実施したとします。

レシートキャンペーンは、自社店舗の来店促進や、対象商品の販売促進にもつながり、最終的な売上アップにつながるでしょう。

新規顧客の獲得

販促キャンペーンは、新規顧客の開拓につながるというメリットもあります。

新規顧客を増やすためには、より多くの人にブランドを知ってもらったうえで、良い印象を与えたり、メリットを感じてもらうことが重要です。

たとえば、割引セールや無料の試供品・体験版の提供など、消費者にとってお得で魅力的なオファーを提示することで、新規顧客の増加が期待できます

新規顧客の獲得は、既存顧客のリピート化よりもコストがかかるため、魅力に感じてもらうきっかけづくりとしても販促キャンペーンは有効です。

ファン育成・リピーター獲得

販促キャンペーンは、ファン育成リピーター獲得に活かせます。

クーポン配布やポイントアップキャンペーンなどを実施すれば、「また利用してみようかな」と感じてもらえる可能性が高まります。

また、二度目以降の来店・利用がない休眠顧客に対して効果的なアプローチを行えるという点もメリットです。

商品やブランドの認知拡大

販促キャンペーンを実施することで、商品・サービスやブランドの認知拡大につながります。

販促キャンペーンに多くの人が参加したり、情報を拡散したりすることで、ブランドをより多くの人に知ってもらうきっかけとなるでしょう。

たとえば、Twitter上で「フォロー&リポストキャンペーン」や「ハッシュタグキャンペーン」のような参加型のキャンペーンを展開すれば、投稿がSNSで拡散されます。

キャンペーンの当選人数を増やしたり、ユーザーにメリットを提供したりと、参加したいと思ってもらえるような施策を打つのが重要です。

トライアル促進

販促キャンペーンとは、トライアル促進を目的に行われることもあります。

たとえば、「応募すると抽選でトライアルキットが当たる」「もれなくサンプルがもらえる」のようなキャンペーンを実施し、商品を試すきっかけを提供します。

一度商品を試してもらうことでユーザーに魅力を感じてもらえれば、顧客の獲得にもつながるでしょう。また、口コミによる拡散効果も見込めます。

販促キャンペーンの成功事例4選【Twitter】

ここからは、Twitterで実施された販促キャンペーンの成功事例を紹介します。

自社でどのような販促キャンペーンを展開すべきか迷う方は、ぜひ下記の事例を参考にしてください。

Jackery Japan【公式】|その場で当たるインスタントウィンキャンペーン

Jackery Japanの公式Twitterアカウントでは、「#Jackeryブラックフライデー」として、12フォロー&RTで毎日その場で当たるインスタントウィンキャンペーンを実施しました。

同社の新製品を2名、QuoカードPayを計52名にプレゼントするという内容です。

参照:Jackeryブラックフライデー開催記念キャンペーン|OWNLY導入事例

自社商品をプレゼントにすることで、商品やブランドの認知拡大が見込めます。同時に、幅広いターゲット層に喜ばれるギフトカードを景品にすれば、より多くのユーザーからの参加が期待できるという点もメリットです。

■関連記事

インスタントウィンキャンペーン事例11選!Twitter・Instagram・LINE別に紹介

ホテル椿山荘東京|Twitter投票キャンペーン

ホテル椿山荘東京の公式Twitterでは、「記念日を過ごすならあなたはどっち?キャンペーン」と称して、投票キャンペーンを実施しました。

選択肢のうち、投票数が多かった方に投票した人の中から、抽選で5組10名にディナー券をプレゼントするという内容です。

参照:#記念日なんだし椿山荘|OWNLY導入事例

投票キャンペーンを実施することで、ユーザーが2つの選択肢を検討するきっかけとなり、自社ブランドの魅力を伝えられます。

また、自社のハッシュタグを付けてツイートしてもらうことで、認知拡大や話題化につながります。

■関連記事

Twitterの投票キャンペーンとは?成功事例5選やメリット、注意点を解説

銀のさら|LINE公式アカウントの友だち追加キャンペーン

宅配寿司 銀のさら「銀夏祭 公式アプリ限定デリポイントプレゼント」

参照:宅配寿司 銀のさら「銀夏祭 公式アプリ限定デリポイントプレゼント」|OWNLY導入事例

宅配寿司・銀のさらの公式LINEアカウントでは、友だち追加で参加できるインスタントウィンキャンペーンを実施しました。

銀のさら公式アプリをダウンロードの上、銀のさらLINE公式アカウントを友だち追加します。くじを引いて当選したクーポンを利用した後に、次回以降の注文に利用可能なデリポイントが獲得できるというものです。

