<img src="//trace.popin.cc/api/bidder/track/pixel/pageview?tn=f9f2b1ef23fe2759c2cad0953029a94b" width="0" height="0" style="display:none">
インスタントウィンの仕組みとは?メリット・事例・やり方も解説

インスタントウィンの仕組みとは?メリット・事例・やり方も解説

企業のプロモーションの一貫として、インスタントウィンキャンペーンの実施を検討している方や、インスタントウィンという言葉を耳にして興味を持った方も多いでしょう。

「インスタントウィンの仕組みとは?」「インスタントウィンキャンペーンの事例を詳しく知りたい」とお考えの方もいるのではないでしょうか。

この記事では、インスタントウィンの仕組みやメリット、Twitter・Instagram・LINE別の成功事例、やり方などを詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

OWNLY_SNSキャンペーン診断

インスタントウィンの仕組みとは

インスタントウィンは、SNSマーケティング手法の一つで、応募するとその場ですぐに当選結果がわかるキャンペーンのことです。

即座に当落結果が分かるため、参加者の心理的ハードルが低く、楽しんで参加してもらいやすいため、認知拡大購買促進につながることが特徴です。

TwitterやLINEなどのSNS上で完結するインスタントウィンのほか、Webサイトに遷移して応募するインスタントウィンキャンペーンもあります。

キャンペーン期間中には毎日参加できる形式のものや、複数パターンの当落結果をランダムで返信する形式など、企画性の高いキャンペーンが行えるのが強みです。

■関連記事

Twitterのインスタントウィンとは?メリット・やり方・成功のコツを解説

インスタントウィンのメリット

インスタントウィンを実施するメリットは以下の通りです。

  • 認知拡大につながる
  • 多くのフォロワーを獲得できる
  • 参加を促しやすい
  • 広告費用を抑えられる
  • キャンペーンの手間が省ける

ここでは、それぞれのメリットについて順に解説します。

認知拡大につながる

インスタントウィンは、企業やブランドの認知拡大につながるのがメリットです。

「当選するとすぐにもらえる」というメリットは、ユーザーの興味を引きつけ、キャンペーンに関連するブランドや商品の認知を拡大させる効果があります。

キャンペーンがシェアされたり、ハッシュタグが拡散されることで、より多くのユーザーに情報を届けることが可能です。

多くのフォロワーを獲得できる

インスタントウィンキャンペーンは、参加者にとって参加ハードルが低く、多くのユーザーが参加しやすくなる点もメリットです。

キャンペーンの応募条件のひとつとして、「フォロー」を設定することが多いでしょう。そして、ユーザーはキャンペーンの景品や特典に魅力を感じてアカウントをフォローします。

これによって、多くのフォロワー数の増加が実現し、将来的なコンテンツのリーチや影響力の向上につながるでしょう。

参加を促しやすい

インスタントウィンは参加者にとって参加のハードルが非常に低いため、多くの参加を促せるというメリットもあります。

インスタントウィンの多くは、リツイートやハッシュタグ投稿、リプライなど簡単なアクションが条件となっており、多くのユーザーが手軽に参加できます。

参加者が報酬を得るという即時の利益が、キャンペーンに興味を引き、積極的に参加を促進します。

広告費用を抑えられる

インスタントウィンキャンペーンは、広告費用を抑えつつ効果的なプロモーションが行えるという点も大きなメリットです。

キャンペーンが多くのユーザーに参加されれば、拡散効果を高められるため、ユーザーエンゲージメントを生み出せます。

参加者が特定の条件を満たした際に報酬を受け取ることができるので、長期間の広告配信や多額の費用をかけずに、迅速かつリアルタイムに結果を得られます。

キャンペーンの手間が省ける

通常のキャンペーンは、応募者の集計や抽選、当選連絡、景品送付といった作業が必要となるため、多くの工数やコストがかかります。

一方でインスタントウィンキャンペーンは、他の種類のキャンペーンに比べて運用が比較的シンプルで手軽です。キャンペーンに応募するとその場で結果が出るため、抽選や審査の手間が省かれます。

