<img src="//trace.popin.cc/api/bidder/track/pixel/pageview?tn=f9f2b1ef23fe2759c2cad0953029a94b" width="0" height="0" style="display:none">
Twitterインスタントウィンとは?やり方や成功事例、費用相場も解説

Twitterインスタントウィンとは?やり方や成功事例、費用相場も解説

Twitterでのインスタントウィンキャンペーンは、実施しやすい上にユーザーからの人気が高く、多くの企業が実施しているキャンペーンです。

キャンペーンの実施で認知度拡大や費用対効果の高い広告を可能にする反面、仕組みや企画力がない場合は話題性に欠けてしまいます。

本記事では、Twitterのインスタントウィンキャンペーンを適正に行うための手順や、他企業の成功事例などを解説します。

成功したキャンペーンの共通点を探し出し、キャンペーンをより効果的なものにしましょう。

目次

  1. Twitterインスタントウィンキャンペーンの仕組み
  2. Twitterインスタントウィンキャンペーン実施のメリット2選
    1. メリット1.認知度の拡大に繋がる
    2. メリット2.費用を抑えて広告効果を得られる
  3. Twitterインスタントウィンキャンペーンの成功事例6選
    1. 事例1.ポケモン情報局
    2. 事例2.セブンイレブン
    3. 事例3.ペプシ
    4. 事例4.キリンビール
    5. 事例5.Netflix
    6. 事例6.サブウェイ
  4. Twitterインスタントウィンキャンペーン実施の3ステップ
    1. ステップ1.インスタントウィンの目的とターゲットを定める
    2. ステップ2.インスタントウィンツールを定める
    3. ステップ3.インスタントウィンの参加条件を定める
  5. Twitterインスタントウィンキャンペーンにおすすめのツール3選
    1. ツール1. OWNLY
    2. ツール2.ATERU
    3. ツール3.キャンつく
    4. ツール4.Boite
  6. Twitterのインスタントウィンについてのまとめ

Twitterインスタントウィンとは

インスタントウィンキャンペーンとは、応募するとその場で当落結果が分かるキャンペーン手法のことです。

Twitter内で全てのアクションが完結し、ユーザーが手軽に参加できるため、Twitterのマーケティング施策として多く活用されています。

Twitterインスタントウィンの形式は、主に3つのパターンに分かれます。

  • オートリプライ型:リプライで当落通知
  • オートDM型:当選者のみその場で当選DM
  • ログイン認証型:ログイン認証後に当落画面を表示

条件を満たして応募することで、結果がすぐに分かることや、手軽に参加できるハードルの低さがインスタントウィンキャンペーンの特徴です。

Twitterインスタントウィンキャンペーンの仕組み

実施目的によって仕組みは異なりますが、多くはアカウントのフォロー&リツイートハッシュタグなどの条件を満たしたユーザーを対象に抽選がおこなわれます。

また、インスタントウィンキャンペーンでは自動返信機能が使われることが多いので、自動でキャンペーン結果が分かる仕組みです。

キャンペーン結果の自動化によってコスト削減に繋がることも、インスタントウィンキャンペーンの特徴といえます。

Twitterインスタントウィンキャンペーンが人気な理由は?

Twitterインスタントウィンキャンペーンは、Twitterユーザーから人気を集めやすい手法のひとつです。なぜTwitterインスタントウィンキャンペーンは人気があるのでしょうか。