ハズレなしのお得なクーポンが必ず当たるというメリットを提示することで、アプリや公式LINEへの追加、宅配サービスの利用促進につながっています

ロッテ 雪見だいふく|ユーザー参加型キャンペーン

ロッテ雪見だいふくの公式Twitterアカウントでは、雪見だいふく20個が抽選で100名に当たる「#雪見のばしチャレンジ」を実施しました。

キャンペーン内容は、雪見だいふくをどれだけ伸ばせるかをチャレンジし、SNS(Twitter、Instagram、Tiktok)のいずれかに投稿するというユニークな内容です。

ユーザー参加型のキャンペーンは、ユーザーに「楽しそう」「参加してみたい」と思わせれるのが利点です。

また、キャンペーンの参加時点で購買促進が期待できるうえに、キャンペーン動画の拡散によって販促効果も見込めます

複数のSNSでキャンペーンを展開することで、より多くの人に参加してもらえるという点もメリットです。

販促キャンペーンの企画を考えるコツ

販促キャンペーンの企画を考えるコツは以下の通りです。

  • 限定性をアピールする
  • 応募自体を楽しめる仕掛けを用意する
  • 定期的にキャンペーンを実施する

ここでは、それぞれのコツについて解説します。

限定性をアピールする

販促キャンペーンを行う際は、限定性をアピールすることも大切です。

たとえば、「年に一度」「年末限定セール」「○○日限定」といった期間限定の訴求をすることで、ユーザーの参加を促すことができます。

ユーザーに「今しか参加できない!」と思ってもらえれば、キャンペーンの参加意欲を向上させるきっかけになるでしょう。

応募自体を楽しめる仕掛けを用意する

キャンペーンに参加するだけで、楽しさや満足感を得られるような仕掛けを用意することも効果的です。

SNSに動画を投稿して参加してもらうものや、参加者全員に何らかの特典を提供したりすれば、ユーザーのモチベーションを高めることができます。

たとえば、TikTokで動画投稿すると応募できるタイプや、Instagramでフォトコンテスト形式のキャンペーンを実施したりするのがおすすめです。

定期的にキャンペーンを実施する

キャンペーンを一度だけ開催して終わりでは、ユーザーはフォローを解除し、ユーザー離れにつながってしまいます。そのため、フォロワーの定着を図りたい場合は、単発のキャンペーンはおすすめしません。

定期的にキャンペーンを継続することで、アカウントへの定着率が高まり、自社ブランドへの信頼度や想起性が高まります。


SNSキャンペーンツールの「OWNLY」であれば、15種類以上のSNSキャンペーンを定額かつ回数無制限で利用いただけます

定期的にキャンペーンを実施したいとお考えの方は、回数無制限のOWNLYを利用するとお得です。ご興味のある方は、ぜひ下記の資料を無料でダウンロードしてください。

SNSマーケティングツール「OWNLY」サービス資料

 

販促キャンペーンを実施するなら「OWNLY」

販促キャンペーンには、商品・サービスの売上アップだけでなく、認知拡大や新規顧客・ファン獲得、トライアル促進など、さまざまなメリットがあります。

本記事で紹介した成功事例や企画のコツをもとに、自社に適した販促キャンペーンを企画してみてください。

なお、販促キャンペーンは単発ではなく、継続的なキャンペーンを実施するといいでしょう。


もし販促キャンペーンに活用するツールをお探しなら、15種類のSNSキャンペーンを定額・回数無制限で実施できるキャンペーンツール「OWNLY」がおすすめです。

OWNLYでは、UGCマーケティングやSNS運用代行、Instagramのハッシュタグ最適化、動画制作代行など、さまざまな施策を展開することもできます。

まずは、無料でダウンロードいただける下記の資料からOWNLYについてチェックしてみてください。

SNSマーケティングツール「OWNLY」サービス資料

SNSマーケティングのご相談は以下より日程をご調整ください

3分でわかる! SNSマーケティングツール「OWNLY」

3分で分かる!SNSマーケティングツール「OWNLY」

資料をDLする

お知らせを開く

3分でわかる!SNSマーケティングツールOWNLY_popup