リツイートキャンペーンとは?キャンペーンのやり方・抽選方法と成功事例

写真:スマートフォンをみる女性

Twitterをマーケティングに活用したいなら、フォロー&リツイートキャンペーンを行うのがおすすめです。リツイートにより応募できるというキャンペーンで、多くのメリットがあります。なぜフォロー&リツイートキャンペーンを行うべきなのか、どんなやり方が効果的なのかを、弊社での成功事例を交えてご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.リツイートキャンペーンとは
    1. 1.1.リツイートキャンペーンの目的​​​​​​​
  2. 2.​​​​​​​フォロー&リツイートキャンペーンのやり方|5つのステップ
    1. 2.1.1リツイートキャンペーンの目的・ターゲットを決める
    2. 2.2.2.キャンペーンの詳細を決める
    3. 2.3.3.キャンペーンの投稿時間を決める
    4. 2.4.4.キャンペーン投稿をする
    5. 2.5.5.投稿後の実績を計測する
  3. 3.フォロー&リツイートキャンペーンのメリット・デメリット
    1. 3.1.①ユーザーが参加しやすい
    2. 3.2.②拡散性が高く認知度を集めやすい
    3. 3.3.③開催しやすい
  4. 4.リツイートキャンペーン実施による成功事例&他社事例
    1. 4.1.小売業A社
    2. 4.2.情報・通信業B社
    3. 4.3.ローソン
    4. 4.4.マクドナルド
    5. 4.5.コカ・コーラ
  5. 5.フォロー&リツイートキャンペーンの企画・運用ポイント
    1. 5.1.リツイートキャンペーンは継続して実施する
    2. 5.2.キャンペーンをより多くの人に知ってもらう
  6. 6.リツイートキャンペーンをする際のよくある質問
    1. 6.1.リツイートキャンペーンの抽選方法は?
    2. 6.2.リツイートキャンペーンと景品表示法の関係性
  7. 7.フォロー&リツイートキャンペーンで、SNSを上手に活用しよう

リツイートキャンペーンとは

フォロー&リツイートキャンペーンの参加イメージ

フォロー&リツイートキャンペーンとは、Twitter上で行われるキャンペーンの一つです。

アカウントのフォロー後、キャンペーン投稿をリツイートしてもらうことでキャンペーンに応募できるというものが一般的です。

抽選結果は後日ダイレクトメッセージ等で当選通知を行うことが多いですが、中には自動リプライを使って即時結果を送る、くじ引きタイプのキャンペーンもあります(Twitterインスタントウィン*)。

