<img src="//trace.popin.cc/api/bidder/track/pixel/pageview?tn=f9f2b1ef23fe2759c2cad0953029a94b" width="0" height="0" style="display:none">
X(旧Twitter)の抽選ツール15選!やり方や仕組み・成功させるコツも解説

X(旧Twitter)の抽選ツール15選!やり方や仕組み・成功させるコツも解説

企業がプロモーションの一環としてX(旧Twitter)でプレゼント企画などのキャンペーンを行うことがあります。

しかし、 X(旧Twitter)でのキャンペーン企画を検討していても、抽選方法や仕組みが分かっていない方がいるのではないのでしょうか。

本記事では、X(旧Twitter)の抽選キャンペーンのやり方や仕組みを解説します。抽選キャンペーンをスムーズに行うためのおすすめの抽選ツールも紹介していますので、抽選キャンペーンを活用して目的を達成するために、本記事を参考にしてみてください。

目次

  1. X(旧Twitter)の抽選キャンペーンとは?
    1. X(旧Twitter)の抽選キャンペーンの仕組み
    2. X(旧Twitter)で抽選キャンペーンをするメリット
  2. X(旧Twitter)で抽選キャンペーンのやり方7ステップ
    1. ステップ1.企画の目的と目標を明確にする
    2. ステップ2.抽選の特典内容を決める
    3. ステップ3.抽選方法を決める
    4. ステップ4.キャンペーン告知をする
    5. ステップ5.抽選を行う
    6. ステップ6.当選者を発表する
    7. ステップ7.特典履行を行う
  3. X(旧Twitter)におすすめの抽選ツール12選
    1. おすすめ1.OWNLY
    2. おすすめ2.SocialDog
    3. おすすめ3.Tweetdraw
    4. おすすめ4.抽選ったー
    5. おすすめ5.あたるってぃー
    6. おすすめ6.ATELU
    7. おすすめ7.キャンつく
    8. おすすめ8.あたるぞ
    9. おすすめ9.boite
    10. おすすめ10.BUZZGIFT
    11. おすすめ11.echoes
    12. おすすめ12.RTWIN
  4. X(旧Twitter)抽選ツールの選ぶ時のポイント
    1. ポイント1.商用利用の可否
    2. ポイント2.導入期間
  5. X(旧Twitter)で抽選キャンペーンをする時の注意点
    1. 応募条件・否認条件を明確に提示する
    2. Twitterのガイドラインを確認した上で企画する
  6. まとめ|X(旧Twitter)の抽選ツールは目的に合った選び方を
  7. SNSでサービス認知&ブランディングの向上を目指すなら「OWNLY」がおすすめ