1つ目は、Twitterキャンペーンは手軽かつ楽しんで参加できることです。従来のキャンペーンに比べて応募までの工数が少なく、ユーザーの負担が大幅に削減できます

2つ目は、キャンペーンへの熱量が高いタイミングで当選結果が分かることで、ユーザーの参加モチベーションが上がりやすいことです。

当選者数を増やしたり、毎日参加できるキャンペーンにしたり、Wチャンスを設けたりすることで、参加者の増加拡散効果が見込めるでしょう。

Twitterインスタントウィンキャンペーンの種類

Twitterのインスタントウィンキャンペーンの応募条件の種類は、主に以下の3つがあります。それぞれの特徴についても詳しく見ていきましょう。

フォロー&RT

フォロー&RTは、対象アカウントをフォローの上、キャンペーン投稿をRT(リポスト)することで応募できる方法です。

インスタントウィンキャンペーンではフォロー&RTを応募条件とする場合が多く、参加ハードルが低いこと、拡散されやすいというメリットがあります。

多くのユーザーからの参加が見込まれるので、認知拡大を狙いやすいことが特徴です。

なお、当選結果はリプライに表示されるケースが多く、当選したユーザーにのみDMで連絡する流れになります。


以下の資料では、Twitter上でキャンペーン施策を行う際に押さえておきたいポイントを事例で確認できます。

今後Twitterにおけるフォロー&リツイートキャンペーンをご検討中の方はぜひご確認ください。

フォロー&リツイートキャンペーン 成功事例から⾒る運⽤のポイント

フォロー&ハッシュタグ投稿

フォロー&ハッシュタグ投稿は、アカウントをフォローの上、ユーザーが指定のハッシュタグを付けて投稿すると応募できる方法です。

ハッシュタグを活用するキャンペーンは、Twitter上の話題づくりや口コミ創出につながりやすいというメリットがあります。

ユーザーからの「食べてみたい」「この商品が良かった」というようなUGCが集まりやすいため、UGCマーケティングとも相性が良い手法のひとつです。

特設ページ・サイトで抽選

Twitter上ではなく、キャンペーン専用サイトや特設ページに誘導したのち、サイト上でキャンペーンに応募する方法もあります。

この場合は、特設ページにアクセスしてTwitterアカウントでログインし、参加ボタンを押すと当落が表示されるといった流れとなっています。

当選した場合は、特設ページで確認するケースやTwitterのDMで当落通知が届くケースなどさまざまなタイプがあります。

特設ページから自社のWebサイトへスムーズに誘導したり、Twitterよりも多くの情報量を届けられたりする点がメリットです。

Twitterインスタントウィンキャンペーンのメリット5つ

インスタントウィンキャンペーンを実施することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。以下では、インスタントウィンキャンペーンの実施で得られる主な3つのメリットをご紹介します。

1. 認知度の拡大に繋がる

Twitterは、リツイート機能おすすめ表示機能などの拡散力に優れているツールが多いプラットフォームです。

インスタントウィンキャンペーンの参加条件にリツイートを組み込むことで、通常のキャンペーンよりも多くのユーザーの目に止まりやすくなり、認知度拡大が期待できます

認知度の拡大は、商品やサービスを知ってもらうだけではなく、新たな顧客獲得にも繋がります。

2. 費用を抑えて広告効果を得られる

インスタントウィンキャンペーンは、Twitter内で全ての工程が完了するため、実施企業もキャンペーンにかける工数が少ない方法です。

作業工数の削減は社員の業務圧迫を防ぎ、効率的なキャンペーンの実施が可能になります。

また、インスタントウィンキャンペーンは広告費用をかけずに実施できるため、通常のSNS広告と比べて広告出稿のコスト削減が可能になります。

3. ユーザーの参加ハードルが低い

インスタントウィンは、通常のキャンペーンに比べて参加ハードルが低いことが特徴です。

応募後すぐに結果が分かることから「つい参加したくなる」というユーザーの心理をうまく生かし、参加者の大幅な増加が期待できるでしょう。

さらに当選結果がすぐに分かると結果をシェアするユーザーも増え、当選者によるツイートや拡散が見込めます。

キャンペーン期間中は、自主的に商品やサービスの良いところをコメントしてくれる傾向もあります。投稿に対してポジティブな反応が増えると自社の印象が良くなり、間接的な売上アップにも役立つでしょう。

