catch-img

UGCマーケティングの活用事例3選|メリットとポイントについても紹介

消費者が自発的にSNSで情報を収集するようになり、企業が商品の魅力を一方的に発信しても、消費者には受け入れられにくくなってきています。

UGCマーケティングは、SNSなどで情報収集を行うユーザーに自然と商品やサービスの魅力を伝える手段として注目を集めています。

UGCマーケティングを取り入れたいと考えているものの、以下のような悩みを抱えられている方が多いのではないでしょうか。

「UGCについて理解をしてからUGCの活用を検討したい」「SNSの運用コストを削減するためにUGCの活用を検討したい」「企業が取り入れるメリットを活かしてUGCを活用したい」

本記事では、UGCマーケティングの活用を始める際に気になるポイントを企業の活用事例からメリットまで詳しく解説しますので参考にしてみてください。

目次[非表示]

  1. 1.UGCとは
    1. 1.1.UGCの意味
    2. 1.2.UGCの特徴
  2. 2.UGCマーケティングが必要とされる理由
    1. 2.1.UGCはユーザーが求めるコンテンツ
  3. 3.UGCマーケティングの活用事例を紹介
    1. 3.1.自社サイト、メディアへの掲載
    2. 3.2.SNS広告クリエイティブとしてUGCを活用
    3. 3.3.SNS公式アカウントの投稿素材にUGCを活用
  4. 4.UGCマーケティングを行う3つのメリット
    1. 4.1.メリット1.ユーザー視点のクリエイティブを収集できる
    2. 4.2.メリット2.制作コストを抑えて情報を収集できる
    3. 4.3.メリット3.商品や施策の反応を確認できる
  5. 5.UGCマーケティングの活用ポイント3選
    1. 5.1.ポイント1.UGCマーケティングを行う目的を明確にする
    2. 5.2.ポイント2.目的にあったUGCを生成、収集する
    3. 5.3.ポイント3.UGCの運用、改善を行う
  6. 6.UGCマーケティングの注意点
    1. 6.1.注意点1.著作権に気を付ける
    2. 6.2.注意点2.ステルスマーケティングになっていないか
  7. 7.UGCマーケティングについてのまとめ

UGCとは

UGC(User Generated Contents)とは、企業ではなく、一般ユーザーによって作られたコンテンツのことをいいます。

UGCを生むために、SNSに投稿された写真や動画、ECサイトのレビューのような、お客様の声を元に施策、戦略などを行っている企業も増えてきています。

以下では、UGCの意味や特徴について説明します。

UGCの意味

UGCとは、企業が提供する商品やサービスの消費者など、一般ユーザーによって制作、生成されたコンテンツをいいます。

ビジネスの場面では、UGCまた日本語の意味であるユーザー生成コンテンツという言葉で使われています。

UGCの身近な例としては、Instagramにアップされた写真や動画、ツイートなどユーザーによるSNSへの投稿、ECサイトの商品レビューなどが挙げられます。

そのため、日常生活での使用感や利用シーンなど、ユーザー視点での意見を収集することができます。

以下では、InstagramのUGCの活用事例を6つご紹介しております。事例からUGCマーケティングのやり方やコツを掴みたい方は是非ご参考ください。

  InstagramのUGC活用事例6選|Airbnbやスターバックスなど6選 InstagramのUGC(ユーザーコンテンツ)は多くの場面において色々な方法でマーケティングに活用されています。 今回は、海外で盛んな例として、UGCを自社のInstagramアカウントやWEBサイトでシェアすることで、ファンとのコミュニケーションに活かしている事例を紹介したいと思います。 OWNLY

UGCの特徴

UGCは、一般ユーザーから発信される情報のため、他のユーザーからの信頼や共感を得やすいのが特徴です。

一般ユーザーが商品やサービスの利用イメージを発信することで、他のユーザーが実際に使用するシーンも想像しやすく、商品購入時の判断材料として活用され始めています。

UGCマーケティングが必要とされる理由

UGCがマーケティングにおいて必要とされる理由として、SNS上で広告の押し付け感があるプロモーションからの脱却が挙げられます。

実際に、何気なくSNSを利用しているときに直接的な広告を目にして嫌気が差してしまうことを体験される方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ユーザーに親しまれるUGCマーケティングが必要とされる理由について詳しくまとめましたので、参考にしてみてください。