X(旧Twitter)抽選キャンペーンの種類

X(旧Twitter)の抽選キャンペーンとは、名の通りX上で実施する抽選型のキャンペーンのことを指します。

抽選キャンペーンを実施することで、認知度向上やファン育成・獲得、売上アップ、ブランディングなどさまざまな効果が見込めます。

X(旧Twitter)の抽選キャンペーンには、抽選方法が2つあります。

  1. 後日抽選する方法
  2. その場で抽選して発表する方法

自社の目的や目指す目標によってどちらを採用すべきかは変わり、利用すべきツールも異なります。

まずは、抽選方法の違いについて見ていきましょう。

1. 後日抽選する方法

期間中に応募した人の中から、後日抽選して当選発表する方法です。

後日抽選の場合は、運営側が当選者を選定することもできるので、目的に合ったターゲットの選定も可能です。

たとえば、フォロワーを多く抱えており拡散力が高いユーザを当選させたり、普段からアクティブ率が高く発信が多いユーザーなどを選べます。

ただし、応募人数や当選人数が多い場合は、手動での抽選作業がやや大変な点がデメリットです。

規模が小さいキャンペーンや、フォトコンテスト形式のキャンペーン、アンバサダーを選定する施策などに向いているでしょう。

2. その場で抽選して発表する方法

ユーザーが応募すると、その場で抽選され自動で当選結果が分かる方法です。

応募してすぐに結果が分かるため、当落結果を待つ必要がなくなり、ユーザーが気軽に参加しやすいというメリットがあります。

さらに、運営側にとっては抽選作業や当選連絡などの事務局業務を自動化できるようになり、毎日参加OKなどキャンペーンの幅を大きく広げられるのも魅力です。

その場で抽選する方法は「インスタントウィン」と呼ばれ、リポストキャンペーンやハッシュタグキャンペーン、リプライキャンペーンなど多様な施策に対応できます。

■関連記事

Twitterインスタントウィンとは?キャンペーンのやり方や成功事例、費用相場


 拡散効果が高くて簡単に実施できる「インスタントウィンキャンペーン」を実施したいとお考えの方は、以下の資料をぜひチェックしてみてください。

  • SNSキャンペーンの実施を検討している
  • SNSをマーケティングに活用したい
  • OWNLYの機能や強み、活用シーンが知りたい

上記に当てはまる方は、まずは以下の資料を無料でダウンロードしてみてください。

OWNLY インスタントウィンキャンペーン


企業公式X(旧Twitter)アカウントの運用における始め方と注意点から、X(旧Twitter)の運用効果の具体的な測定方法を解説しています。

  • 興味を持ってもらえるプロフィールを作りたい
  • 投稿が見てほしいターゲット層に届かない
  • 企業公式アカウントの運用における始め方と注意点が分からない

上記でお悩みの方は是非ご参考ください。

Twitter企業アカウントの運⽤で効果を出す13ポイント

X(旧Twitter)におすすめの抽選ツール15選

X(旧Twitter)で抽選キャンペーンを行う際は、ツールを使うことで当選者を選ぶ時間の短縮や効果的な分析が行えます。

OWNLY
  • Xをはじめ複数の主要なSNSキャンペーンを定額で実施し放題
  • UGCの収集・活用やクリエイティブ制作、広告運用最適化、施策立案支援、キャンペーン事務局代行に対応
SocialDog
  • 運用・効率化・自動化・分析・アカウント管理などSNSマーケティングに必要な機能を網羅
  • 効果的なキャンペーン投稿作成や、応募者データを抽出・抽選、キャンペーン実施結果を分析できる
あたるってぃー
  • ほぼすべての機能を無料で利用できる抽選ツール
  • リプライ抽選機能や引用抽選機能は有料の「パトロン」で料金を支払う必要がある
ATELU
  • X(Twitter)とInstagramのキャンペーンに対応
  • クリエイティブ制作や景品発送代行、広告運用代行などのオプションも提供されている
キャンつく
  • 後日発表ではなくその場で抽選できるインスタントウィンに対応
  • キャンペーン全体を相談できる「まるっとおまかせプラン」も用意されている
あたるぞ
  • 法人・営利目的の場合はワンショット15,000円(税別)
  • 1週間以上の長期的なキャンペーンや大規模なキャンペーンにも対応している
デジコ
  • 6,000種類以上の賞品や電子マネーに交換できるデジタルギフトサービス
  • 即日納品や後払いにも対応しており、インスタントウィンキャンペーンを実施できる
echoes
  • キャンペーン管理・自動化やUGC収集・検索・活用、投稿・クリエイティブ管理に対応
  • 専任のカスタマーサクセス担当がサポート
INSTANT TWIN
  • Xのインスタントウィンに特化した抽選ツールで、全体設計から実施、効果測定に至るまで業界最安で提供
  • オリジナリティのあるグッズ制作も可能
giftee for Business
  • 500種類以上の豊富な賞品ラインナップをデジタルギフトとして贈れる
  • インスタントウィンを実施するにはオプションとしてシステム費用の別途20万円~が必要になる
Icolor
  • スロット、ガラポン、クレーンゲーム、スゴロク、迷路パズルなどのゲーム型キャンペーンを実施できる
  • 利用率アップやファン獲得の効果が見込める
Shuttlerock BBF for X
  • 抽選結果がすぐにわかるインスタントウィンが実施できる
  • 企画立案、運営サポート、トラブル対応、事務局対応などに対応しており、専属の担当者がトータルサポート
Booster
  • 主要なSNSに対応しておりインスタントウィンに対応
  • キャンペーン専用なシンプルなLPや特設ページを自動生成できる
PARKLoT
  • 定額プランなら完全無制限でキャンペーンを実施できる
  • 最短10分でキャンペーンを開始できる
パルディア
  • 各分野のスペシャリストにキャンペーンを丸っとお任せできる
  • SNS運用や広告運用などにも対応している

以下では、無料で使用できる期間やプランがある、おすすめのX(旧Twitter)抽選ツールについてご紹介します。

1. OWNLY|スマートシェア株式会社

スクリーンショット 2024-04-10 12.48.31

OWNLYは様々なX(旧Twitter)キャンペーン・X(旧Twitter)運用手法に対応しているキャンペーンツールです。

OWNLYでは絞り込み機能を活用し、当選者の抽選の他にもグルーピングが可能です。また抽選機能だけでなく抽選に至るまでのキャンペーンを一括で管理できます。

OWNLYでできる項目は以下です。

スクリーンショット 2024-04-11 11.05.52

抽選機能以外にも、OWNLYでは15種類以上のX(旧Twitter)キャンペーンが無制限に利用可能で、キャンペーンに欠かせないUGCの収集から活用までをワンツールで実現できます。

企業のSNS活用の企画から実行をご検討の方はぜひご確認ください。

詳しいサービス概要は以下の資料から確認できます。お気軽にダウンロードください。

SNSマーケティングツールOWNLY

2. SocialDog|株式会社SocialDog

SocialDogX(旧Twitter)の分析を行う際に便利なツールです。分析やアカウント管理などのX(旧Twitter)のマーケティングに必要な機能が揃っています。

効果的なキャンペーン投稿の作成や、応募者データの抽出・抽選、キャンペーン実施結果の分析など、Xキャンペーンに必要な機能が備わっているのも特徴です。

7日間無料で使用できるため、自社のアカウントに適切なツールかどうかの見極めが可能です。企業には機能制限が無いビジネスプランがおすすめです。

■料金プラン

要問合せ

3. あたるってぃー

あたるってぃーは全ての機能が無料で利用できる抽選ツールです。自身のX(旧Twitter)アカウントを連携させることで利用可能になります。

機能制限がありますが、データ蓄積機能というデータを定期的に取得するといいねやRTの制限をある程度無視できる点が特徴です。

■料金プラン

無料

4. ATELU|株式会社コムニコ

ATELUは、X(旧Twitter)とInstagramでのキャンペーン実施に必要な機能が備わった抽選ツールです。取得できるデータが10万件と大規模なキャンペーンにも対応できます。

応募収集や抽選作業の自動化、当選連絡の自動配信、簡易レポートの自動生成などに対応しており、キャンペーン実施にかかる担当者の負担を軽減可能です。

加えて、当選者にDMを100通まで一括で送信可能です。費用は月額利用と1回ごとの利用が選べます。

オプションとしては、キャンペーン用クリエイティブの作成、カンバセーションボタンの作成、景品発送代行、広告運用代行、ギフトコードの販売などにも対応しています。

■料金プラン

要問合せ

5. キャンつく|株式会社ピクルス

キャンつくは、後日発表ではなくその場で抽選が可能なツールです。操作がしやすい管理画面が用意されており、抽選ツールを使うのが初めての方にもおすすめです。

キャンペーンに必要なクリエイティブの作成も依頼可能です。費用は通常版とライト版が用意されていて、ライト版は通常版より費用を約10万円抑えられます。

6. あたるぞ

あたるぞは、無料抽選ツールあたれらの後継サービスとして生まれた抽選ツールです。従来のあたれらは無料で利用可能ですが、短期間で個人のキャンペーンにしか利用できません。

