catch-img

TikTok公式マークの付け方とは?基準や条件について徹底解説

TikTokでは一部のアカウントに公式マークが付いていることがあります。公式マークがあることでユーザーからの信用度に繋がります。

それでは、TikTokの公式マークはどのようにすれば付けることができるのでしょうか。

本記事では、TikTokの公式マークの付け方について解説します。公式マークを付与されるための条件や基準について詳しく紹介しますので、参考にしてみてください。

目次[非表示]

  1. 1.TikTok公式マークを付ける方法とは?
    1. 1.1.そもそもTikTok公式マークとは?
    2. 1.2.TikTok公式マークの取得方法
  2. 2.TikTok公式マークのメリット3選
    1. 2.1.メリット1.おすすめに表示される可能性が上がる
    2. 2.2.メリット2.タイアップ企画の信用度が上がる
    3. 2.3.メリット3.企業のなりすまし行為を防げる
  3. 3.TikTokの公式マークの取得の基準となる6つの条件
    1. 3.1.条件1.定期的なコンテンツの発信
    2. 3.2.条件2.エンゲージメント数の高いコンテンツ
    3. 3.3.条件3.コンテンツのクオリティ
    4. 3.4.条件4.コンテンツの総再生時間
    5. 3.5.条件5.アカウント情報を掲載
    6. 3.6.条件6.ユーザーとのコミュニケーションを積極的に取る
  4. 4.TikTokの公式マーク取得時の注意点
    1. 4.1.信憑性を損なう行為
    2. 4.2.攻撃的な内容の動画の投稿
  5. 5.TikTokの公式マークまとめ

TikTok公式マークを付ける方法とは?

TikTokの公式マークの付け方について、どのように付与されるのかイメージがつかない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

TikTokの公式マークから申請方法について解説しますので参考にしてみてください。

そもそもTikTok公式マークとは?

TikTokの公式マークは、TikTokの運営が一部のアカウントに対して付与している認定マークのことで、認証バッチとも呼ぶことがあります。

公式マークが付与されることで、プロフィールや投稿時に水色のチェックマークが付き、信用度の証としてユーザーにも認知されています。

TikTok公式マークの取得方法

TikTokの公式マークは、運営がアカウントの評価を独自に行っており、評価の高いアカウントに付与されます。

そのため、TikTok運営に申請を行えば誰でも付与されるものではありません。

しかし、TikTokから公式マークの認証がされているアカウントには共通点があります。コンテンツの信用度、更新頻度、エンゲージメント数を元にTikTokが公式マークを付与されている傾向にあります。

TikTokの運営から公式マークを付与される方法としては、適度な投稿とコンテンツの内容を元に運用を行う必要があります。

一部、厳選クリエイターとしてTikTokの運営に認められたユーザーのみが公式マークの取得が認められる場合もあります。

TikTok公式マークのメリット3選

自分のTikTokアカウントに公式マークを付ける方法が分かったものの、付けることによってどのようなメリットがあるのでしょうか。TikTokの公式マークを付与されることで得られるメリットについて以下で解説していきます。

メリット1.おすすめに表示される可能性が上がる

TikTokの公式マークを付けることでおすすめの上位に表示される回数が増え、ユーザーの目に止まりやすくなります。

TikTokの公式マークが付与されているアカウントや投稿は、ユーザーにおすすめできる信頼性のあるコンテンツとして、おすすめフィードや検索結果に上位表示されやすくなります。

公式マークは、視覚的にユーザーの目に止まりやすく、ユーザーの目に触れる機会が多くなるメリットとして挙げられます。

メリット2.タイアップ企画の信用度が上がる

TikTok内でのプロモーションをタイアップやコラボで行う際に、信用度が高い企画として実施を行うことができます。

運用しているTikTokアカウントの信用度が高ければTikTok内でインフルエンサーを活用したプロモーションを行う際のインフルエンサーへの依頼ハードルが下がります。

メリット3.企業のなりすまし行為を防げる

TikTokの運用では、企業や他人になりすました悪質なアカウントに注意する必要があります。

TikTokの公式マークが付いているアカウントは、公式であることを証明できます。

なりすましアカウントとの区別を明確につけることができるため、誤った情報の発信などを防ぐことができます。

また、企業アカウントになりすまして嘘のキャンペーンとユーザーに疑われる場合もあります。

そのため、企業が実施しているキャンペーンであるにもかかわらず、参加を躊躇ってしまう場合もあります。

そこで、公式マークが付与されているアカウントであれば、ユーザーに不安を感じさせることなく、安心してキャンペーンに参加してもらうことができます。

TikTokの公式マークの取得の基準となる6つの条件

TikTokアカウントに公式マークを付けることで得られるメリットが分かったところで、公式マークを取得する基準について、以下で解説していきます。

条件1.定期的なコンテンツの発信

TikTokの公式アカウントを目指す上で、アカウントが頻繁に活動しているということが重要です。

更新間隔が空き過ぎてしまうことでユーザーの関心が薄れてしまい、TikTokアカウントへのアクセス数や動画再生数が減るなど、人気のあるアカウントとしての評価が得られなくなってしまいます。