UGCはユーザーが求めるコンテンツ

企業からの一方的な宣伝用のコンテンツにユーザーは、興味を示さなくなっています。

そのため、ユーザーが求めるコンテンツであるUGCはマーケティングにおいて重要な役割を果たします。

ユーザー側の心理として、広告感の強い投稿よりも、日常的な投稿を好む傾向があります。

例えば、SNS広告などで新商品の紹介や割引キャンペーンを行う直接的なプロモーションより、新商品を購入したユーザーの体験や感想の投稿を元に購入を検討されるようになってきています。

そのため、ユーザーのリアルな声を元にプロモーションのクリエイティブを作成することで、ユーザーが求めるコンテンツの発信が実現できます。

UGCマーケティングの活用事例を紹介

UGCのマーケティング活用事例として、SNSにおけるUGC事例をご紹介します。

ぜひ、自社のSNS運用の参考にしてみてください。

自社サイト、メディアへの掲載

ランディングページやECサイトにUGCを掲載することにより、サイトに訪れたユーザーの購買意欲を促すことができます。

また、自社サイトに来たユーザーがそのサイト内で口コミを参照できるため、他サイトへの離脱を防止する効果もあります。

自社のプロモーションを行う際に、Instagramだけでなく他のSNSや公式サイトでも写真を掲載することでユーザーからのリアルな声を元にコンテンツを作成する事例もあります。

SNS広告クリエイティブとしてUGCを活用

SNS広告のクリエイティブにUGCを活用することで、SNS上でユーザーに受け入れられやすいクリエイティブを手に入れることができます。

直接的なプロモーションに比べてUGCを活用したクリエイティブの方がクリック率が向上した事例もありますので検討してみてください。

SNS公式アカウントの投稿素材にUGCを活用

SNS公式アカウントの投稿素材にUGCを活用することで、コンテンツ作成に必要な素材を収集することができます。

結果として、公式アカウントのファンとのコミュニケーションが成立します。

公式Instagramアカウントの運用にUGCを活用することで素材収集の運用工数を削減につなげることができます。

実際にアカウントの運用を行う中で、クリエイティブのストックが蓄積されることで投稿数も実現できるでしょう。

また、いいねやコメントなどのエンゲージメントについても、通常の素材を使った投稿と比べ、UGCを活用した投稿の方が、反響が高まります。

以下の資料ではUGCマーケティングで必須となるSNSの活用術を紹介しています。

資料では以下の内容をメインに解説します。

  • Twitter/Instagram/TikTok/LINEなどの様々なSNSの強みや特徴
  • 各SNSの利用層の詳細
  • 各SNSに最適なキャンペーン施策の詳細

UGCマーケティングをどのプラットフォーム上で行うべきかお悩みの方は是非ご参考ください。

UGCマーケティングを行う3つのメリット

UGCマーケティングを取り入れることで、さまざまなメリットが得られます。

ここでは、UGCが持つ具体的なメリットについてご紹介します。

メリット1.ユーザー視点のクリエイティブを収集できる

UGCマーケティングは、商品を使ったりサービスを体験した消費者のリアルな声を収集することができます。

ユーザー視点のリアルなクリエイティブは、企業のプロモーションへ嫌悪感を抱いているユーザーに信頼できるコンテンツとして受け入れられるプロモーションとなります。

メリット2.制作コストを抑えて情報を収集できる

UGCは、SNS広告やホームページの撮影コストを抑えられる点がメリットとして挙げられます。

ユーザー視点での投稿やレビューを集めることで、企業アカウントでリポスト投稿を行うことで制作コストを削減できます。

投稿者のレビューやコメント欄での反響をみてユーザーの声を収集することもできます。

メリット3.商品や施策の反応を確認できる

UGCは、生活者のリアルな声であり、「ユーザーが何に価値を感じているのか」「商品をどのように使用しているか」など、ユーザーの行動心理を知る大きなヒントとなります。