4. 毎日応募する形式にしやすい

インスタントウィン形式のキャンペーンを実施することで、期間中に毎日応募できるといった企画にすることができます。

「1日1回応募できる」といったキャンペーンは、より多くのユーザーに参加してもらう機会が増えるので、効率的に規模を拡大できるのがメリットです。

一度参加して終わりではなく、何度でもチャレンジできるため、ユーザーの参加モチベーションも上がりやすいと言えます

また、毎日キャンペーンに参加する形をとることで、商品やサービス、ブランドなどの想起性を高めることにもつながります。

5. キャンペーンの工数を減らせる

Twitterのインスタントウィンキャンペーンは、応募・抽選・当選連絡などの一連の流れがTwitter上で完結します。

キャンペーン用の特設サイトやLPを作成しなくても実施できるので、キャンペーン運用にかかる工数を大幅に削減できるという点もメリットです

従来のキャンペーンに比べて人的リソースやコストを軽減しながらキャンペーンを実施できるでしょう。

その分、Twitter広告に予算を割り当てたり、企画やクリエイティブのブラッシュアップに費やすことも可能になります。

Twitterインスタントウィンキャンペーンの成功事例10選

Twitterで多くの企業が実施しているインスタントウィンキャンペーンですが、実施するだけでは大きな効果を得られません。

実施目的や自社に合わせたキャンペーン内容を成功事例から学び、内容の改善に努めていきましょう。

以下では、インスタントウィンキャンペーンの成功事例をご紹介します。

1. ポケモン情報局|ポケモン25周年キャンペーン

ポケモン事務局のTwitterでは、初代ポケモンの発売から25周年を記念して1日限りのキャンペーンが行われました。

賞品の当選ではなく、壁紙が添付されたリプライが返ってくるのみのキャンペーンですが、リプライは151種類ありリプライを受け取った後も当たったポケモンをツイートしたくなるような拡散性の高いキャンペーンを行いました。

「拡散したくなる」といったユーザーの興味を上手く活用した成功事例と言えるでしょう。

2. セブンイレブン|無料クーポン配布キャンペーン

セブンイレブンのTwitterではリツイート数が増えるほど、クーポン対象商品が豪華になるインスタントウィンキャンペーンが行われました。

インスタントウィンを利用後すぐに抽選結果が分かるようにして、抽選後当選したクーポンをリプライするという工程を分けた方法で実施されました。

その場で当落が分かるインスタントウィンは、短期的なアクセスになる可能性が高くなりやすいですが、2段階の仕組みを作っておくと継続的な繋がりを持つことができます。

3. ペプシ|本田とじゃんけんキャンペーン

ペプシのTwitterではフォローとリツイートを参加条件として、条件を満たすと本田圭祐選手とTwitter上でじゃんけんができ、勝てばペプシコーラが貰えるキャンペーンを行いました。

じゃんけんで何を出すかといった参加者の選択によるキャンペーンは、またたく間に拡散されました。成功した理由は当選人数が16万名と多く、さらにクジの結果がすぐに分かるようにしたことです。

じゃんけんの勝負の結果に合わせて、煽りコメントを出してくれる点も面白いと話題になり、一時Twitterトレンドにも入りました。

4. キリンビール|カンバセーショナルキャンペーン

キリンビールのTwitterではフォロー・RTキャンペーンではなく、カンバセーションボタン(カンバセーショナルカード)を使っての参加が特徴的でした。

カンバセーションボタン(カンバセーショナルカード)は選択すると画面下部に投稿画面が表示され、そのままツイートできる機能です。

画像がそのままフォロワーやフォロワー以外のユーザーに届くため、商品を飲食するシーンが具体的に想像されやすく、より購買を促す効果があると考えられます。

5. Netflix|ネトフリ福袋キャンペーン

NetflixのTwitterではユーザーの過去ツイートをもとに、おすすめのNetflixオリジナル作品情報を届けるキャンペーンを行いました。

Netflixのアカウントをフォローし、キャンペーンツイートをリツイートすると、リプライでおすすめ3作品の情報を教えてもらえます。年末年始に実施されたキャンペーンで、福袋という表現を取り入れた企画でした。

家族や挑戦、絆などそれぞれのユーザーに合ったテーマをピックアップ。おすすめ作品の情報提供で、年末年始シーズンのNetflix視聴促進にも効果が期待できる施策になりました。