複雑な条件や要素を加えなくても、即時に報酬や景品を提供できるため、企画から運用までの手間が少なくなります。

インスタントウィンキャンペーンの事例

ここからは、Instagram・Twitter・LINEそれぞれのインスタントウィンキャンペーンの事例を紹介します。

Twitterのインスタントウィンキャンペーン事例

スキマバイトアプリ「タイミー」の公式Twitterアカウントでは、「もっと知ってタイミー」と称して、認知拡大を目的としたキャンペーンを実施しました。

期間中は毎日参加できるインスタントウィン形式となっており、当選者にはAmazonギフト券1万円が当たるというものです。

ツイート内容にはタイミーのダウンロードページに促すURLも記載されており、タイミーアプリのダウンロード促進にもつながっています。

■関連記事
Twitterのリツイートキャンペーン成功事例15選|実施手順や成功させるポイント


以下の資料では、Twitter上でキャンペーン施策を行う際の設計手順・注意事項を中心に、キャンペーンから自社サービスへの遷移率を高める方法を解説しています。

SNS運用担当者様や広告代理店様は、ぜひ資料をご参考ください。

フォロワーの増加だけで終わらないTwitterキャンペーンの設計

Instagramのインスタントウィンキャンペーン事例

浜松市の住宅展示場・浜松西ハウジングセンターでは、リアルイベントのフォトスポットとInstagram投稿を組み合わせたキャンペーンを実施しました。

フォトスポットの前で記念撮影し、指定のハッシュタグを付けて投稿し、スタッフに提示すると抽選会に参加できるというものです。

抽選箱からバルーンを引いて当たりシールが出たら、「マー&ミーリンスインシャンプー」を1,000名にプレゼントするという内容になっています。

フォトスポットで撮影した写真を投稿してもらうことで、イベントの認知拡大集客につながっています。

■関連記事

【2023年最新】Instagramキャンペーン成功事例8選|メリットや注意点も解説

Instagramで話題化しよう! Instagramを活⽤するための抑えるべき9つのポイント

LINEのインスタントウィンキャンペーン事例

スミノフ™ セルツァー発売記念 コンビニ無料引き換え券が当たる!キャンペーン

参照元:スミノフ™ セルツァー発売記念 コンビニ無料引き換え券が当たる!キャンペーン|OWNLY導入事例

プレミアムウォッカブランド「スミノフ」の公式LINEでは、新商品の発売を記念したインスタントウィンキャンペーンを実施しました。

特設ページにアクセスのうえ、LINEアカウントでログインして、動画視聴後アンケートに回答すると、その場で抽選結果が表示されます

外れた場合でも、翌日以降の応募期間内であれば毎日チャレンジできるため、多くの人に参加してもらえます。

■関連記事

【2023年最新】LINEキャンペーンの事例15選|種類や成功のコツも解説

LINEマーケティングが注目される5つの理由とLINE運用ポイント5選

インスタントウィンのやり方

インスタントウィンを実施するときは、以下の手順に沿って進めましょう。

  1. キャンペーンの参加条件を決める
  2. キャンペーンの景品を決める
  3. インスタントウィンツールを選定する
  4. キャンペーンを実施する

ここでは、それぞれのやり方について解説します。

キャンペーンの参加条件を決める

インスタントウィンは、キャンペーンの参加条件が成功に大きな影響をもたらします。

たとえば、以下のような条件が考えられます。

  • 対象ツイートをリツイートする
  • 対象のハッシュタグを使用してツイートする
  • アカウントをフォローする
  • キャンペーン用のリンクをクリックする

キャンペーンの参加条件はシンプルで分かりやすいものにすると、多くのユーザーが気軽に参加しやすくなります。

キャンペーンの景品を決める

景品は参加者のモチベーションを高める重要な要素です。景品の選定はキャンペーンの目的やターゲット層によって異なります

たとえば、以下のような景品が考えられます。

  • 景品やサービスの無料クーポン
  • 特別な割引クーポン
  • 現金やギフトカード
  • オリジナル景品

ターゲットとなる参加者が喜びそうな景品を選ぶことで、より多くのユーザーを集められるでしょう。

インスタントウィンツールを選定する

インスタントウィンキャンペーンを運営するためには、キャンペーン用のツールを利用する必要があります。ツールの選定には以下の点を考慮しましょう。

  • 複数のSNSでキャンペーンを展開できるか
  • キャンペーンの設定や管理がしやすいか
  • 参加者の抽選や即時判定を自動で行えるか
  • リアルタイムで結果を集計できるか

選定したツールがキャンペーンの目的に適しているかどうかを判断し、自社がほしい機能やカスタム性が十分かどうかを確認しましょう。


キャンペーンツールをお探しの方は「OWNLY」を利用するのがおすすめです。

OWNLYでは、インスタントウィンキャンペーンを含めた15種類以上のSNSキャンペーンを定額・無制限で利用可能です。

キャンペーン施策の企画や提案などのサポートも行っているので、SNSキャンペーンを実施したい方は、ぜひお気軽に問い合わせください。

SNSマーケティングツール「OWNLY」サービス資料

キャンペーンを実施する

キャンペーンを実施する前に、事前に広告の設定やツールの動作確認を行います。

キャンペーンの開始日時を設定し、参加者がキャンペーンに参加できるようになったら、実際にツイートやプロモーションを開始します。

キャンペーン期間中は、どのくらいのユーザーが参加しているか、参加者の反応はどうかをモニタリングし、問題が発生した場合は素早く対応しましょう

これらのステップを踏むことで、効果的でスムーズなインスタントウィンキャンペーンを実施することができます。

インスタントウィンにかかる費用相場

インスタントウィンキャンペーンを実施する際にかかる費用相場は、30〜200万円程度です。

実際には、キャンペーンの内容や規模、景品のコスト、ツールの有無、広告費用などさまざまな要素によって異なるため、キャンペーンによって幅があります。

具体的な費用相場については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひご確認ください。

■関連記事

インスタントウィンの費用相場・内訳|おすすめツールや費用を抑えるコツも解説

インスタントウィンツールならOWNLY

インスタントウィンキャンペーンを実施するなら、専用のキャンペーンツールの利用が欠かせません。キャンペーンツールには、SNSに特化したものやインスタントウィンに対応したものなどさまざまです。

SNSやWebサイトでインスタントウィンキャンペーンを実施したい方や、キャンペーンツールをお探しの方は「OWNLY」を利用することをおすすめします。

OWNLYでは、インスタントウィンキャンペーンを含めた15種類以上のSNSキャンペーンを定額・無制限で利用可能です

キャンペーン施策の企画や提案などのサポートも行っているので、SNSキャンペーンを実施したい方は、ぜひお気軽に問い合わせください。

3分でわかる!SNSマーケティングツールOWNLY_popup

SNSマーケティングのご相談は以下より日程をご調整ください

3分でわかる! SNSマーケティングツール「OWNLY」

3分で分かる!SNSマーケティングツール「OWNLY」

資料をDLする

お知らせを開く

3分でわかる!SNSマーケティングツールOWNLY_popup