フォロー&リツイートキャンペーンは多くの企業で行われており、見かけたり参加したりしたことがある方も多いのではないでしょうか。

*自動リプライを利用するためには、Twitter社への事前申請が必要です

リツイートキャンペーンの目的​​​​​​​

リツイートキャンペーンを行う目的はさまざまです。具体的には、以下のような目的で実施されています。

  • 商品やサービスの認知拡大
  • フォロワー(ファン)獲得
  • ブランドイメージの刷新

Twitterは拡散性が高く、幅広い世代にリーチしやすいメリットがあります。また、短期間で認知拡大やフォロワー獲得といった成果を得やすい点も強みのひとつです。

Twitterにおける強みを最大限に活かしつつ、効果的なキャンペーン施策を打つことで、公式アカウントの運用を成功させられるでしょう。

​​​​​​​フォロー&リツイートキャンペーンのやり方|5つのステップ

ここでは、フォロー&リツイートキャンペーンをどのように実施すればよいかについて解説します。

キャンペーンを効果的に運用するために、5つのステップについて確認しておきましょう。

1リツイートキャンペーンの目的・ターゲットを決める

なぜフォロー&リツイートキャンペーンを実施するかは企業によって目的が異なります。

「商品やサービスの認知度を高めたい」「フォロワー数を増やして影響力を高めたい」「エンゲージメント向上を狙いたい」などさまざまな目的があるでしょう。

目的が異なれば、キャンペーンの方向性も変わってきます。

まずはどのような目的やターゲットに向けてリツイートキャンペーンを実施するのか、社内で明確にしておきましょう。

2.キャンペーンの詳細を決める

具体的にどのようなキャンペーンを実施するのか、詳細を決めていきましょう。

フォロワー数の増加が目的なら、フォロー&リツイートキャンペーンの実施、認知拡大が目的なら、ハッシュタグキャンペーンなどの手法が考えられます。

目的に応じてキャンペーンの詳細を検討し、最適な手法を実施しましょう。

またキャンペーンの当選人数や景品も決める必要があります。

景品は何にするのか、どのくらいの人数が当選するのかはキャンペーン成功にかかわる重要な項目のひとつです。

3.キャンペーンの投稿時間を決める

キャンペーンの投稿時間をいつにするかを決めましょう。ユーザーから反応を得られやすい時間帯に投稿することは、拡散力をアップさせる工夫のひとつです。

アクティブなユーザーが多い時間帯に投稿するのもよいですが、アカウントの影響力が少ない場合は投稿が埋もれてしまう傾向にあります。

投稿にベストな時間は、ユーザーが活発な時間の1~2時間前がおすすめです。


出勤時間を狙う場合:6~7時台
ランチタイムを狙う場合:10~11時台
帰宅後を狙う場合:18~20時台

ただし、ターゲットによって適した投稿時間は異なります。たとえば、学生や会社員、主婦ではアクティブな時間が変わってくるためです。

運用しているアカウントのフォロワーを分析し、傾向に合わせた投稿時間の設定が重要になります。

4.キャンペーン投稿をする

準備が整い次第、キャンペーンを投稿します。リツイートキャンペーンでは、タイトル・プレゼント内容・応募方法を明確に伝える必要があります。

いかにユーザーの目に留まるかが重要なので、絵文字や画像などを最大限活用して特別感を演出しましょう。

またキャンペーン時はユーザーがアカウントに多くアクセスします。そのため、プロフィールや固定ツイートも上手く活用することをおすすめします。

過去に反応の良かったツイートやアピールしたい内容を設定したり、通常ツイートには十分配慮することが大切です。

キャンペーンの詳細や応募要項は、別途作成したWebサイトのリンクから遷移できるようにしておくといいでしょう。問い合わせにも対応できるよう準備しておくことをおすすめします。

5.投稿後の実績を計測する

インプレッション数やフォロワー数の推移などを比較し、今後のアカウント運用に活かせる情報を収集します。

そこでおすすめなのがキャンペーンツールの活用です。ツールによって機能はさまざまで、応募者の集計から抽選、当選メッセージ送信まで一連の流れをすべてサポートしてくれます。

おすすめツールについて解説している記事も用意していますので、ぜひ読んでみてください。

フォロー&リツイートキャンペーンのメリット・デメリット

ここでは、リツイートキャンペーンのメリットについて解説します。

①ユーザーが参加しやすい

SNSを利用したキャンペーンの中でも、フォロー&リツイートキャンペーンは特に多くの参加者を集めやすい企画です。いいなと思ったらすぐに参加できるので、応募までのハードルが低いのがポイントです。

②拡散性が高く認知度を集めやすい

Twitterの大きな特徴でもあるリツイートは、多くの人に情報を届けたいときに非常に有効な手段です。リツイートされたツイートは、そのフォロワーへと伝わっていくため、興味を持ってくれそうな人に情報を伝えるために効果的です。

③開催しやすい

フォロー&リツイートは、Twitterの中で告知~応募~当選通知までの流れを完結させることができます。手の込んだランディングページ制作などが不要なので、比較的低コストで実施できます。

また、キャンペーンに適したツールを使えば、参加者を一覧で把握し、当選条件に応じて抽選、まとめて当選通知を行うことができるので、キャンペーン運用にかかるリソースも抑えることができます。

リツイートキャンペーン実施による成功事例&他社事例

小売業A社

小売業A社のフォロワー数推移グラフ

A社では約5か月間に渡って、定期的にフォロー&リツイートキャンペーンを実施しました。

インセンティブ500円程度の、小さなキャンペーンをたくさん実施することで、常に何らかのキャンペーンを開催している状態を継続しています。キャンペーン毎に参加数の差はあっても、フォロワーが減ることなく一貫して増え続けていることが、グラフから読み取れます。

情報・通信業B社

情報・通信業B社のフォロワー数推移グラフ

B社では約3か月間に渡って、定期的にTwitterキャンペーンを実施しました。毎週キャンペーンを行い、開催期間に間隔が空かないようにしています。

参加者数(薄い色の棒グラフ)よりも、リツイート数(濃い色の棒グラフ)が大きく上回ったキャンペーンがいくつかあり、複数回リツイートしてくれるユーザーが一定数いることが分かります。
また、フォロワー数の推移は、リツイートされた数とある程度連動していることが読み取れます。