後継サービスのあたるぞは、有料ですが比較的安価な料金で1週間以上の長期間キャンペーンや大規模なキャンペーンに対応しており、法人利用も可能です。

7. デジコ|株式会社DIGITALIO

デジコは、6,000種類以上の賞品や電子マネーに交換できるデジタルギフトサービスです。即日納品・後払いが可能で、最短2日で1円券1枚から発行可能

デジタルギフトの提供をメインとするサービスですが、オプションでX(旧Twitter)キャンペーンを実施でき、インスタントウィンにも対応しています。

キャンペーンの実施はすべて任せられるので、キャンペーンに慣れていない方でも安心。ユーザーが好きなギフトを自由に選ぶこともでき、ユーザー属性にとらわれないアプローチが行えます

デジコでのキャンペーン利用料金はプランや内容によって異なるので、ホームページからお問い合わせください。

8. echoes|アライドアーキテクツ株式会社

echoesは抽選ツールとして利用するだけでなく、専門的なキャンペーンの設計依頼が可能な点が特徴のツールです。

抽選機能やリツイートの収集、アカウント運用などのX(旧Twitter)を利用したマーケティングに関する様々な問題に対応できる機能があります。echoesの導入のみで様々な問題を解決できます。

9. INSTANT TWIN|株式会社トランス

INSTANT TWINは、その場で当落が分かるXのインスタントウィンキャンペーンの全体設計から実施、効果測定までワンストップで支援するサービスです。

応募・抽選・当落結果まですべて自動化しているので格安で実施できるだけでなく、キャンペーン賞品もワンストップで対応できます。

デジタルギフトや共通クーポン、ユニークコードなどにも対応しているので、当選者にその場で景品を付与できるキャンペーンを実施可能です。

10. giftee for Business

giftee for Businessでは、500種類以上の豊富な賞品ラインナップをデジタルギフトとして贈ることができます。

各種ポイントやユーザーが商品を好きに選べる「giftee Box」など、幅広いシーンのギフトを取り揃えており、法人向けデジタルギフトの導入実績も高いです。

X(旧Twitter)やLINEでのインスタントウィンキャンペーンも実施可能。バリエーション豊かな賞品を選べるので、キャンペーンの賞品を自社以外で用意したい場合に向いています。

その場で抽選できるインスタントウィンでは、基本料金(商品代金・発行手数料)に加えて、オプションとしてシステム費用の200,000円〜が別途かかります。

11. Icolor|株式会社アイカラー

Icolorは、株式会社アイカラーが提供する、その場ですぐに当落結果が分かるインスタントウィンキャンペーンに特化したSNSキャンペーンツールです。

スロットやガラポン、クレーンゲームなどのゲームを選択でき、ユーザーが楽しみながらキャンペーンに参加できるため、利用率アップを図れます。

他にもスゴロクや迷路パズルなどのブラウザゲームを活用し、ウェブサイトに訪れたWebユーザーを囲い込み、リピート率を向上できる点が魅力です。

ゲーム性の高いキャンペーンの利用を検討している方に適したキャンペーンツールです。

12. Shuttlerock BBF for X|シャトルロックジャパン株式会社

Shuttlerock BBF for Xは、抽選結果がすぐにわかる即時抽選キャンペーンで、目的に合わせた施策が展開できるキャンペーンツールです。

キャンペーンの企画立案から運営のサポート、事務局対応、トラブル対応専属の担当者にキャンペーンをトータルサポートしてもらえます。

キャンペーンツールだけでなく、景品手配や発送などの代行を依頼することもできます。月額5万円と低コストで実施できるので、まずは試しに実施してみたいという場合にもおすすめです。

13. Booster|ダウジャパン株式会社

Boosterは、企業やブランド、クリエイター向けの誰でも簡単にSNSキャンペーンが実施できる運用ツールです。

X(Twitter)だけでなく、InstagramやLINE、YouTubeなど主要なSNSにも対応しており、すべてのキャンペーンがインスタントウィンに対応しています。

専用のキャンペーンページやランダム抽選、当選フィルター、ギフト発送まで、キャンペーン開催や運用に必要な機能がすべて備わっていることも特徴です。

また、シンプルなキャンペーン用のランディングページが自動生成されるので、自分たちでキャンペーンを作る必要はありません。

14. PARKLoT| 株式会社X-HACK

PARKLoTは、インスタントウィンやクーポン配布、UGC活用などさまざまなSNSキャンペーンが実施できるSNSキャンペーンツールです。

抽選作業や応募情報の収集、当選結果の連絡などすべての作業を自動化でき、最短10分でキャンペーンを開始できます。

定額プランなら完全無制限でキャンペーンが実施できるので、チャンスを逃さず商品やサービスのPRにつなげられるのもメリットです。

また、月額制で何回も実施できるので改善・追加が何回も可能で、効果的なキャンペーンを実施できるため、LTVが最大化します。

15. パルディア|株式会社パルディア

パルディアは、キャンペーン事務局の運営や企画サポートやLP製作・広告配信・キャンペーン終了後のレポート集計作業まで、あらゆる作業を依頼できるツールです。

X(旧Twitter)やInstagram、LINE、TikTokなどあらゆるキャンペーンに対応しており、問い合わせ対応や当選配信、景品発送などスポットの対応も可能です。

LP・バナー・ハガキ・店頭ツールなどのクリエイティブ制作や、事務局運用体制・運用フローの構築、広告運用など細かなサポートまで提供しているので、キャンペーン初心者の方でも安心して依頼できるでしょう。

