catch-img

Twitter抽選ツールのおすすめ12選を紹介!キャンペーンのやり方や仕組みを徹底解説

企業がプロモーションの一環としてTwitterでプレゼント企画などのキャンペーンを行うことがあります。

しかし、 Twitterでのキャンペーン企画を検討していても、抽選方法や仕組みが分かっていない方がいるのではないのでしょうか。

本記事では、Twitterの抽選キャンペーンのやり方や仕組みを解説します。抽選キャンペーンをスムーズに行うためのおすすめの抽選ツールも紹介していますので、抽選キャンペーンを活用して目的を達成するために、本記事を参考にしてみてください。

目次[非表示]

  1. 1.Twitterの抽選キャンペーンとは?
    1. 1.1.Twitterの抽選キャンペーンの仕組み
    2. 1.2.Twitterで抽選キャンペーンをするメリット
  2. 2.Twitterで抽選キャンペーンのやり方7ステップ
    1. 2.1.ステップ1.企画の目的と目標を明確にする
    2. 2.2.ステップ2.抽選の特典内容を決める
    3. 2.3.ステップ3.抽選方法を決める
    4. 2.4.ステップ4.キャンペーン告知をする
    5. 2.5.ステップ5.抽選を行う
    6. 2.6.ステップ6.当選者を発表する
    7. 2.7.ステップ7.特典履行を行う
  3. 3.Twitterにおすすめの抽選ツール12選
    1. 3.1.おすすめ1.OWNLY
    2. 3.2.おすすめ2.SocialDog
    3. 3.3.おすすめ3.Tweetdraw
    4. 3.4.おすすめ4.抽選ったー
    5. 3.5.おすすめ5.あたるってぃー
    6. 3.6.おすすめ6.ATELU
    7. 3.7.おすすめ7.キャンつく
    8. 3.8.おすすめ8.あたるぞ
    9. 3.9.おすすめ9.boite
    10. 3.10.おすすめ10.BUZZGIFT
    11. 3.11.おすすめ11.echoes
    12. 3.12.おすすめ12.RTWIN
  4. 4.Twitter抽選ツールの選ぶ時のポイント
    1. 4.1.ポイント1.商用利用の可否
    2. 4.2.ポイント2.導入期間
  5. 5.Twitterで抽選キャンペーンをする時の注意点
    1. 5.1.応募条件・否認条件を明確に提示する
    2. 5.2.Twitterのガイドラインを確認した上で企画する
  6. 6.まとめ|Twitterの抽選ツールは目的に合った選び方を
  7. 7.SNSでサービス認知&ブランディングの向上を目指すなら「OWNLY」がおすすめ

Twitterの抽選キャンペーンとは?

Twitterの抽選キャンペーンとは企業の商品、サービスの認知度向上や自社アカウントのフォロワー増加などの目的を達成するために実施するTwitter上のキャンペーンを指します。

Twitterの抽選キャンペーンの開催を検討する際に、企業側が把握するべき仕組みとメリットをご紹介します。

Twitterの抽選キャンペーンの仕組み

Twitterの抽選キャンペーンは目的によって参加条件を変えて、効果が上がるような仕組みが重要です。

抽選キャンペーンはフォロワーがお得なサービスや商品を手に入れられる代わりに、自社のメリットとなる内容を条件に入れましょう。

抽選に参加する条件を自社の目的と重ねた仕組みにすると、抽選キャンペーンの効果は大きく発揮されます。

Twitterで抽選キャンペーンをするメリット

Twitterは拡散力が強いプラットフォームのため、参加する人数が増えるほど多くの人にキャンペーンを見てもらえます。

例えば、リツイートを条件に入れることで、キャンペーン実施に伴う新規フォロワーの獲得や認知度の向上が見込めます。

Twitterを活用したキャンペーンはツイートとツールの導入費用のみで実施可能なため、一般的な宣伝広告と比べて宣伝費用を抑えられる点もメリットと言えるでしょう。

以下の資料では、Twitter上でキャンペーン施策を行う際の設計手順・注意事項を中心に、キャンペーンから自社サービスへの遷移率を高める方法を解説。

SNS運用担当者様や広告代理店様は、ぜひ資料をご参考ください。


Twitterで抽選キャンペーンのやり方7ステップ

Twitterで抽選キャンペーンを初めて行うという方は実施の手順など、イメージがつきにくいのではないでしょうか。

以下では7つのステップに分けて、Twitterの抽選キャンペーンのやり方を解説します。

ステップ1.企画の目的と目標を明確にする

フォロワー参加型の抽選キャンペーンを行う際は企画の先にどのような目的と目標を設定しているかが重要になります。

目的と目標を設定していないと、特典として用意した商品やサービスに対しての意味がなくなってしまい、費用のみがかかる結果となってしまいます。

ステップ2.抽選の特典内容を決める

多くのユーザーに参加してもらうには特典内容が重要になります。

ユーザーが参加したいと思うような特典でなければ、キャンペーンを実施したとしても目的達成が難しくなります。ターゲットとしているユーザーのニーズを把握した上で特典内容を検討しましょう。

ステップ3.抽選方法を決める

Twitterでの抽選方法は大きく二つのパターンがあります。

1つ目は抽選を行い、後日当選結果をTwitterや他SNSなどで発表するパターンです。主催者側が抽選者を決定できるので、自社のキャンペーンに貢献してくれそうな人を当選者にできます。

2つ目は抽選を行った時すぐに結果が出るパターンです。後日発表するパターンと比べて、抽選する手間が省けるためキャンペーンの工数が少なく抑えられる点がメリットです。

ステップ4.キャンペーン告知をする

自社のTwitterアカウントやホームページで事前にキャンペーンの行っておきましょう。

ターゲットとなるユーザーを集めるためには、告知内容に参加条件を明確に記載しておくことが重要です。

ステップ5.抽選を行う

事前に選択した抽選方法で抽選を実施しましょう。

公平性が保たれるように行うこともキャンペーン実施においては重要なポイントです。

ステップ6.当選者を発表する

当選発表は自社アカウントのツイートで行いましょう。自社アカウントで発表することで主催企業の信用に繋がります。

参加者からの信用は次回以降のキャンペーン企画の集客に大きく影響します。

ステップ7.特典履行を行う

特典履行までがスムーズであると、当選者の信用度が上がり、リピートに繋がりやすくなります。

当選者に特典履行後、証明のツイートをしてもらうなどの工夫をすることで落選者の信用度を上げることができます。無理のない範囲で当選者に協力してもらいましょう。

以下の資料では、Twitterの企業アカウントで企業担当者の方が知っておくべきポイントを解説しています。

企業公式Twitterアカウントの運用における始め方と注意点から、Twitterの運用効果の具体的な測定方法を解説しています。

  • 興味を持ってもらえるプロフィールを作りたい
  • 投稿が見てほしいターゲット層に届かない
  • 企業公式アカウントの運用における始め方と注意点が分からない

上記でお悩みの方は是非ご参考ください。


Twitterにおすすめの抽選ツール12選

Twitterで抽選キャンペーンを行う際は、ツールを使うことで当選者を選ぶ時間の短縮や効果的な分析が行えます。

以下では、無料で使用できる期間やプランがある、おすすめのTwitter抽選ツールについてご紹介します。

おすすめ1.OWNLY

OWNLYは様々なTwitterキャンペーン・Twitter運用手法に対応しているキャンペーンツールです。

OWNLYでは絞り込み機能を活用し、当選者の抽選の他にもグルーピングが可能です。また抽選機能だけでなく抽選に至るまでのキャンペーンを一括で管理できます。

OWNLYでできる項目は以下です。

抽選機能以外にも、OWNLYでは15種類以上のTwitterキャンペーンが無制限に利用可能で、キャンペーンに欠かせないUGCの収集から活用までをワンツールで実現できます。

企業のSNS活用の企画から実行をご検討の方はぜひご確認ください。

詳しいサービス概要は以下の資料から確認できます。お気軽にダウンロードください。


おすすめ2.SocialDog

SocialDogはTwitterの分析を行う際に便利なツールです。分析やアカウント管理などのTwitterのマーケティングに必要な機能が揃っています。

7日間無料で使用できるため、自社のアカウントに適切なツールかどうかの見極めが可能です。企業には機能制限が無いビジネスプランがおすすめです。

おすすめ3.Tweetdraw

Tweetdrawは抽選ツイートやアカウントを入力して、ボタンを押すと自動的に当選者を選んでくれるツールです。

Tweetdrawは初期・月額費用ともに無料で提供しているツールなので、手軽に導入できる点が特徴です。

おすすめ4.抽選ったー

抽選ったーはプランによっては無料で使える抽選ツールです。しかし、無料プランは機能制限があるため、規模の小さいキャンペーンに適しています。

抽選キャンペーンへの応募総数が5,000件を超える場合と、リツイートやハッシュタグから応募ツイートを検索したい場合などは機能制限が無い有料プランがおすすめです。

おすすめ5.あたるってぃー

あたるってぃーは全ての機能が無料で利用できる抽選ツールです。自身のTwitterアカウントを連携させることで利用可能になります。

機能制限がありますが、データ蓄積機能というデータを定期的に取得するといいねやRTの制限をある程度無視できる点が特徴です。

おすすめ6.ATELU

Twitterの抽選ツールには無料のものが比較的多いですが、ATELUは有料の抽選ツールです。しかし、ATELUであれば取得できるデータが10万件と大規模なキャンペーンにも対応できる点が特徴です。

加えて、当選者にDMを100通まで一括で送信可能です。費用は月額利用と1回ごとの利用が選べます。

おすすめ7.キャンつく

キャンつくは、後日発表ではなくその場で抽選が可能なツールです。操作がしやすい管理画面が用意されており、抽選ツールを使うのが初めての方にもおすすめです。

キャンペーンに必要なクリエイティブの作成も依頼可能です。費用は通常版とライト版が用意されていて、ライト版は通常版より費用を約10万円抑えられます。

おすすめ8.あたるぞ


あたるぞは、無料抽選ツールあたれらの後継サービスとして生まれた抽選ツールです。従来のあたれらは無料で利用可能ですが、短期間で個人のキャンペーンにしか利用できません。

後継サービスのあたるぞは、有料ですが比較的安価な料金で1週間以上の長期間キャンペーンや大規模なキャンペーンに対応しており、法人利用も可能です。

おすすめ9.boite

boiteはTwitterでのキャンペーンの効果を可視化することが出来る抽選ツールです。boiteではチャットボットの利用やエンゲージメントの分析、その場での抽選などの機能が揃っています。

チャットボットは他のツールには無い独自の機能であり、コミュニケーションを取れるためキャンペーンの参加ユーザーの興味の獲得や理解度の向上が期待できます。

おすすめ10.BUZZGIFT

BUZZGIFTは比較的低コストな抽選ツールで、6,000以上のデジタルギフトや自社クーポンが用意されていることが特徴です。

抽選機能も使いやすさが感じられて、キャンペーン特典の複数設定や当選確率の設定、すでに当選したユーザーの二度当て防止機能などがある多機能なツールが揃っているのが特徴です。

おすすめ11.echoes

echoesは抽選ツールとして利用するだけでなく、専門的なキャンペーンの設計依頼が可能な点が特徴のツールです。

抽選機能やリツイートの収集、アカウント運用などのTwitterを利用したマーケティングに関する様々な問題に対応できる機能があります。echoesの導入のみで様々な問題を解決できます。

おすすめ12.RTWIN

RTWINは抽選キャンペーンのツイートから当選のお知らせまでを自動化する機能が備わっているため、キャンペーン開催の手間を減らすことが可能です。

不正参加防止機能や当選確率の変更なども可能なため、人的コストを抑えたTwitterの抽選キャンペーンを行う場合に便利なツールです。

Twitter抽選ツールの選ぶ時のポイント

Twitterの抽選ツールは細かな機能や特徴は異なり、目的やターゲットに応じて、導入コストや使いやすさ・それぞれのサービス内容を把握する必要があります。

以下ではTwitter抽選ツールを選ぶ時の2つのポイントを解説します。

ポイント1.商用利用の可否

抽選ツールは商用利用の可否が選ぶ時の重要な基準の一つです。商用利用できない場合は、商品やサービスのプロモーションを目的としたキャンペーン利用ができません。

利用規約を読んで商用利用の可否を確認しておきましょう。

ポイント2.導入期間

抽選ツールは導入にかかる期間が短い方がおすすめです。一回きりのキャンペーンや急なキャンペーンの実施も可能になります。

一般的には2週間から1ヶ月ほど導入にかかりますが、数日で導入できるツールもあります。ツールを選ぶ時は導入期間もチェックしておきましょう。

Twitterで抽選キャンペーンをする時の注意点

Twitterで抽選キャンペーンをする時は以下の点に注意して開催しましょう。誤った方法の場合、効率的な抽選キャンペーンを行えない可能性が高まるため事前にチェックしておきましょう。

応募条件・否認条件を明確に提示する

抽選キャンペーン参加の条件や否認条件を明確に提示していない場合、ユーザーは参加ができるのか戸惑ってしまい参加人数の減少に繋がるため注意しましょう。

参加人数を多く獲得する時はキャンペーンに簡単に応募できるか、ユーザーが気軽に参加しやすい企画であるかどうかが重要です。

Twitterのガイドラインを確認した上で企画する

Twitterではキャンペーンの実施についてのガイドラインが定められています。定められている内容を把握した上で抽選キャンペーンを開催しましょう。

具体的には以下の項目が定められています。

  • 複数アカウントを作成させない
  • 繰り返し同じツイートをさせない
  • ツイートを条件とする場合、自社のユーザー名をツイートに含めてもらう
  • キャンペーンに関連する話題を盛り込むように推奨する

上記でお悩みの方は是非ご参考ください。

以下の資料では、Twitter上でキャンペーン施策を行う際に押さえておきたいポイントを事例を確認できます。

今後Twitterにおけるフォロー&リツイートキャンペーンをご検討中の方は是非ご確認ください。


まとめ|Twitterの抽選ツールは目的に合った選び方を

Twitterの抽選キャンペーンを行う際は目的に合ったツールを選ぶことが大切です。

抽選キャンペーンは、自社のアカウントを広く知ってもらうきっかけにもなるので、フォロワー数の増加や商品の売上向上などの目的を達成したい方は積極的に実施しましょう。

抽選ツールには様々な特徴があり、自社のキャンペーン内容や実施期間など機能の詳細をチェックした上で選ぶと、効果的なキャンペーンの実施が可能になります。

本記事でご紹介した注意点を意識しながら抽選ツールを選び、ぜひ自社の目標のために活用してみてください。

SNSでサービス認知&ブランディングの向上を目指すなら「OWNLY」がおすすめ

SNSを活用したキャンペーンを実施するならSNSマーケティングツールの「OWNLY」がおすすめです。

OWNLY累計4,500件以上、通算750ブランドのSNSキャンペーン実施の実績から、御社にピッタリのSNSマーケティング施策をご提案します。

OWNLYを活用しSNSキャンペーンを行うメリットは以下の4つです。

  1. 15種類以上のキャンペーンを定額・回数無制限で実施可能
  2. SNSキャンペーンとUGCの活用を一括管理可能
  3. Twitter/LINE/Instagramなど幅広いプラットフォームに対応
  4. 初めてでも大丈夫!SNS施策の企画〜実行までを伴走

OWNLYの詳しいサービス概要は以下の資料から確認いただけます。下記フォームに必要項目を入力していただくと、担当者より資料をお送りさせていただきます。

今後SNSでのマーケティング施策をご検討中の方は是非ご参考ください。

​​​​​​​

カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。