企業にとって商品開発やマーケティング施策の改善に活用できる貴重な資産であり、施策改善の時のメリットとして挙げられます。

UGCマーケティングの活用ポイント3選

UGCマーケティングを活用する際は、効果的に行わなければ成果につながらない可能性もあります。

UGCをマーケティングのメリットを発揮し成果につなげるポイントを以下の3つにまとめて紹介します。

ポイント1.UGCマーケティングを行う目的を明確にする

UGCマーケティングのポイントとして、UGCを活用する目的を決めておくことが必要です。

目的が何かによって、行う施策の方向性が変わってきます。

何を目的にしてUGC収集・マーケティングに取り組むのか明らかにしましょう。

ポイント2.目的にあったUGCを生成、収集する

UGCマーケティングの活用により、どのような課題を解決したいのかによって、最適なUGCは変わってきます。

認知度や商材説明など目的に応じて使用できるコンテンツを自社の課題にあわせて、UGCを生成、収集していきましょう。

ポイント3.UGCの運用、改善を行う

UGCマーケティングは、施策を行って終わりではありません。

UGCの生成、収集の次にSNS広告の素材への使用やキャンペーンサイトへの使用など反応の効果検証から改善へ向けての運用が重要となります。

以下ではUGCを効率よく活用するためのツールを5選紹介しております。今後UGCを活用したマーケティングや口コミをうまく利用して、集客をおこないたい方はは是非ご参考ください。

  【比較5選】UGC活用ツールとは?導入するメリットや選び方、おすすめのツールを紹介 消費者にとって、UGC=ユーザーによる口コミ投稿の信頼度は高く、実際にUGC活用を導入している企業も増え始めています。 UGC活用には、UGCの収集や掲載、効果検証を実行できる「UGC活用ツール」の導入が必要不可欠です。 当記事では、UGC活用ツールを導入するメリットや、ツールを比較するときのポイントなどについて解説します。おすすめのUGC活用ツールも紹介するので、ぜひ自社のマーケティングでご活用ください。 OWNLY

UGCマーケティングの注意点

UGCマーケティングは、消費者が作るコンテンツという特徴から、問題が発生することもあります。

ここでは、UGCの注意点をご紹介します。

注意点1.著作権に気を付ける

肖像権や著作権などの権利を、ユーザーが意図せずに侵害してしまう場合があります。

UGCは、ユーザーの著作コンテンツに該当するため、企業が使用する際には著作者であるユーザーの許可を得る必要もあります。

UGCを活用するときは、必ずユーザーへ許可を取るように注意しましょう。

注意点2.ステルスマーケティングになっていないか

UGCマーケティングを進めるときに、企業側からのプロモーションとしてステルスマーケティングになっていないか注意が必要です。

タイアップするインフルエンサーに対しては、きちんと企業との関係性を明示してもらうようにする必要があります。

関係性の明示を怠ってしまうと、ステルスマーケティングと判断され、結果的に企業の信用が失われてしまうことにつながります。



UGCマーケティングについてのまとめ

UGCマーケティングの活用例からメリットについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

企業のSNS広告戦略が進むにつれて、ユーザー疲れが起こっています。

UGCマーケティングは、コロナ禍により人との対面のコミュニケーションが減少する中で、信頼できる情報源として注目されています。

企業は、UGCを大切な資産と捉え、活用していくことがもとめられていきます。

UGCマーケティングのメリットでもあるユーザー視点の情報コンテンツを元に戦略や施策を練っていきましょう。

本記事では、UGCマーケティングの活用例についてまとめていきましたが、この機会に企業でUGCを活用したマーケティングをご検討してみてください。

UGCマーケティングの実施を検討中の方は、「OWNLY」の活用がおすすめです。OWNLYでは、Twitterキャンペーンを含めた15種類以上のSNSキャンペーンを定額・無制限で利用可能です。

キャンペーン施策の企画や提案などのサポートも行っているので、UGCマーケティングをはじめとするSNSキャンペーンを実施したい方は、ぜひお気軽に問い合わせください。

カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。