6. サブウェイ|大人デミプレゼントキャンペーン

サブウェイTwitterアカウントでは「#大人デミプレゼント」というフォローとリツイートでクーポンをもらえるキャンペーンが実施されました。

Twitter内でのグッズ交換などのやり取りを模倣した形式のツイートを採用し、キャンペーンのインセンティブと参加条件を的確に表現し話題になりました。

7. トイザらス・ベビーザらス公式|毎日参加できるキャンペーン

続いて紹介するのは、おもちゃ・ベビー用品を販売するトイザらス・ベビーザらス公式Twitterアカウントで実施されたインスタントウィンキャンペーンの事例です。

フォロー&RTで応募でき、トイザらスで使えるギフトカード5,000円分が40名にその場で当たるという内容となっています。

キャンペーンツイートには「#めいっぱいクリスマスしよう」を含めており、クリスマスカタログ情報のプロモーションとなっています。

期間中毎日参加できることで、ユーザーの目に留まる機会が増え、参加者増加やブランドの認知拡大、景品による来店促進などにつながっている事例です。

8. ブラックサンダーさん【公式】|Wチャンスキャンペーン

ブラックサンダーの情報を日々発信する「ブラックサンダーさん」の公式Twitterアカウントで実施された、その場で当たるインスタントウィンキャンペーン事例です。

投稿をフォロー&RTすると応募でき、当選者のみDMで当選通知が届くというもの。期間中は毎日参加できるようになっています。

さらに、「#プレミアムなブラックサンダー」をつけて引用RTすると、ブラックサンダー1箱が30名に当たるWチャンスも用意されています。

ハッシュタグをつけてもらうことで、UGC創出や活用、ブランドの話題化につながっています。

9. ハウス食品グループ|引用RTキャンペーン

ハウス食品グループの公式Twitterアカウントで実施されたキャンペーンの事例です。今年1年の感謝の言葉を添えて、フォロー&RTで応募できるインスタントウィンキャンペーンを実施しました。

また、指定のハッシュタグをつけて「今年1番食べた・好きだったハウス製品」を引用RTすることで当たるWチャンスも用意されました。

引用RTで自社商品名を口コミ投稿してもらうことで、認知拡大信頼度の醸成につながっています。

スワイプできる動画によって、ユーザーの目を惹くようなキャンペーンツイートに仕上がっていることも特徴です。

10. エバーカラー公式|RT&引用RTキャンペーン

続いては、カラーコンタクト・エバーカラーの公式Twitterアカウントで実施されたインスタントウィンキャンペーンの事例です。

フォロー&RTで応募した人の中から、1,000名にAmazonギフトカード500円分が当たるというもの。

また、引用RTするとDysonのヘアアイロンが3名に当たるWチャンスも用意されており、ターゲット層に適した景品によって話題を生んでいます。

同社商品の新色のPRとして行われ、認知拡大や販売促進につながっている事例です。


以下の資料では、Twitter上でキャンペーン施策を行う際に押さえておきたいポイントを成功事例で確認できます。

今後Twitterにおけるフォロー&リツイートキャンペーンをご検討中の方は是非ご確認ください。

フォロー&リツイートキャンペーン 成功事例から⾒る運⽤のポイント

Twitterインスタントウィンキャンペーンにかかる費用相場

インスタントウィンキャンペーンを実施する費用相場は、30~200万円程度です。

実施するキャンペーンの規模や景品の内容、利用するツールの料金プラン、広告費用などによって異なり、費用には大きく幅があります。

以下の記事では、SNSキャンペーンにかかる費用の内訳や、成果を上げつつ安く抑える方法について詳しく解説しているので、ぜひチェックしてください。

■関連記事

SNSキャンペーンの費用相場は?安く抑える方法や費用対効果を高めるコツ

Twitterインスタントウィンキャンペーンのやり方7ステップ

インスタントウィンキャンペーンを実施する際は明確な目的や戦略、ターゲットなどを明確に組み立てる必要があります

インスタントウィンキャンペーンの実施ステップを理解して、キャンペーンの効果を高めましょう。

1. インスタントウィンの目的とターゲットを定める

Twitterでインスタントウィンキャンペーンを実施する前に、キャンペーンの目的とターゲットを定めましょう

実施目的が曖昧な場合、参加条件や狙いが間違ってしまう可能性があるため、高い効果を得られないケースが目立ちます。

社内で実施目的を決め、ターゲット層を明確にした上で実施期間や景品、参加条件などの詳細を決めていくことが最初のステップとして重要です。

2. Verified Organizationsに加入する

Twitterでインスタントウィンキャンペーンを実施するには、有料のサブスクリプションサービス「Verified Organizations」に加入する必要があります。

Verified Organizationsは企業向けの認証システムで、インスタントウィン以外にもさまざまなメリットが得られることが特徴です。

たとえば、通常のアカウントに比べてリプライやDM送信の上限数が多くなります。インスタントウィンは自動返信で上限をすぐに超えてしまうので、加入が必須となります

Verified Organizationsをはじめ、Twitterのサブスクリプションサービスについては、下記の記事もぜひチェックしてください。

■関連記事

Twitter Blueで何ができる?メリットや料金、支払い方法など徹底解説

3. インスタントウィンツールを選ぶ

インスタントウィンキャンペーンでは、専用ツールを活用するのが一般的です。

当選作業の自動化はもちろん、使いやすさや費用などの確認を行い、実施目的に適したツールの導入を意識しましょう。

ツール選びは、インスタントウィンキャンペーンの成功を左右するほど重要なため、無料期間のあるツールを試しながら、社内で検討してツール選びを行う必要があります

インスタントウィンツールにお悩みの方は、下記の記事もぜひチェックしてください。

■関連記事

【最新版】インスタントウィンツール比較11選!キャンペーン成功事例や費用も解説

4. インスタントウィンを企画する

使用するインスタントウィンツールを決定したら、キャンペーン内容や参加条件などを企画しましょう。

どのようなキャンペーン内容にするのか、初めに定めた目的をもとに企画していきます。

認知度の拡大を目的としている場合は、リツイートや引用リツイートを参加条件としたり、フォロワーの獲得を目的としている場合はフォローを条件にしたりと目的達成に直結する条件を設定するのがポイントです。

競合アカウントや他企業の成功しているキャンペーンを参考にしてみるのもおすすめです。

5. キャンペーンのクリエイティブを制作する

キャンペーン内容を企画したら、画像や動画などのクリエイティブを制作しましょう。

どれだけ魅力的なキャンペーンを実施しても、タイムライン上でユーザーの目を惹かなければ注目してもらえません。

インパクトのある画像や動画、思わず拡散したくなるような抽選画面など、工夫を凝らすことでユーザーの興味を惹くことも大切です。

クリエイティブを制作する際は、Twitter社が定めるクリエイティブ規約を遵守して決定しましょう。

6. Twitter広告を出稿する

インスタントウィンを実施する際にTwitter広告の出稿は必須ではありません。しかし、キャンペーンの露出を増やすためにも、広告を活用するのがおすすめです。

とくに、フォロワー数の増加や認知拡大を目的とする場合は、Twitter広告を活用すべきと言えるでしょう。

また、広告出稿を行うことで、リプライやDMがスパム判定を受ける可能性を軽減することもできます。

7. キャンペーンの運用・効果検証をおこなう

キャンペーンの準備が整ったら、実際に運用をおこなっていきます。開始と合わせて広告出稿をおこなうケースもあるので、あらかじめ検討しておくとスムーズです。

期間中は、問い合わせに対応できるようフォームやDMでの体制を整えておくことをおすすめします。ユーザーの反応をチェックしつつ、クリエイティブや配信頻度の調整もおこないましょう

キャンペーン終了後は、施策の効果検証も欠かせません。初めに掲げた目標は達成できたか、どういった点が課題として残るかなどを洗い出し、今後の施策に活かしましょう。

TwitterマーケティングツールOWNLY

Twitterインスタントウィンキャンペーンを成功させるコツ

Twitterインスタントウィンキャンペーンを成功させるためには、競合他社との差別化を図れる戦略的なアプローチが欠かせません

  • 思わず参加したくなる施策を検討する
  • キャンペーンを実施したその先を考える
  • キャンペーンで集めたUGCを活用する
  • インセンティブを工夫する

ここでは、それぞれのコツについて解説します。

思わず参加したくなる施策を検討する

キャンペーンを成功させるには、ユーザーが自然に参加したくなるような魅力的な企画を考えることが重要です

参加者の興味を惹く内容にすることで、ユーザーの参加意欲を高めることができます。

近年は多くの企業がキャンペーンを実施しているため、より多くのユーザーに参加してもらえるような、インパクトのある施策を検討しましょう

ユーザーがすぐにリターンを得られるよう、その場ですぐに抽選結果がわかるインスタントウィン形式で実施するのもおすすめです。

キャンペーンを実施したその先を考える

キャンペーンは実施して終わりではなく、キャンペーンで得られた成果を今後どのように活かすかを考慮することも大切です

キャンペーン終了後のマーケティングも検討しておくことで、ユーザーとの関係性を維持し、ファン育成顧客ロイヤリティ向上につながります。

次回以降の改善や今後のマーケティングに活かせるよう、キャンペーンのデータを積極的に収集・分析しましょう。

キャンペーンで集めたUGCを活用する

キャンペーンで集めたユーザーからの写真や口コミなどのコンテンツ(UGC)は、その後のビジネスに大きく役立てることができます。

UGCはユーザーのリアルな声や体験を反映しており、他のユーザーに信頼感を与える効果があります

ユーザーの投稿を共有したり、特設ページ内で活用したりすれば、信頼性のある情報の拡散効果が期待できるでしょう。

インセンティブを工夫する

Twitterインスタントウィンでは、インセンティブや景品選びも重要です

SNS上で話題になりそうなインセンティブを用意したり、当選者枠を多くしたりといった工夫によって、参加者増加が図れます。

当選後の送付の手間やコストを大幅に削減できるので、インスタントウィンキャンペーンでは、デジタルギフトの相性が良いと言えるでしょう。

Twitterインスタントウィンキャンペーンのツールの選び方

Twitterのインスタントウィンキャンペーンを実施する際は、以下のポイントを意識しましょう。

  • 目的に沿った使い方ができるか
  • 複数のキャンペーンを展開できるか
  • サポート体制は整っているか
  • 費用やプランは問題ないか
  • 安心して利用できるツールか

ここでは、それぞれのポイントについて解説します。

1. 目的に沿った使い方ができるか

キャンペーンの導入目的に合った機能が備わっているかを確認しましょう。

たとえば、当選連絡や景品の梱包・発送といった事務局代行も依頼したい場合は、キャンペーン事務局に対応しているツールを選定する必要があります。

導入後に「必要な機能が備わっていなかった」というミスマッチを防ぐためにも、機能面を十分にチェックしておきましょう。

ツールによっては、インスタントウィンは実施できないというケースもあるので注意が必要です。あらかじめキャンペーンツールを提供している会社に相談しておくと安心できるでしょう

2. 複数のキャンペーンを展開できるか

どのSNSでキャンペーンを予定しているかによって、どのツールを活用するか絞り込むこともおすすめです。

たとえば、TwitterとInstagram、LINEなどでキャンペーンを同時開催したり、時期をずらして別のSNSで実施したりできると、キャンペーンの幅が広がります。

長期的にキャンペーンツールを活用したい場合は、さまざまなSNSやキャンペーンの種類に対応しているツールだと便利です

3. サポート体制は整っているか

必要な機能やSNSの種類が充実しているから良いわけではなく、導入前や導入後のサポート体制が整っているかも重要です

企画段階でどんなキャンペーンにするかをサポートしてくれたり、導入支援や管理画面の設定、広告運用の最適化などに対応していると安心できるでしょう。

導入を検討しているキャンペーンツールがどこまでサポートしてくれるかどうかは、事前に確認しておくことをおすすめします。

4. 費用やプランは問題ないか

インスタントウィンキャンペーンのツールを選ぶときは、費用や料金プランについても十分に確認しましょう。

自社でキャンペーンを複数回実施したい場合は「サブスクリプション型」、単発でツールを利用したい場合は、1回きりのツールを利用するのがおすすめです。

また、オプションで追加費用がかかるケースもあるので、事前に見積もりをしてもらったうえで、予算内に収まるかどうかもチェックしましょう。

5. 安心して利用できるツールか

安心して利用できる信頼性の高いツールかどうかも大切です。

Twitterの規約に準拠していることはもちろん、運営会社の事業内容や実績、個人情報保護方針などの事項も詳しく確認しましょう。

また、キャンペーンでは多くのユーザーの個人情報を管理するため、プライバシーを徹底することが必須です。ツールを提供する企業のホームページに「Pマーク(プライバシーマーク)」があるかどうかチェックしてください。

また、万が一トラブルが発生した際に迅速なサポートや対応をしてもらえるかも大切です。

Twitterのインスタントウィンキャンペーンにおすすめのツール4選

インスタントウィンキャンペーンを行う際は、専用ツールを使うことで当選者を選ぶ手間と時間の短縮や、効果的な分析が行えます。

以下では、おすすめのTwitterインスタントウィンツールを3つご紹介します。

1. OWNLY

ownly

OWNLYは、SNSマーケティングを一元管理できるサブスクリプション型のマーケティングプラットフォームです。

さまざまなSNSマーケティングに対応しており、ツール提供だけでなく、施策の企画から広告運用まで幅広くサポートします。Twitter・LINE・Instagramなど、さまざまなSNSマーケティング手法に対応。

インスタントウィン、レシート応募、フォトコンテストなど15種類以上のキャンペーンタイプを無制限で利用でき、UGC収集から活用まで1つのツールで実現可能です。

通算700ブランド以上の導入実績があり、フォロワー獲得・認知拡大・販売促進・店舗集客・EC売上向上を目指せます。


Ownlyの詳しいサービス概要は以下の資料から確認いただけます。無料でご覧いただけるので、ぜひお気軽にダウンロードください。

SNSマーケティングツール「OWNLY」サービス資料

2. ATELU

atelu

ATELUは、TwitterとInstagramのキャンペーンに対応したキャンペーンツールです。

取得できるデータが10万件と大規模なキャンペーンにも対応でき、応募者の収集や当選者の選定、簡易レポート作成など一貫してサポートします。

加えて、当選者にDMを100通まで一括で送信可能です。費用は月額利用と1回ごとの利用が選べます。

3. キャンつく

cantsuku

キャンつくは、後日発表ではなくその場で抽選が可能なインスタントウィンツールです。

操作がしやすい管理画面が用意されており、インスタントウィンツールを使うのが初めての方にもおすすめです。

キャンペーンに必要なクリエイティブの作成も依頼可能です。費用は通常版とライト版が用意されていて、ライト版は通常版より費用を約10万円抑えられます。

4. giftee for Business

giftee for business 

giftee for Businessでは、500種類以上の豊富な賞品ラインナップをデジタルギフトとして贈れるキャンペーンツールです。

各種ポイントやユーザーが商品を好きに選べる「giftee Box」など、幅広いシーンのギフトを取り揃えており、法人向けデジタルギフトの導入実績も高いです。

TwitterやLINEでのインスタントウィンキャンペーンも実施可能。バリエーション豊かな賞品を選べるので、キャンペーンの賞品を自社以外で用意したい場合に向いています。

インスタントウィンでは、基本料金(商品代金・発行手数料)に加えて、オプションとしてシステム費用の200,000円〜が発生します。

5. PARKLoT Lite

PARKLoTは、インスタントウィン・クーポン配布・UGC活用などさまざまなSNSキャンペーンを実施できるキャンペーンツールです

PARKLoTのアカウントを作成し、管理画面からキャンペーンを作成して審査を依頼すると、完了後に自動投稿される仕組みになっています。

無料トライアルで3回までお試しできるので、コストを抑えて実施したい方やツール選びに悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。

なお、PARKLoTでは企業用のキャンペーンプランも月額6万円~(初期費用10万円)から用意されています。

6. Icolor

株式会社アイカラーが提供するIcolorは、その場ですぐに当落結果が分かる「インスタントウィンキャンペーン」に特化したSNSキャンペーンツールです。

スロットやガラポン、クレーンゲームなどのゲーム形式で、ユーザーが楽しみながらキャンペーンに参加できるため、参加ハードルが下がり参加者数の増加が見込めます

他にもスゴロクや迷路パズルなどのブラウザゲームを活用し、Webサイトに訪れたユーザーを囲い込み、リピート率を向上できる点が魅力です。

7. SMARTCROSS

SMARTCROSSは、幅広いキャンペーン施策に対応した老舗のキャンペーンシステムで、インスタントウィンにも対応しています。

SNSキャンペーンだけでなく、WebやSMS認証など、柔軟なカスタマイズが可能。

キャンペーンツールの中でも老舗のサービスで、官公庁・自治体・NPOなどさまざまな導入事例があり、最短5営業日でキャンペーンを提供できます。

レスポンシブデザインでマルチデバイスに対応しており、サイト制作費用がかからず低価格で依頼できるツールです

8. RTWIN

株式会社NONAME produbeが提供するRTWINは、Twitterのインスタントウィンキャンペーンツールを提供できるシステムです。

要望・目的に応じた柔軟なカスタマイズ性が特徴で、豊富なオプション機能が用意されています。ハッシュタグトリガーやシークレットリプライ、時間差リプライ、当選DMカスタムなどにも対応可能です。

柔軟性があり複雑なキャンペーンも提供できるので、他社や競合との差別化を図ったイベントを開催したい場合に向いています

9. Booster

Boosterは、TwitterやInstagram、LINE、YouTubeなどのSNSのインスタントウィンに対応したキャンペーンツールです。

謎解きを通じたユーザー参加型キャンペーンや、ギフト付きアンケートが行えるキャンペーンなど、多様なイベントを開催できます。

無料デモで使用感を試したり、疑問点を解消したりすることもできるので、一度問い合わせすることをおすすめします。

■料金プラン

Starter

Pro

Business

Enterprise

9,800円/月

39,800円/月

69,800円/月

問い合わせ

10. giff letter

giff letterは、当落結果をWebで表示するタイプのインスタントウィンキャンペーンです。

企画制作や事務局から広告配信までサポートしてもらえるほか、LPの自動生成機能やクーポンの消込機能なども備わっています。

フォロー数とフォロワー数の比率などの詳細を設定できるフィルタリング機能によって、届けたい人にアプローチすることができます。

■料金プラン

問い合わせ

Twitterインスタントウィンキャンペーンを提供する注意点

Twitterインスタントウィンキャンペーンを提供する際は、いくつかの注意点を押さえましょう。まず、キャンペーンルールや参加条件を明確に伝えることが重要です。

参加者が信頼して参加するためにも、正確な情報提供は欠かせません。プライバシーや個人情報保護にも万全な注意を払いましょう

最後に、キャンペーンの成果を分析し改善することも必要です。データ収集と分析によって、参加者の反応や効果を把握し、次回のキャンペーンに生かすことが大切です。

Twitterルールを確認する

Twitterキャンペーンを実施するときは、キャンペーンガイドラインやTwitterルールを遵守しましょう。これらのルールに逸脱すると、一部の機能に制限がかかったりアカウント凍結のリスクがあります。

たとえば、キャンペーンのガイドラインには、応募すると自動でリプライが届く旨を明記したり、禁止事項を明記するといった決まりが存在します。

あらかじめルールやガイドラインを確認のうえ、キャンペーンガイドラインを作成してアナウンスしておきましょう。

景品表示法を遵守する

キャンペーンを実施するときは、景品表示法(景表法)などの法律もしっかり遵守する必要があります。

たとえば、景表法では現金・現金同等物を景品としてはいけないという決まりがあり、過大な景品類の提供は禁止されています

キャンペーンの種類によっては上限額が定められており、知らないうちに上限を超えてしまったというケースも考えられるでしょう。

食品・医薬品・美容品などを扱う場合は、薬機法にも注意しなければなりません。

また、日常的に使用する言葉であっても、広告として使用すると景品表示法や薬機法などの法律違反に該当する場合があるため注意が必要です。

まとめ:TwitterインスタントウィンならOWNLYがおすすめ

Twitterのインスタントウィンキャンペーンでは実施する前の準備が重要になります。目的とターゲットを定めて、目的が実現できる専用ツールを選びましょう

成功事例を参考に自社アカウントがインスタントウィンキャンペーンを成功させられる方法を見つけましょう。

Twitterは拡散力に優れているプラットフォームのため、大成功を収めると大幅な業績向上にも繋がります。

インスタントウィンキャンペーンの実施を検討している方は、ぜひOWNLYの利用をご検討ください。OWNLYの施策や機能、導入事例、導入までの流れについては、下記の資料からご覧いただけます。

SNSマーケティングツール「OWNLY」サービス資料

SNSマーケティングのご相談は以下より日程をご調整ください