ローソン

ローソンの公式Twitterでは、ほぼ毎日フォロー&リツイートキャンペーンが実施されています。

抽選で数千~数万人に商品の無料券が当たるキャンペーンを実施しており、外れたとしてもクーポン券がもらえる仕組みになっています。

結果はリプライにて自動でお知らせするため、すぐに結果が分かるメリットがあり、ユーザーが参加しやすい理由のひとつです。

マクドナルド

マクドナルド公式アカウントでは、新商品の宣伝やプレゼント情報を提供しています。

動画コンテンツやクリエイティブに力を入れており、新商品の宣伝では毎回多くのインプレッションを獲得しています。

画像や動画のコンテンツを充実させることで、Twitterの強みを存分に活かしていることが分かる事例のひとつです。

コカ・コーラ

コカ・コーラ公式アカウントでは、新商品情報やさまざまなキャンペーン情報を提供しています。

有名アーティストとのコラボアイテムをカウントダウン形式で公開したりと、Twitterならではの宣伝方法を活用。

キャンペーンでは、結果が動画でわかるようになっており、ユーザーにわくわく感を届けられる仕組みになっています。

フォロー&リツイートキャンペーンの企画・運用ポイント

各事例には、以下のようなポイントがあります。これらを意識することで、より効果的なやり方でキャンペーンが実施できるでしょう。

リツイートキャンペーンは継続して実施する

いずれの事例も、継続して複数回キャンペーンを行うことで、より成果を上げています。キャンペーンをきっかけにフォローしてくれたユーザーが、ファンとして定着してくれるよう、キャンペーンは一度きりで終わらせないことが重要です。

キャンペーンをより多くの人に知ってもらう

リツイート数とフォロワー数には、ある程度相関がみられます。たくさんリツイートしてもらうには?多くの人の目に留まるには?という視点で企画・運用を考えてみると良いでしょう。

リツイートキャンペーンをする際のよくある質問

ここでは、リツイートキャンペーンをする際のよくある質問について回答します。

リツイートキャンペーンの抽選方法は?

リツイートキャンペーンの抽選方法は、大きく分けて2種類があります。

1.その場で抽選結果が出る方法

インスタントウィンとも呼ばれる方法です。抽選する手間や工数が省けるうえに、参加者が気軽に参加しやすいメリットがあります。この方法を採用するには、専用ツールの導入が必要です。

2.抽選して後日当選結果をお知らせする方法

キャンペーン参加者の応募者情報を収集し、抽選、当選連絡、プレゼント発送の流れでキャンペーンを実施する方法です。主催者側が当選者を選ぶことができるメリットがあります。

リツイートキャンペーンと景品表示法の関係性

景品表示法とは、商品やサービスの品質・内容・価格等を偽って表示することを厳しく規制するとともに、景品類の最高額等を制限する法律です。

リツイートキャンペーンは、無条件に広く告知して気軽に参加できることから、景品表示法における「オープン懸賞」に当てはまります。

オープン懸賞はとくに金額規制などはありません。ただし、応募者全員に割引券やクーポンなどを発行するキャンペーンでは、一定の金額規制があります。

また品質や価格が実際より優れていると宣伝することも禁止されているため、過度な表現になりすぎていないか注意しましょう。

フォロー&リツイートキャンペーンで、SNSを上手に活用しよう

フォロー&リツイートキャンペーンは、Twitterキャンペーンの中でも比較的低い費用や労力で開催できます。ただ広告を配信するよりも、フォロワー獲得単価を下げることも可能ですので、Twitterでブランドのファンを増やす為に是非取り入れたい手法です。

定期的にキャンペーンを実施する時には、参加者情報の把握や抽選、一斉DMの送信ができるツールを導入すると、ご担当者様の負担をぐっと下げることができます。SNSキャンペーン全般に対応しているOWNLYを使えば、さらに日々の参加者数やフォロワー数を自動的に記録しておくことができるので、継続して効果を測定するためにとても便利です。SNSキャンペーンをご検討の際は、是非お気軽にご相談ください。

>>お役立ち資料はこちら

カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング