<img src="//trace.popin.cc/api/bidder/track/pixel/pageview?tn=f9f2b1ef23fe2759c2cad0953029a94b" width="0" height="0" style="display:none">
マストバイキャンペーンの成功事例3選|メリットや応募率を高める方法・景表法も解説

マストバイキャンペーンの成功事例3選|メリットや応募率を高める方法・景表法も解説

マストバイキャンペーンは、数あるキャンペーンの中でも「商品の購入促進」につながるマーケティング施策のひとつです。

キャンペーン施策を実施するにあたって、マストバイキャンペーンを検討している方もいるのではないでしょうか。

当記事では、マストバイキャンペーンの目的や購入証明の種類、事例について紹介します。応募率を高める方法についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

売上UPにつながるSNS施策!マイレージ型マストバイキャンペーン

目次

  1. マストバイキャンペーンとは?意味や目的を解説
    1. クローズドキャンペーンの一種
    2. オープンキャンペーンとの違い
    1. 商品パッケージの切り抜き
    2. レシート本体
    1. 商品貼付コード(QRコード)
    1. マストバイキャンペーンの種類
    2. マストバイキャンペーンを行う目的
    3. マストバイキャンペーンの購入証明の種類
    4. 商品貼付シール
  2. マストバイキャンペーンの事例3選
    1. 株式会社キリン
    2. ストレイキッズ
    3. エスフーズ株式会社
  3. マストバイキャンペーンで応募率を高める5つの方法
    1. SNSを活用して話題化する
    2. 懸賞品をトレンドに合わせる
    3. 複数の懸賞品を設定し収集してもらう
    4. インスタントウィン型(当たり外れ)にする
    5. ダブルチャンス型にする
  4. おすすめのマストバイキャンペーン実施ツール
    1. ownly【SmartShare株式会社】
    2. SMARTCROSS【株式会社メディアスクエア】
    3. BBF【シャトルロック株式会社】
  5. マストバイキャンペーンはownlyの活用で効率的に

マストバイキャンペーンとは

マストバイキャンペーンは、商品やサービスの購入・利用を促すキャンペーン施策のことです。消費者が商品やサービスを購入することを応募条件となっています。

たとえば、「指定商品を購入する」「〇〇円以上購入する」などといった、購入を前提条件とするタイプがマストバイキャンペーンです。

▼マストバイキャンペーンの例

  • 購入後のレシートをアップロードして応募するキャンペーン
  • 購入した商品のパッケージに記載されているシリアルナンバーを入力して応募するキャンペーン
  • 購入した商品に付属するシールを集めてはがきで応募するキャンペーン

いずれの場合も、商品を購入した証明を応募に用いる必要があります。

マストバイキャンペーンは「クローズドキャンペーン」の一種

企業が実施するキャンペーンには、大きく分けて「オープンキャンペーン」と「クローズドキャンペーン」の2つがあります。

マストバイキャンペーンは、クローズドキャンペーンに分類されます。

クローズドキャンペーンは、主催者側から提示された条件を満たすユーザーが参加できるタイプのキャンペーン手法を指します。

たとえば、「指定の商品を購入する」「メルマガを受け取る」「会員登録をする」などの条件が一般的です。

クローズドキャンペーンとオープンキャンペーンとの違い

オープンキャンペーンは、応募規約に同意すれば誰でも参加できるキャンペーンです。

一方で、クローズドキャンペーンは、商品やサービスの購入が必須となっていることが条件となっています。

また、オープンキャンペーンには景品の上限額は定められていません。しかし、クローズドキャンペーンでは、「景品表示法」で景品の上限額が定められている点にも違いがあります。