TikTokは、ショートムービーが特徴であることからも、比較的手軽に投稿しやすいSNSです。

継続的にコンテンツを発信し続けることで、積極的に活動しているアカウントであることを示すように心がけましょう。

条件2.エンゲージメント数の高いコンテンツ

TikTokは、エンゲージメントの高い動画が運営に注目してもらいやすい特徴があります。

エンゲージメント数を増やすためには、短い期間でいいねの数を大きく増やす必要があります。

フォロワーが多ければ動画を通してユーザーからの定期的なエンゲージメントを獲得できるため、公式としての信頼獲得にもつながります。

条件3.コンテンツのクオリティ

続いて、TikTokの公式マークを取得するためのポイントとして、クオリティの高いコンテンツを投稿するということも重要です。

クオリティの高いコンテンツに求められる要素としては、いいねやコメントの数、総再生回数や総再生時間が挙げられます。

TikTokでクオリティの高いコンテンツを作る具体的なアイデアとしては、TikTok内のトレンドを調べることも重要です。

TikTokでは、トレンドの投稿で使用されているハッシュタグを調べることができます。

トレンドのフィード投稿からハッシュタグなどを参考に、ユーザーが興味を持っている投稿を調べてコンテンツに反映させることでユーザーからの興味を惹くことができます。

興味を惹くコンテンツを作ることでクオリティの高いコンテンツとして認められます。

条件4.コンテンツの総再生時間

TikTokの公式マークが付与される基準として、動画の総再生時間が重要です。

TikTokのコンテンツの総再生時間を増やす時には、投稿のシリーズ化がおすすめです。

ユーザーが継続してチェックしたくなるコンテンツをシリーズ化して発信することで、総再生回数、総再生時間を伸ばすことができます。

1つの投稿から別の投稿を見つけてもらうことができるため、フォローをしていいねやコメントをしてもらえるユーザーの獲得にもつながります。

クオリティの高いコンテンツ投稿を継続することで、ユーザーからの高い評価を集めて、アカウントの価値を高めていきましょう。

条件5.アカウント情報を掲載

TikTokの公式マークを取得する場合、プロフィール欄にみてもらいたいサイトのURLを掲載して公式なアカウントであることを発信していくことが重要です。

例えば、企業アカウントの場合には、プロフィール欄に自社公式ホームページのURLを追加することで、アカウントの公式性をTikTokの運営にアピールすることができます。

TikTokアカウントのプロフィール欄にURLを掲載するには、フォロワー数が1,000人以上必要となります。ユーザーからの反応をみながら公式的な情報発信をする際に活用していきましょう。

条件6.ユーザーとのコミュニケーションを積極的に取る

TikTokの公式マークを付与されているアカウントは、いいねやコメントなどの機能を通して積極的にコミュニケーションを取ることを行ってます。

ユーザーとの信頼関係の構築を意識することで、フォロワーの熱量や信頼関係の向上につながります。

フォロワーの熱量や信頼関係がアップすることで投稿を欠かさず見てもらえる回数が増えて、リンクコピーやシェア機能で他のユーザーにおすすめしてもらうことができます。

再生数の増加や認知拡大など、アカウントの成長において重要な役割を果たしてくれるようになり、TikTokの運営にも認められる可能性が高くなります。

TikTokの公式マーク取得時の注意点

TikTokの公式マークを取得する際に注意してほしいポイントを以下にまとめます。

信憑性を損なう行為

TikTokの公式マークを付与される際に、コミュニティガイドラインを遵守して投稿を行っているか注意が必要です。

誤解を招くような情報の発信や他人の著作権、商標、その他の知的財産権を侵害するコンテンツを投稿することで信憑性の低いアカウントとしてTikTokの運営に認められると公式マークの取得が厳しくなりますので注意しましょう。

攻撃的な内容の動画の投稿

TikTokで影響力を獲得するために、攻撃的な内容の動画で炎上が起こるリスクは回避しましょう。

攻撃的な内容の動画は動画の削除やアカウントを凍結される可能性が高まるのはもちろん、ユーザーに不快感を与えることで離脱にもつながります。

マイナスな投稿で一時的に注目を浴びても、注目度を集めたとしても、公式マークの付与にはつながらないので注意しましょう。

TikTokの公式マークまとめ

TikTokの公式マークの基準や条件について解説しましたがいかがでしたでしょうか。

TikTokの公式マークの取得は、簡単に付与されることはありませんが、条件やポイントを抑えることでTikTokの運営から認められる可能性は高まります。

TikTokの公式マークの獲得を目指されている方は、定期的な発信を行う際にユーザーとの交流やトレンドに合わせた投稿を行うことで、フォロワーを増やして人気のコンテンツを目指していくことから始めていきましょう。

カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング