catch-img

【2022年最新】インスタ集客を成功させるポイント10個!メリットや効果的な始め方とは?

2010年に登場したInstagram(インスタグラム)は、現在日本国内で3,300万人以上の月間アクティブユーザー数が存在する人気のSNSです。

Instagramで集客する企業や店舗は年々増えています。集客方法のポイントをおさえることで、個人でも集客に成功できるでしょう。

当記事では、インスタ集客の特徴やメリット、インスタ集客を成功させるポイントについて解説します。「Instagramで集客したい」「集客が難しい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次[非表示]

  1. 1.インスタ集客の特徴
  2. 2.インスタ集客のメリット
    1. 2.1.無料で始められる
    2. 2.2.視覚的効果が高い
    3. 2.3.消費行動をアプリ内で完結できる
    4. 2.4.継続的にコミュニケーションが取れる
    5. 2.5.年齢層が拡大している
  3. 3.インスタ集客を成功させる10のポイント
    1. 3.1.1. ターゲットに合わせた投稿テーマを決める
    2. 3.2.2. ビジネスアカウントを利用する
    3. 3.3.3. ジオタグ(位置情報)を設置する
    4. 3.4.4. 定期的に投稿する
    5. 3.5.5. ハッシュタグを付ける
    6. 3.6.6. インフルエンサーマーケティングを活用する
    7. 3.7.7. ショップ機能を利用する
    8. 3.8.8. フォロワーとコミュニケーションを取る
    9. 3.9.9. リールやストーリーを活用する
    10. 3.10.10. Instagram広告を運用する
  4. 4.まとめ

インスタ集客の特徴

Instagramは、新商品の発見や購入、店舗の情報や場所の検索などにおいて幅広く活用されています。

他のSNSに比べて購買欲が高いユーザーが集まる傾向にあり、ブランドやサービスへの関心が高いユーザーで構成されているのです。

またGoogleに代わる「ハッシュタグ検索」が生まれており、今では飲食店・観光スポット・ホテルなどの情報収集はInstagramを中心に行われているといっても過言ではありません。

インフルエンサーを起用する「インフルエンサーマーケティング」を活用する企業も多く、商品やサービスの購買につなげやすい点が特徴です。

インスタ集客のメリット

Instagramで集客するおもなメリットは以下の5つです。


  • 無料で始められる
  • 視覚的効果が高い
  • 消費行動をアプリ内で完結できる
  • 継続的にコミュニケーションが取れる
  • 年齢層が拡大している

ここからは、それぞれのメリットについて解説します。

無料で始められる

Instagramは無料で誰でも簡単にアカウントを作成できます。

広告にかかる初期費用は必要なく、無料で世界中のInstagramユーザーにアプローチできる点は、集客において非常に強力と言えるでしょう。

視覚的効果が高い

Instagramは、テキストではなく写真や動画を主体としたSNSです。

他のSNSに比べて視覚的なアプローチに優れており、人々の印象に残りやすいメリットがあります。

また一般的な投稿だけでなく、ストーリー・リール・IGTVなどさまざまな動画投稿機能があり、商品・サービスの訴求に役立てることが可能です。

消費行動をアプリ内で完結できる

Instagramの「ショップ機能」であれば、投稿からECサイトへ移動してスムーズに買い物が行えます。

アプリに決済機能はないものの、視覚的にユーザーに訴求したのち、そのままの流れで商品検索・消費までを一貫して行うことが可能です。

プロフィールには、URLリンク・位置情報・問い合わせボタン・電話ボタン・予約ボタンなどを設置できるため、ユーザーに次のアクションを促しやすくなっています。

Instagramは、オンライン・オフラインどちらのビジネスにおいても活用可能です。

継続的にコミュニケーションが取れる

Insagramは、ストーリーやDM、投稿のコメントなどを通じてユーザーと円滑にコミュニケーションを取ることができます。

電話やメールで問い合わせや連絡をする必要がなく、企業とユーザーがより簡単にアプローチしやすい点がメリットです。

さらに、商品やサービスに興味を持ったユーザーからの質問に丁寧に回答することで、ブランドへの信頼感が高まり、ファン化につなげることができるでしょう。

年齢層が拡大している

Instagramの利用者数は世界で10億人以上、国内のアクティブユーザーは3,300万人を超えます。(※2017年時点)

以前は10~20代の女性を中心に流行していましたが、近年はユーザー層に大幅な変化が見られています。

20代だけでなく、30〜40代のユーザーも増え、男女比も狭まりつつあることで、より幅広いターゲットにリーチできるようになりました。

インスタ集客を成功させる10のポイント

Instagramにおける集客を成功させるためのポイントは以下のとおりです。

  1. ターゲットに合わせた投稿テーマを決める
  2. インサイト機能を利用する
  3. ジオタグ(位置情報)を設置する
  4. 定期的に投稿する
  5. ハッシュタグを付ける
  6. インフルエンサーマーケティングを活用する
  7. ショッピング機能を利用する
  8. フォロワーとコミュニケーションを取る
  9. リールを活用する
  10. Instagram広告を運用する

ここでは、それぞれのポイントについて解説します。

1. ターゲットに合わせた投稿テーマを決める

まずは集客ターゲットを設定し、ターゲットのニーズに適した投稿をしていくことで、いいねやフォロワー数の上昇につながります。

投稿の色合いや構図を揃えるなど、投稿全体のテーマを決めて統一させることで、ユーザーを惹きつけられるでしょう。

Instagramの運用を始める前に、アカウントのトーン&マナーについて決めておくとスムーズです。

2. ビジネスアカウントを利用する

Instagramで企業アカウントを運用する場合は、ビジネスアカウントへ切り替えましょう。

ビジネスアカウントでは、集客に役立つ「ビジネスプロフィール」「インサイト機能」「インスタグラム広告」などが利用できます。

具体的には、予約電話番号・メールアドレスの登録、店舗地図情報、問い合わせボタン表示などが可能で、ユーザーの来店・購買につなげることが可能です。

3. ジオタグ(位置情報)を設置する

Instagramの投稿では、ハッシュタグに加えて「ジオタグ(位置情報)」を付けることができます。

ユーザーはジオタグでも検索できるため、第2のハッシュタグとも言え、より多くのユーザーに見てもらえる機会が増えるでしょう。

ジオタグは正確な住所ではなく、「東京スカイツリー」といったピンポイントな名称や「Tokyo,Japan」といった広範囲なものでも問題ありません。

4. 定期的に投稿する

Instagramを運用する場合、2~3日に1回程度の投稿頻度がおすすめです。

投稿自体が少なかったり、更新が不定期だったりすると、なかなか集客の効果が出ない可能性があります。

反対に、投稿頻度が高すぎると、投稿が埋もれてしまうため注意しましょう。ユーザーからの印象を下げてしまうほか、運用の手間がかかります。

5. ハッシュタグを付ける

Instagramに投稿する際は、投稿内容に関連したハッシュタグをつけましょう。ハッシュタグは、1つの投稿につき30個まで使用可能です。

商品・サービスに関連する重要なハッシュタグを固定化したり、投稿に応じて適切なハッシュタグを選定することで、集客しやすくなります。

また企業独自のハッシュタグを作って投稿することで、ブランディングや認知拡大につなげることもできるでしょう。

6. インフルエンサーマーケティングを活用する

Instagramで活用される施策の1つに「インフルエンサーマーケティング」があります。

インフルエンサーマーケティングは、影響力のある人気のインスタグラマーに商品・サービスや店舗、イベント、観光地などを紹介してもらうPR手法です。

インスタグラマーの投稿によって、普段はリーチできない層に向けて発信でき、より多くのフォロワーに興味関心を持ってもらえるメリットがあります。

7. ショップ機能を利用する

オンラインショップを運営している場合、ショッピング機能の導入は必要不可欠です。

ショッピング機能とは、Instagramの投稿を見た人をそのまま商品・サービスに誘導でき、購入につなげられる機能です。

Instagram上に商品カタログを設置できるなど、ユーザーにとって違和感のない導線を設置することで、購買やCV率を高めることができます。

8. フォロワーとコミュニケーションを取る

Instagramのストーリーズにある「アンケートスタンプ」という機能を使用すると、フォロワーに質問を投げかけて回答してもらうことができます。

フォロワーとコミュニケーションを取るきっかけを作り、信頼関係を構築することを心がけましょう。来店や購入の投稿にいいねやコメントを送るのもおすすめです。

質問や要望を受け付けたり、どんな情報がほしいかアンケートを取ったりすることで、消費者の意見を取り入れやすくなるでしょう。

9. リールやストーリーを活用する

通常投稿だけでなく、60秒以下のショートムービーが投稿できるリール、24時間以内に消えるストーリーズも活用しましょう。

とくにリール動画は、リール専用タブ・発見タブに表示されるため、フォロワー以外の潜在顧客に商品・サービスを知ってもらうきっかけになります。

ストーリーはアンケートの実施や、キャンペーンの開催といった特別なイベントに合わせて利用するのがおすすめです。

10. Instagram広告を運用する

Instagram広告を活用することで、ユーザーに写真や動画の広告を簡単に配信することができます。

年齢・性別・住まい・興味関心・ライフステージなどでターゲットを詳細に絞り込むことで、ユーザーに的確にアプローチが可能です。

数百円の低予算で始めることができ、自分のフォロワー外へ広告を配信できるため、効率的に集客できます。

まとめ

Instagramは、購買意欲の高いユーザーが集まっており、上手に運用することで多くのユーザーを集客できるSNSです。

広告やインフルエンサーマーケティング、キャンペーンなど、効果的なマーケティング施策を行って、アカウントを運用しましょう。

InstagramにおけるSNSマーケティングを実施するなら「OWNLY」がおすすめです。OWNLYでは、15種類以上のSNSキャンペーンを定額・無制限で利用でき、UGCマーケティングのサポートも提供しています。

キャンペーン施策の企画、予算と目標に応じた広告運用最適化もサポート可能。Instagramにおける集客やマーケティング施策の実施を検討している方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。



カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。