マストバイキャンペーンでは「景品表示法」を遵守する必要がある

景品表示法とは、一般消費者を保護することを目的に制定された法律で、正式名称は「不当景品類及び不当表示防止法」と言います。

景品表示法では、企業が生活者に対して景品を提供する懸賞は以下の3つに分類されるとしています。

  • 一般懸賞
  • 共同懸賞
  • 総付景品

参照:景品規制の概要|消費者庁

マストバイキャンペーンはこの「共同懸賞」「一般懸賞」に該当し、キャンペーンを通して生活者に提供する景品の上限金額が定められています。

▼一般懸賞

懸賞による取引価額

景品類限度額

最高額

総額

5,000円未満

取引価格の20倍

懸賞に係る売上予定総額の2%

5,000円以上

10万円

出典:景品規制の概要|消費者庁

たとえば、定価200円の商品購入を条件としたマストバイキャンペーンを行う場合は、一般懸賞となります。

商品1点購入で応募できる景品の価格は「取引価格の20倍」と定められているので、4,000円までです。商品20点購入で応募できる景品の価格は8万円までとなります。

商品26点以上になると取引価格は5,000円を超えるので、景品の価格は10万円までになるということです。

▼共同懸賞

景品類限度額

最高額

総額

取引価格にかかわらず30万円

懸賞に係る売上予定総額の3%

出典:景品規制の概要|消費者庁

複数の事業者が合同でキャンペーンを開催する場合は、共同懸賞となります。共同懸賞の場合は、商品の単価や個数に関わらず、景品の上限額は30万円です。

マストバイキャンペーンを行う目的・メリット

マストバイキャンペーンは、商品・サービスの購入が必須条件となっており、おもに商品購入の促進が目的です。主に、以下のようなメリットがあります。

  • 売上アップや集客につながる
  • 自社商品やブランドの認知度が向上する
  • 既存顧客のリピート率が高まる
  • 小売店・流通の売上に貢献できる

ここでは、それぞれのメリットについて解説します。

売上アップや集客につながる

マストバイキャンペーンを実施することで、消費者のアクションを促せるため、売上アップや新規顧客の獲得につながるのがメリットです

「限定性」をアピールすることで、一時的な売上アップを実現できるうえに、認知度向上やリピート購買によってLTVが向上する効果も見込めるでしょう。

新商品や期間限定商品の発売や、低迷している商品の打開策として活用するのも有効です。

キャンペーンによって購買意欲を高めることで、キャンペーンをきっかけに初めて店舗に訪れたり、商品を手に取ってもらえる可能性が高まるでしょう。

自社商品やブランドの認知度が向上する

マストバイキャンペーンを行うことで、自社商品やブランドの認知度向上が図れるという点もメリットです。

キャンペーンが拡散されると、より多くのユーザーが自社商品を目にする機会が増えるため、宣伝やプロモーションにも効果的と言えるでしょう。

魅力的なマストバイキャンペーンを実施すれば、競合商品より選ばれやすくなります。キャンペーンをきっかけに自社商品を知り、商品やサービスに価値を感じてもらえれば、ポジティブな印象とともに認知度が向上します。

既存顧客のリピート率が高まる

マストバイキャンペーンは、新規顧客だけでなく既存顧客のリピート率向上にも役立ちます。特典や割引を提供することで、既存顧客のリピート購買を促すことができます。

企業に対するロイヤリティが高まりやすく、長期的な関係性構築につながるという点もメリットです。

マストバイキャンペーンによって、よりお得に商品やサービスを利用できるようになれば、既存顧客の満足度向上につながります。

そして、既存顧客の満足度が向上すれば、口コミや紹介を通じて新規顧客を獲得するきっかけにもなるでしょう。

小売店・流通の売上に貢献できる

マストバイキャンペーンは、ECサイトやネットショップで購入して得た購買証明を用いるタイプもあります。

しかし大半は、コンビニやスーパー、ドラッグストアなど流通・小売店などの実店舗で購入した際のレシートを用いるのが一般的です。

そのため、マストバイキャンペーンの実施によって、メーカーだけでなく商品を販売する流通・小売店の売り上げにもつながるというメリットがあります。

店舗の来店促進や客単価の向上に貢献できるので、流通担当者にとっての評価も高まるでしょう。

マストバイキャンペーンの種類【応募方法】

マストバイキャンペーンの応募方法は、下記の3種類に分かれます。

  • SNSで応募
  • Webで応募
  • はがき応募

近年は、SNS応募、Web応募、はがき応募を組み合わせたマストバイキャンペーンを実施する企業も多く、幅広いターゲット層にリーチすることができます

SNSで応募

TwitterやLINEなどのSNSを活用して応募を受け付ける方法です。

SNS上での応募は、特に若年層やデジタルネイティブなユーザーに向けて効果的です

SNSのフォローや友だち追加を条件とすることで、自社のファン育成・獲得や、新規顧客の開拓などにつなげやすいメリットがあります。

Webで応募

企業のWebサイトや特設ページを活用して、応募を受け付けます。

Web応募はインターネットを利用した一般的な方法であり、スマホとPCの両方に対応できるため、気軽に応募できるメリットがあります

はがき応募

従来型の応募方法で、はがき(郵便葉書)を使って応募を受け付けます。

WebやSNS応募に馴染みがない50~60代などの層をターゲットにする場合に有効な方法です。

従来の手書きの応募に慣れている方々にとっては、手間を感じることなく参加できる手段であるためです。

マストバイキャンペーンの購入証明の種類

マストバイキャンペーンでは、商品やサービスを購入した証明を必須としているのが一般的です。

ここでは、購入証明の種類について紹介します。

レシート本体

商品を購入した際のレシートをハガキに貼付したり、レシートの写真を撮影して登録したりする購入証明の方法です。

メリット
  • 応募シールを作成したり集計する手間がかからない
  • レシートによって購入店舗を特定できるため、流通タイアップで活用しやすい
  • OCR機能を利用すれば集計・確認を自動化できる
デメリット
  • 商品自体に応募シールが付くわけではないので、店頭でのキャンペーン認知につながりにくい

レシートに印刷されたQRコードやシリアルナンバーを使って、Web上で登録する方法もあります。

応募シールを作る必要がなく、購入した店舗を特定できるため、店舗限定のキャンペーンで利用しやすいことがメリットです。

■関連記事

レシートキャンペーンとは?成功事例10選やキャンペーンシステムも紹介

商品パッケージの切り抜き

バーコードやマークなど、商品パッケージの一部を切り抜き、ハガキなどに貼って応募する方法です。

メリット
  • 応募シールを作る手間やコストを抑えられる
  • 定番のキャンペーンでは、期間外にも商品を購入してマークを貯めてキャンペーンに備える人もいる(長期のリピート購買につながる)
デメリット
  • POP・シール・パッケージなど店頭での告知が必須
  • 現物が必要になるのでWeb応募には不向き
  • 切り取るのに適さないパッケージでは使えない

キャンペーンのために改めて応募用のシールなどを作る必要がなく、コストが抑えられるメリットがあります。

また実施期間以外に商品を購入し、バーコードやマークを貯めて、次のキャンペーン開始に備えるといった行動も見られ、長期のリピーター獲得にもつながります。

商品貼付シール

商品に貼り付けられたシールを、ハガキなどに貼って購入証明とする方法です。

メリット
  • 店頭で商品を並べたときにシールがアイキャッチになるため、キャンペーンを認知してもらうきっかけとなる
  • 通年同じシールを貼っている場合は、長期のリピート購買につながる
デメリット
  • シールの制作や貼付けにコストがかかる
  • シールを貼り付けて応募する場合は、Web応募には不向き

キャンペーン専用のシールを作るケースや、期間に関わらず同じデザインのシールを活用するケースがあります。

シール自体がキャンペーン実施のアイキャッチとなり、キャンペーンを知ってもらうきっかけになる点がメリットです。

また商品パッケージの切り抜き同様、長期のリピーター獲得にもつながります。

商品貼付コード(QRコード)

商品にシリアルナンバーやQRコードを印刷したシールを貼付して、Web上で読み取ってもらうことで購入証明とする方法です。

メリット
  • Web上でポイントを加算する「マイレージ型」キャンペーンを利用できる
  • その場で即時抽選が行われる「インスタントウィン」も実施可能
  • その場で当たる景品として、デジタルギフトを提供できる
デメリット
  •  シリアルナンバーやQRコードを封入する際の制作コストがかかる

