インスタントウィンの費用相場・内訳|おすすめツールや費用を抑えるコツも解説

インスタントウィンの費用相場・内訳|おすすめツールや費用を抑えるコツも解説

インスタントウィンキャンペーンを実施したいけれど、具体的な費用や成果の上げ方について疑問を抱いている方もいるでしょう。

SNSキャンペーンは、キャンペーンの内容や利用するツール、広告費などによって費用が大きく異なるため、事前に予算を設定しておくことが重要です。

この記事では、インスタントウィンキャンペーンに関連する費用やその内訳、費用を抑えるための方法について詳しく解説します。さらに、費用対効果を高めるためのツールの選び方も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

フォロワーの増加だけで終わらないTwitterキャンペーンの設計

インスタントウィンキャンペーンの費用相場

インスタントウィンキャンペーンを実施する際の費用は、一般的に30〜200万円ほどです。

キャンペーンのタイプや規模、使用するツールの有無、景品のコスト、広告費など、さまざまな要素によって異なるため、キャンペーンによって幅があります

キャンペーンの内容や規模によっては、非常に大きな費用が必要となることもめずらしくありません。

「予想以上のコストがかかってしまった」という事態を避けるためにも、事前に費用感を把握し、自社の予算を適切に見積もることが重要です。

■関連記事

Twitterインスタントウィンとは?キャンペーンのやり方や成功事例、費用相場

インスタントウィンキャンペーンにかかる費用の内訳

ここからは、インスタントウィンキャンペーンの実施にかかる大まかな費用の内訳について解説します。

ツールの運用費用

インスタントウィンツールを利用するには、月額数万円から数十万円程度が必要です。

キャンペーン実施にはツールの活用が一般的であり、自動化や効率化だけでなく、UGCの収集や分析にも役立ちます。

なお、インスタントウィンを実施するには、追加料金がかかるツールもあるので注意しましょう。ツールの使用に加え、事前にTwitter社への申請が必要です。

キャンペーンには幅広い業務が関わりますが、キャンペーンツールを利用することで多くの工程を自動化し、効率化することができます

キャンペーンサイト制作費用

キャンペーン専用のWebサイトを作成する場合、サイト制作には費用がかかります。

自社でサイトを作成する場合は、人件費だけで制作可能です。一方、外部委託する場合は、数十万円から数百万円の費用が必要となるでしょう

ツールによっては、サイト制作費用が含まれたり、オプションで追加費用が発生する場合もありますので、事前に確認しておくと安心です。

ツールの利用やキャンペーン内容によっては、全てを委託する必要がある場合もあるため、事前によく確認しておきましょう。

SNS広告費用

キャンペーンの投稿を広告として配信する場合、SNS広告費用が発生します。

Twitterでキャンペーンを広めるためには、「プロモーションツイート」と呼ばれるリツイート促進型の広告が効果的です

例えば、Twitter広告を利用する場合、広告の形式や表示回数によって異なりますが、最低でも1日あたり約5,000円の予算が必要です。

ただし、広告の設定によっては、より効果的な広告を出稿できます。予算に応じた最適な設定を提案してもらえる場合もあるので、比較的調整がしやすい予算と言えるでしょう。

PR費用

SNSキャンペーンを広げるには、PR活動が必要となる場合もあります。

例えば、TwitterではRTで拡散されやすい一方、Instagramではシェア機能がないため、SNS以外の発信が効果的です。

SNSやメルマガでの配信では人件費だけでコストを抑えることができますが、広告掲載やイベント開催などでは費用がかさむ可能性があります

また、インフルエンサーマーケティングを組み合わせて、多くのユーザーにアプローチする場合、インフルエンサーに支払う報酬が必要となります。

景品準備・配送費用

キャンペーンで景品をプレゼントする場合、購入配送に費用がかかります。

景品の購入に関する費用の例は以下の通りです。

Amazonギフト券:1,000円分×100名分=約10万円

家電製品:3万円相当×10名=約30万円

デジタルギフトの場合、当選連絡を自動で行うことができるため、配送にかかる費用は不要です

しかし、自社製品や実物の配送を行う場合には、配送料発送作業に費用がかかります。景品の選定において手間や費用を考慮することが重要です。

おすすめのインスタントウィンツール5選【費用相場】

ここからは、おすすめのインスタントウィンツールを5つ紹介します。

1. OWNLY

OWNLYは、インスタントウィンをはじめとする多彩なSNSキャンペーン・UGC活用を一元管理できるSNSマーケティングツールです。

インスタントウィンに必要とされる機能はすべて備わっており、企画や事務局代行、予算と目標に応じた広告運用最大化もサポートするので、キャンペーン初心者でも安心して利用いただけます。

Twitterはもちろん、Instagram・LINE・TikTokなど15種類以上のキャンペーン施策を行えます。定額費用ですべてのSNSキャンペーンを実施し放題なので、多数のSNSで施策を打ちたいと考えている方におすすめです。

OWNLYは月額10〜30万円程度から定額・無制限でキャンペーンを展開可能です。

SNSマーケティングツールOWNLY

2. ATELU

ATELUは、TwitterやInstagramでのキャンペーンに必要な作業を効率化するクラウドツールです。Twitterキャンペーン、Twitterインスタントウィン、Instagramキャンペーンの3つが用意されています。