X(旧Twitter)抽選ツールの選ぶ時のポイント

X(旧Twitter)の抽選ツールは細かな機能や特徴は異なり、目的やターゲットに応じて、導入コストや使いやすさ・それぞれのサービス内容を把握する必要があります。

以下ではX(旧Twitter)抽選ツールを選ぶ時の2つのポイントを解説します。

1. 商用利用できるか

抽選ツールは商用利用の可否が選ぶ時の重要な基準の一つです。

商用利用できない場合は、商品やサービスのプロモーションを目的としたキャンペーン利用ができません。

Xの抽選ツールは多くの種類がありますが、中には商用利用できないツールも存在します。

あらかじめ利用規約を読んで商用利用の可否を確認しておきましょう。

とくに、無料の抽選ツールの場合は事前に確認しましょう。無料ツールでは、有料プランへの切り替えや自己責任での利用を勧められるケースがあります。

2. 導入期間はどれくらいか

抽選ツールは導入にかかる期間が短い方がおすすめです。一回きりのキャンペーンや急なキャンペーンの実施も可能になります。

一般的には2週間から1ヶ月ほど導入にかかりますが、数日で導入できるツールもあります。ツールを選ぶ時は導入期間もチェックしておきましょう。

3. 機能の範囲は幅広いか

X(旧Twitter)の抽選ツールによって、対応できることや機能は大きく異なります

たとえば、インスタントウィンに対応しているツールや、事務局代行のみ対応するツール、導入から運用までトータルサポートするツールなどさまざまです。

キャンペーンを運用するにあたり、必要な機能サポート体制をチェックしたうえで、自社にとって最適なツールを選定しましょう

4. 操作性は分かりやすいか

Xの抽選ツールを導入しても、機能や操作が分かりづらいと使いこなせない可能性があります。

ツールの中には、簡単に操作でき、使いこなすまでの時間を短縮することが可能です。そうすれば、キャンペーン実行に向けた準備をスムーズに進められるでしょう。

抽選ツールが持つ効果を引き出せることで、キャンペーンを実施する効果が高まります。

また、操作が分からなくなったときのマニュアルやサポートが用意されているかもチェックするといいでしょう。サポート体制については次の見出しで後述しています。

5. サポート体制は整っているか

キャンペーンの実行に不慣れな場合は、サポート体制が整っているかどうかをチェックしましょう。

使い方や操作性のサポート、キャンペーン企画の立案、クリエイティブ制作、改善施策の提案やレポート作成などの体制が整っているかどうかチェックしましょう。

キャンペーンに関するノウハウが少なくても適切に実施しやすく、成果に結びつきやすくなるでしょう。

X(旧Twitter)で抽選キャンペーンのやり方|7ステップ

X(旧Twitter)で抽選キャンペーンを初めて行うという方は実施の手順など、イメージがつきにくいのではないでしょうか。

以下では7つのステップに分けて、X(旧Twitter)の抽選キャンペーンのやり方を解説します。

1.企画の目的と目標を明確にする

フォロワー参加型の抽選キャンペーンを行う際は企画の先にどのような目的と目標を設定しているかが重要になります。

目的と目標を設定していないと、特典として用意した商品やサービスに対しての意味がなくなってしまい、費用のみがかかる結果となってしまいます。

2.抽選の特典内容を決める

多くのユーザーに参加してもらうには特典内容が重要になります。

ユーザーが参加したいと思うような特典でなければ、キャンペーンを実施したとしても目的達成が難しくなります。ターゲットとしているユーザーのニーズを把握した上で特典内容を検討しましょう。

3.抽選方法を決める

X(旧Twitter)での抽選方法は大きく二つのパターンがあります。

1つ目は抽選を行い、後日当選結果をX(旧Twitter)や他SNSなどで発表するパターンです。主催者側が抽選者を決定できるので、自社のキャンペーンに貢献してくれそうな人を当選者にできます。

2つ目は抽選を行った時すぐに結果が出るパターンです。後日発表するパターンと比べて、抽選する手間が省けるためキャンペーンの工数が少なく抑えられる点がメリットです。

4.キャンペーン告知をする

自社のX(旧Twitter)アカウントやホームページで事前にキャンペーン告知を行っておきましょう。

ターゲットとなるユーザーを集めるためには、告知内容に参加条件を明確に記載しておくことが重要です。

5.抽選を行う

事前に選択した抽選方法で抽選を実施しましょう。

公平性が保たれるように行うこともキャンペーン実施においては重要なポイントです。

6.当選者を発表する

当選発表は自社アカウントのX(旧Twitter)で行いましょう。自社アカウントで発表することで主催企業の信用に繋がります。

参加者からの信用は次回以降のキャンペーン企画の集客に大きく影響します。

7.特典履行を行う

特典履行までがスムーズであると、当選者の信用度が上がり、リピートに繋がりやすくなります。

当選者に特典履行後、証明の投稿をしてもらうなどの工夫をすることで落選者の信用度を上げることができます。無理のない範囲で当選者に協力してもらいましょう。

以下の資料では、X(旧Twitter)の企業アカウントで企業担当者の方が知っておくべきポイントを解説しています。

X(旧Twitter)抽選キャンペーンを成功させるコツ

X(旧Twitter)抽選キャンペーンを成功させるには、下記のコツを意識しましょう。

リポストやいいねを条件にアクションを増やす

X(旧Twitter)のリポストやいいねを条件にすることで、エンゲージメント率インプレッションを大幅に増やすことができます。

ユーザーからのアクションを増やせば、認知拡大やフォロワー獲得、売上アップにつなげることが可能です

X(旧Twitter)の抽選キャンペーンを通じて、商品購入認知拡大への導線をつくることもできるでしょう。

参加者にメリットや価値を提供する

X(旧Twitter)抽選キャンペーンを成功させるには、より多くのユーザーに参加するメリットを感じてもらうことが大切です

魅力的な景品を用意したり、参加する価値があると思わせられるような企画をすることで、ユーザーに注目されやすくなるでしょう。

「どのようなキャンペーンを行うべきか分からない」という方は、下記の資料からX(旧Twitter)キャンペーンの成功事例をぜひチェックしてみてください。

データで定量的な分析をおこなう

X(旧Twitter)キャンペーンにかかわらず、X(旧Twitter)を運用する際は、ツールなどを活用してデータ分析を行うことも必要不可欠です

あらかじめキャンペーンの目標を定めて、効果測定をおこないましょう。

また効果測定を通じて、今後のマーケティングに活かせるよう改善を行うことも欠かせません。

X(旧Twitter)で抽選キャンペーンをする時の注意点

X(旧Twitter)で抽選キャンペーンをする時は以下の点に注意して開催しましょう。誤った方法の場合、効率的な抽選キャンペーンを行えない可能性が高まるため事前にチェックしておきましょう。

応募条件・否認条件を明確に提示する

抽選キャンペーン参加の条件や否認条件を明確に提示していない場合、ユーザーは参加ができるのか戸惑ってしまい参加人数の減少に繋がるため注意しましょう。

参加人数を多く獲得する時はキャンペーンに簡単に応募できるか、ユーザーが気軽に参加しやすい企画であるかどうかが重要です。

複数アカウントや鍵垢は無効にする

X(旧Twitter)キャンペーンを実施するときは、複数アカウントの参加や鍵アカウントでの応募は無効にしましょう

複数アカウントで応募することはX(旧Twitter)キャンペーン規約によって禁じられています。また、鍵アカウントはそもそも抽選することができません。

キャンペーンの応募規約を作成する際に、複数アカウントや鍵アカウントからの応募は無効である旨を記載しておくことをおすすめします

■関連記事

Twitterキャンペーンの応募規約とは?必要性や作り方を解説

X(旧Twitter)のガイドラインを確認した上で企画する

X(旧Twitter)ではキャンペーンの実施についてのガイドラインが定められています。定められている内容を把握した上で抽選キャンペーンを開催しましょう。

具体的には以下の項目が定められています。

  • 複数アカウントを作成させない
  • 繰り返し同じ投稿をさせない
  • ポストを条件とする場合、自社のユーザー名を投稿に含めてもらう
  • キャンペーンに関連する話題を盛り込むように推奨する

上記でお悩みの方は是非ご参考ください。

以下の資料では、X(旧Twitter)上でキャンペーン施策を行う際に押さえておきたいポイントを事例を確認できます。

今後X(旧Twitter)におけるフォロー&リツイートキャンペーンをご検討中の方は是非ご確認ください。

Twitter企業アカウントの運⽤で効果を出す13ポイント

まとめ|X(旧Twitter)の抽選ツールは目的に合った選び方を

X(旧Twitter)の抽選キャンペーンを行う際は目的に合ったツールを選ぶことが大切です。

抽選キャンペーンは、自社のアカウントを広く知ってもらうきっかけにもなるので、フォロワー数の増加や商品の売上向上などの目的を達成したい方は積極的に実施しましょう。

抽選ツールには様々な特徴があり、自社のキャンペーン内容実施期間など機能の詳細をチェックした上で選ぶと、効果的なキャンペーンの実施が可能になります。

本記事でご紹介した注意点を意識しながら抽選ツールを選び、ぜひ自社の目標のために活用してみてください。

SNSでサービス認知&ブランディングの向上を目指すなら「OWNLY」がおすすめ

SNSを活用したキャンペーンを実施するならSNSマーケティングツールの「OWNLY」がおすすめです。

スクリーンショット 2024-04-10 12.48.31

OWNLY累計26,000件以上、通算940ブランドのSNSキャンペーン実施の実績から、御社にピッタリのSNSマーケティング施策をご提案します。

OWNLYを活用しSNSキャンペーンを行うメリットは以下の4つです。

  1. 15種類以上のキャンペーンを定額・回数無制限で実施可能
  2. SNSキャンペーンとUGCの活用を一括管理可能
  3. X(旧Twitter)/LINE/Instagramなど幅広いプラットフォームに対応
  4. 初めてでも大丈夫!SNS施策の企画〜実行までを伴走

OWNLYの詳しいサービス概要は以下の資料から確認いただけます。下記フォームに必要項目を入力していただくと、担当者より資料をお送りさせていただきます。

今後SNSでのマーケティング施策をご検討中の方は是非ご参考ください。

新規CTA

 

Twitterお役立ち資料ダウンロード

Twitterのお役立ち資料がまとめてダウンロードできます。

資料をDLする

お知らせを開く

Twitterお役立ち資料ダウンロード