応募した時点で抽選が実施され、その場で当選結果がわかる「インスタントウィン」キャンペーンが実施できます。

またポイントを加算していく「マイレージ型」のキャンペーンを実施することも可能です。

■関連記事

マイレージキャンペーンとは?メリットや成功事例、ツールも解説

シリアルナンバー

商品パッケージや貼付シール、レシートなどにシリアルナンバーを印字し、専用サイトやSNSからシリアルナンバーを入力して参加してもらう方法もあります。

メリット

  • Web上でポイントを加算する「マイレージ型」キャンペーンを利用できる
  • その場で即時抽選が行われる「インスタントウィン」も実施可能
  • その場で当たる景品として、デジタルギフトを提供できる

デメリット

  • パッケージレイアウトの変更や貼付けにコストがかかる
  •  シリアルナンバー封入する際の制作コストがかかる

QRコードと同様に、基本的にWebからの応募になるので、ユーザーの参加を促しやすいのがメリットです。

ただし、パッケージレイアウトの変更やシール作成、貼付コスト、実施の準備に時間がかかるという懸念点も考えられるでしょう。

応募するとその場で抽選が行われ、すぐに当選結果が分かるインスタントウィンキャンペーンと組み合わせやすいのも特徴です。

また、ポイントを加算して応募する「マイレージ型」キャンペーンも実施しやすいでしょう。 

売上UPにつながるSNS施策!マイレージ型マストバイキャンペーン

マストバイキャンペーンで応募率を高める5つの方法

マストバイキャンペーンは購入促進に効果的な施策のひとつです。

しかし、昨今では数多くのキャンペーンが実施されているため、ただ実施するだけでは成功に辿り着きにくいでしょう。

  1. SNSを活用して話題化する
  2. 懸賞品をトレンドに合わせる
  3. 複数の懸賞品を設定し収集してもらう
  4. インスタントウィン型(当たり外れ)にする
  5. ダブルチャンス形式型にする
  6. 応募しやすい方法を選ぶ
  7. マイレージ形式にする