キャンペーンに必要な機能は幅広く備わっており、多くの企業導入実績のあるツールです。

SNSマーケティングの戦略立案や運用代行を支援する株式会社コムニコが運営しており、蓄積されたノウハウのもとキャンペーン実施ができるでしょう。

3. giftee for business

giftee for Businessでは、500種類以上の豊富な賞品ラインナップをデジタルギフトとして贈ることができます。

各種ポイントやユーザーが商品を好きに選べる「giftee Box」など、幅広いシーンのギフトを取り揃えており、法人向けデジタルギフトの導入実績も高いです。

TwitterやLINEでのインスタントウィンキャンペーンも実施可能。バリエーション豊かな賞品を選べるので、キャンペーンの賞品を自社以外で用意したい場合に向いています

インスタントウィンでは、基本料金(商品代金・発行手数料)に加えて、オプションとしてシステム費用の200,000円〜が別途かかります。

4. RTWIIN

株式会社NONAME produbeが提供するRTWINは、Twitterのインスタントウィンを実施できるキャンペーンツールです。

柔軟なカスタマイズ性があり、要望や目的に合わせて自由に設定できます。ハッシュタグトリガーやシークレットリプライ、時間差リプライ、当選DMカスタムなど、多彩なオプション機能も利用できます。

複雑なキャンペーンにも対応可能で、他社や競合との差別化を図ったイベントを開催したい場合に最適です。

5. ParkLoT

PARKLoTは、Twitterのインスタントウィンやクーポン配布、スクラッチなど、様々なキャンペーンに対応したツールです。

抽選作業や応募情報の収集、当落結果の連絡など、すべてを自動化することができます。これにより、キャンペーンに集中することができます。

さらに、最短10分でキャンペーンを開始できるため、タイムリーな話題やチャンスを逃さずにPRすることができます。

基本機能に加えて無料オプションも充実しており、商品やサービスの魅力を効率的に広めることができます。月額6万円〜、初期費用10万円と比較的低コストで導入できます。

インスタントウィンキャンペーンの費用を抑えるポイント

インスタントウィンキャンペーンの費用を抑えるには、下記のポイントを心がけましょう。

  • 定額のキャンペーンツールを利用する
  • 費用対効果を高めるツールを選ぶ
  • 自社でデザインやサイト制作を担当する

ここからは、それぞれのポイントについて解説します。

定額のキャンペーンツールを利用する

ツールによっては、オプション料金月額費用が追加されることで、コストがどんどん増えることは珍しくありません。

定額のキャンペーンツールを選べば、契約時に定められた費用以外はかからず、予算管理が容易になります。

さらに、キャンペーンを頻繁に実施するほどお得に利用できるメリットもあります。長期的な視点でコストを削減することができるかどうかも重要です。

自社でデザインやサイト制作を担当する

自社でキャンペーンの特設サイトやバナーデザインを制作すれば、サイト制作費用を低く抑えることが可能です。

ただし、ツールによっては制作費用が利用料に含まれていたり、特設サイトも一緒に委託する場合もありますので、自社で対応する際には事前に確認が必要です。

また、サイト制作にはサーバー代保守費用が発生する場合もあるため、費用やリソース、品質、スピード感などを総合的に考慮して判断することが重要です。

費用対効果を高めるツールを選ぶ

はじめに、キャンペーンにおける機能サポート体制が充実しているかをチェックしましょう。十分な機能が揃っていない場合、かえってキャンペーンの効果が薄くなったり、追加費用がかかったりする可能性があるためです。

さらに、SNSキャンペーンの実績ノウハウが豊富にあるかもチェックポイントです。

過去の導入実績が多く、ノウハウを活かしたサポートを行ってくれるツールを選ぶことで、費用対効果を高めやすくなるでしょう。

自社の施策で最低限必要な機能は何か、費用を抑えられる部分はないかを常に検討しておくことをおすすめします。

■関連記事

【最新版】インスタントウィンツール比較11選!キャンペーン成功事例や費用も解説

インスタントウィンの費用を抑えるならOWNLY

インスタントウィンキャンペーンの費用を抑えつつ成果を上げたいと考えている方は、SNSキャンペーンツール「OWNLY」の利用がおすすめです。

OWNLYでは、TwitterやInstagram、LINE、TikTokなど15種類以上のSNSキャンペーンを「定額」かつ「無制限」で利用いただけます。

オプションによる追加料金で最終的に費用が高くなることもなく、予算に応じた企画のサポート広告運用最適化の提案も可能です。

SNSキャンペーンの導入実績も豊富にあり、SNS運用における幅広いノウハウやデータをもとに、集客や認知拡大、売上アップにつなげます。

OWNLYによるSNSキャンペーンに興味がある方は、見積もりや施策のご相談などから、ぜひお気軽にご相談ください。

SNSマーケティングツールOWNLY

SNSマーケティングのご相談は以下より日程をご調整ください

フォロワーの増加だけで終わらない Twitterキャンペーンの設計

Twitterキャンペーンの基本を解説!

資料をDLする

お知らせを開く

SNSお役立ち資料ダウンロード