ここでは、キャンペーンの応募率を高める方法について解説します。

1. SNSを活用して話題化する

SNSを活用して、キャンペーン情報を拡散させて話題化させることは、キャンペーン実施において重要なポイントです。

広告に比べて、より多くのユーザーをキャンペーンに誘導できるため、応募数の向上につながりやすくなります。

キャンペーン期間中に拡散してもらいやすいよう、写真や情報を拡散してもらいやすい仕組みを作りましょう。

2. 懸賞品をトレンドに合わせる

マストバイキャンペーンでは、懸賞品選びも重要です。

担当者の好みに偏らず、ターゲットのニーズに寄り添えているか・トレンドを押さえられているかなど、懸賞品の分析も行いながら選定しましょう。

またデジタルインセンティブを懸賞品とすることで、配送や受け取り、再配達の手間を感じることなく、当選の喜びを味わってもらえます

3. 複数の懸賞品を設定し収集してもらう

複数の商品を懸賞品として設定することで、商品を収集してもらう方法です。

マイレージ型のマストバイキャンペーンで多く用いられており、リピーター獲得につながりやすいメリットがあります。

同時期にキャンペーンを実施する場合は、景品の上限額について十分注意しましょう。

4. インスタントウィン型(当たり外れ)にする

抽選結果がすぐにわかるインスタントウィン型にすることで、ユーザーの参加意欲を向上させるのも効果的です

インスタントウィン型は、キャンペーンに応募した時点で抽選が実施され、その場ですぐに当選結果がわかるシステムです。

演出を工夫することで、当たり外れに関わらずユーザーにとって再び応募したくなるような楽しみ方ができるでしょう。

5. ダブルチャンス型にする

一度外れても当選する機会を残しておく、「ダブルチャンス型」のキャンペーンも効果的です。

ダブルチャンス型にすることで、一度外れた方でもモチベーションが下がりづらく、何度でも参加してもらいやすいメリットがあります。

6. 応募しやすい方法を選ぶ

マストバイキャンペーンでは、ユーザーが応募しやすい方法にすることも重要です。

ただし、応募しやすい方法と言っても、年齢や性別、趣味嗜好などのターゲット属性によって異なるため、親和性の高い応募方法を選ぶ必要があります

たとえば、10~20代のZ世代を中心としたターゲット層の場合は、WebサイトやSNSから応募できる形がおすすめです。

反対に、50~60代以降のユーザーをターゲットにする場合は、昔から馴染みのあるハガキ応募にも対応するといいでしょう。

もちろん応募方法は1つに絞る必要はなく、WebやSNS、はがきなど複数の応募方法を組み合わせることで、幅広いユーザー層からの応募が期待できます。

7. マイレージ形式にする

マイレージ形式のキャンペーンは、対象商品・サービスを購入するとポイントが貯まり、貯まったポイントに応じて抽選に応募するキャンペーンです。

購入するごとにポイントが加算されるので、リピーター獲得や複数回の来店・購買促進、エンゲージメント向上などのメリットがあります。

主に既存顧客を対象に実施するため成果が出やすく、費用対効果が高いこともマイレージ型キャンペーンの特徴です。


売上アップやリピーター獲得につながる「マイレージマストバイキャンペーン」については、以下の資料で詳しく解説しています。

無料でダウンロードいただけるので、SNS担当者様や広告代理店様は、ぜひ資料をご活用ください。

売上UPにつながるSNS施策!マイレージ型マストバイキャンペーン

マストバイキャンペーンの成果を測る評価軸

マストバイキャンペーンの成果を測るには、以下の観点で評価しましょう。

  • キャンペーン期間中の売上
  • キャンペーンの応募者数
  • SNSやメディアでの話題性
  • 流通側からの反応

ここでは、それぞれの評価軸について解説します。

キャンペーン期間中の売上

マストバイキャンペーンの大きな目的としては、商品の売上増加が挙げられます。キャンペーン期間中の売上は非常に重要な評価軸です。

キャンペーン期間前の売上と比較し、売上がどれくらい伸びたかをチェックしましょう。

商品によっては、時期や季節的な要素も影響するので、こうした外的要因も合わせて見定めることが大切です。

ここでは、売上額ではなく「1店舗あたりの販売個数」を見るようにしましょう。

キャンペーンの応募者数

キャンペーンが成功したかを測る一つの指標として、応募者数の多さも重要です。

目標としていた応募者数に対してどれくらいの応募が集まったか、毎年実施しているのであれば前年比はどうだったかなどを分析しましょう。

また、景品ごとの人気・不人気や、応募数が伸び始める時期など、あらゆる視点で応募数を分析すれば、応募者数の変動の要因を探ることができます。

期待していた応募者数に達しなかった場合は、キャンペーンの企画や設計、広告、告知方法に改善の余地があると言えるでしょう。

SNSやメディアでの話題性

インターネットが普及した現代では、WebメディアやSNSでの話題性を数値化して測ることも重要視されています。

SNSでは、いいねやシェア数、ユーザーの口コミ(UGC)の数など、さまざまな要素を分析しましょう。

また、写真やコメントなど数値化できない定性データもまとめることで、新たな気付きのきっかけになることもあります。

また、ニュースサイトなど主要なメディアで取り上げれらた数も気にしておくのがおすすめです。

流通側からの反応

キャンペーンを実施するとなると、商品を購入する消費者のことばかりを気にしがちですが、流通・小売店からの評判も無視できないポイントです。

流通でキャンペーンを実施してもらうことは、期間中に該当商品を店頭に採用してもらえるうえに、需要を見込んで発注を増やしてもらえる可能性が高いと言えます。

反対に、流通においては、売場を確保したにもかかわらず売上が伸びなければ、対象商品の売場を確保するのがリスクとなってしまうでしょう。

キャンペーンの評判をもとに、次回の商談を円滑に進めたり、キャンペーン施策につなげたりと、キャンペーン後の成功を左右すると言えます。

SNSにおけるマストバイキャンペーンの成功事例4選

ここからは、マストバイキャンペーンの事例について解説します。

1. 新潟茶豆|たくさん食べてごちそうを当てようキャンペーン

参照:OWNLY導入事例

JA全農にいがた/にいがた園芸農産物宣伝会では、新潟茶豆のPRを目的に「新潟茶豆 たくさん食べてごちそうをあてよう!キャンペーン」を実施。

対象商品を購入したレシートを撮影し、メールアドレスまたはLINEでエントリーすると応募できるというもの。また、はがき応募にも対応することで、幅広い層からの応募を狙いました

レシート応募によって購買を促し、豪華賞品をプレゼントにすることで新潟茶豆の認知拡大にもつながっています。

応募条件

対象商品を購入&LINEでエントリー

ポイント

  • 対象商品の購入によって購買促進が期待できる
  • はがき応募に対応することで幅広い層からの応募を狙える

2. グランツリー武蔵小杉|LINEレシートキャンペーン

引用元:OWNLY導入事例

グランツリー武蔵小杉のLINE友だち登録キャンペーンです。LINE友だち・新規友だち限定で抽選で100名に商品券がプレゼントされるという内容です。

応募期間中に対象店舗で3,000円以上のレシートを撮影し、トーク画面のメニューから「お応募する」ボタンを押して、レシート写真を送信すると応募できます。

LINEの友だちであればレシート1枚につき1回参加できるため、友だち登録数増加にくわえて商品の販売促進につながる点が大きなメリットです。

応募条件

LINE友だち登録&レシート応募

ポイント

  • 施設への来店促進や売上アップにつながる
  • レシート1枚につき1回参加できるため、何度でも参加してもらえる

3. 株式会社トライフォース|レシート応募キャンペーン

株式会社トライフォースが展開する「ハマボールイアス」では、年末のホリデーシーズンに合わせて、レシート応募キャンペーンを実施しました。

キャンペーン特設サイトからLINE公式アカウントに友だち追加し、対象商品を購入したレシートでキャンペーンに応募できます。

参照:ハマボールイアス HAPPY HOLIDAY レシート応募キャンペーン|OWNLY導入事例

案内メッセージに従ってLINEのトーク画面でレシート応募すると応募が完了し、後日当選者にトーク画面で通知されるというものです。

キャンペーンを通じて友だち数を増やすことで、店舗のお得なキャンペーン情報やクーポンなど、販促につながるコンテンツを継続的に配信しています。

4. 株式会社キリン|マイレージ型マストバイキャンペーン

株式会社キリンでは、購入ごとで発行したポイントで参加できる「OWNLYマイレージ型マストバイキャンペーン」を実施しました。

キャンペーン対象商品を購入すると、ポイントが付与され、貯めたポイントに応じてプレゼントを贈呈するキャンペーンです。

OWNLYでは、LINE・Twitter・Facebookアカウントで参加可能なため、参加ハードルが低く多くのユーザーに参加してもらうことができます。また、様々なインセンティブを用意し、ユーザーに希望コースを選んでもらうことが可能なので、ユーザーの参加意欲を高め、幅広い層の人に参加してもらえるでしょう

参加方法も簡単で、レシートを撮影してアップロードすることで簡単に応募可能。加えて、期間内に複数回の購入が期待でき、長期リピーターの獲得やエンゲージメント向上を実現できます。

応募条件

対象商品を購入すると貯まるポイントで応募

ポイント

  • 溜めたポイントに応じて応募できるマイレージ型によって複数回の購入やリピーター獲得が狙える
  • 複数のコースを用意することで幅広い層に参加してもらえる

OWNLYのマストバイマイレージキャンペーンの事例や応募率を高める方法、販売促進に直結する施策を知りたい方は、以下の資料をぜひご覧ください。

売上UPにつながるSNS施策!マイレージ型マストバイキャンペーン

SNSでマストバイキャンペーンを実施する際の注意点

SNSでマストバイキャンペーンを実施する際には、以下の点に注意しましょう。

  • ターゲットを理解する
  • プライバシーや法規制を遵守する
  • 効果検証や分析を徹底する

ここでは、それぞれの注意点について解説します。

ターゲットを理解する

マストバイキャンペーンを成功させるためには、自社のターゲット層を理解することが重要です。

自社商品・サービスのターゲット層を理解し、ニーズにもとづいた情報発信や訴求を行いましょう。また、ターゲットに効果的にリーチするためのSNSを選定することも大切です。

キャンペーンをより多くの人に参加してもらうことにつながります。

なお、顧客自身が気付いていないような本音や動機である「インサイト」を捉えることで、商品開発やマーケティングに活かすことができます。

インサイトについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

■関連記事

インサイトとは?ニーズとの違いや分析方法・事例も紹介

プライバシーや法規制を遵守する

SNSでキャンペーンを実施する際は、プライバシー保護や法規制の遵守にも注意しましょう。

具体的には、個人情報の取り扱いに関する法律や、各SNSプラットフォームのガイドラインを厳守する必要があります。

キャンペーンの際は、ユーザーに個人情報を入力してもらうこともあるでしょう。そのため、ユーザーの同意なく個人情報を収集・使用しないように注意が必要です。

また、景品表示法や著作権法などの法律についても配慮し、法的リスクを避けるようにしましょう。ユーザーからの信頼性を維持するには欠かせません。

効果検証や分析を徹底する

キャンペーン実施後の効果検証と分析は、キャンペーンの施策改善に必要不可欠です。

まずは、キャンペーンの目標を明確に設定し、KPIやKGIを定めましょう。その上で、SNSのインサイトツールや外部の分析ツールを使用して、エンゲージメント率、リーチ数、コンバージョン率などのデータを収集します。

収集したデータをもとに、どの要素が成功要因となったのか、または改善が必要かを分析し、具体的な改善策を導き出しましょう。

定期的な効果検証とPDCAサイクルを回すことで、キャンペーンの精度と効果を向上させることができます

マストバイキャンペーンを実施するならツールの利用が不可欠

マストバイキャンペーンを実施する際は、キャンペーンツールの利用が欠かせません。

キャンペーンツールを利用すれば、以下のような複雑な応募条件での設定も可能です。

  • 対象商品を○○個以上のレシートで応募できる
  • 対象商品からどれか1つを購入すると応募できる
  • 対象商品を○○Payまたはクレジットカードで決済すると応募できる

キャンペーンツールを活用してWeb応募に対応すれば、レシートの検閲や当選通知もWeb上で簡単に行えるようになり、作業のコストを削減できます。

景品をデジタルギフトやクーポンに設定すれば、景品の準備や発送のコストも減らせるでしょう。

また、Web上に購入者のデータが蓄積されるので、いつどこで買われているか、何を一緒に買っているかが把握できます。


「どんなレシートキャンペーンツールを選べばよいか分からない」「マストバイキャンペーンに対応しているツールを知りたい」とお考えの方は、以下の記事もぜひチェックしてください。

■関連記事

【2024年最新】レシートキャンペーンツール13選|導入するメリットや選び方を解説

マストバイキャンペーンを実施するならOWNLYの利用がおすすめ

thum_OwnlyTOP

(詳しくはこちら)

OWNLYは、SNSマーケティングを一元管理できるサブスクリプション型のマーケティングプラットフォームです。

さまざまなSNSマーケティングに対応しており、ツール提供だけでなく、施策の企画から広告運用まで幅広くサポートします。Twitter・LINE・Instagramなど、さまざまなSNSマーケティング手法に対応。

インスタントウィン、レシート応募、フォトコンテストなど15種類以上のキャンペーンタイプを無制限で利用でき、UGC収集から活用まで1つのツールで実現可能です

通算700ブランド以上の導入実績があり、フォロワー獲得・認知拡大・販売促進・店舗集客・EC売上向上を目指せます。

Ownlyの詳しいサービス概要は以下の資料から確認いただけます。お気軽にダウンロードください。

売上UPにつながるSNS施策!マイレージ型マストバイキャンペーン