catch-img

TikTokマーケティングを成功させる3つのポイントとは?企業の活用事例も紹介

TikTokは若者が動画投稿を楽しむツールの一つでしたがユーザー層の多様化に伴い、近年では多くのビジネスシーンにおいてTikTokを活用したマーケティングが行われています。

しかし、TikTokのマーケティングは他のSNSと比べると歴史が浅いため、活用方法について理解している方は多くありません。

今回はTikTokマーケティング活用でのポイントやTikTokを活用した事例をご紹介します。TikTokの特徴を理解して効果的なマーケティング活用を行いましょう。

目次[非表示]

  1. 1.TikTokマーケティングが注目されている背景
  2. 2.TikTokの特徴
    1. 2.1.TikTokユーザーの変化
    2. 2.2.TikTokにおける投稿内容の変化
  3. 3.TikTokマーケティングのメリット3選
    1. 3.1.メリット1.広告への抵抗感が少ない
    2. 3.2.メリット2.効果的な広告形態が多い
    3. 3.3.メリット3.拡散力が高いマーケティングが可能
  4. 4.TikTokマーケティングのデメリット3選
    1. 4.1.デメリット1.炎上する可能性がある
    2. 4.2.デメリット2.売上に直結しない可能性がある
    3. 4.3.デメリット3.著作権侵害に当たる可能性がある
  5. 5.TikTokマーケティング活用方法3選
    1. 5.1.1.インフルエンサー起用
    2. 5.2.2.アカウント運用
    3. 5.3.3.広告出稿
  6. 6.TikTokマーケティング活用事例2選
    1. 6.1.活用事例1.インフルエンサー起用
    2. 6.2.活用事例2.アカウント運用
  7. 7.TikTokマーケティングのまとめ

TikTokマーケティングが注目されている背景

TikTokはAI技術の活用でユーザーの好みに合った動画の選定が可能なため、購買行動に繋がりやすい利点があります。

ユーザー好みの動画の選定はまだ知らない新しい情報を発見させてくれるという点が購買意欲の創出に大きく関わっています。

企業によるPR活動に対しての購買意欲が高いことは、CVに直結するため注目されており、近年多くの企業がTikTokマーケティングに参入しています。

TikTokの特徴

TikTokは15秒〜1分間程度のショート動画を中心としたSNSです。以下ではTikTokユーザーのこれまでの変化や投稿内容の変化を解説します。

TikTokユーザーの変化

国内のTikTokユーザーは年々増えており、10代から20代のZ世代はもちろん30代から40代の利用者が増えています。2022年現在は約1500万人のユーザー数が見込まれています。

従来のTikTokのユーザーは10代〜20代の若者がメインターゲットのため企業は、10代〜20代の興味のあるサービスや商品をPRする場所としてアプローチしていました。

しかし、現在(2022年時点)のTikTokのユーザーの平均年齢は34歳です。40代のユーザーが増えてきたりとユーザーの平均年齢は年々上昇しています。

ユーザーの平均年齢が高くなり、幅広い層をターゲットに設定できるプラットフォームへと変化しています。

TikTokにおける投稿内容の変化

TikTokはプラットフォームの誕生から現在まで、投稿される内容は大きく変化してきました。

TikTokが誕生した黎明期では自撮りでのリップシンクと呼ばれる口パク動画や、ダンス動画が流行していました。

若年層に反応の良い動画が普及していく中で、少しずつユーザーの年齢層が広がっていきました。

現在ではエンタメ性の高い動画だけでなく、主婦や社会人など幅広い層が興味、関心を持てるハウツー動画や生活に有益な情報を発信する動画も投稿されています。

TikTokマーケティングのメリット3選

企業にとって効果的なPR方法として注目されているTikTokマーケティングですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

以下では3つのメリットを詳しく解説します。

メリット1.広告への抵抗感が少ない

 TikTokでは広告コンテンツも通常コンテンツと同様にスクロールして自然に表示されるため、広告に対して抵抗感が少ないです。

また、機械学習を通してユーザーが興味を持ちやすいコンテンツを広告コンテンツも同様に表示するため、自然に広告に興味を持ちやすくなります。

メリット2.効果的な広告形態が多い

TikTok広告では起動画面広告、ハッシュタグチャレンジ広告、インフィード広告の3つの広告形態が主流です。

・起動画面広告

TikTokアプリを立ち上げた時に表示される広告です。3秒の写真か3〜5秒の動画が再生されるため、訴求力と拡散力に優れています。

・ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグを利用した広告で、特定のハッシュタグを設定して投稿をユーザーに促します。 ユーザーが自ら興味を持った動画を投稿するため、広告特有の嫌悪感を抱かせずにブランドの認知度を高められます。

・インフィード広告

投稿欄のおすすめに表示される広告です。他の投稿と同じようにいいねやコメントがつく形式のため、ユーザーの反応を確認できます。

シェアも可能なので、拡散力にも優れています。一般投稿と同じように掲載されるため、広告らしさを感じにくい点がメリットです。

メリット3.拡散力が高いマーケティングが可能

TikTokではアカウントの評価よりも動画を単体で評価するアルゴリズムが採用されています。

数百人程度のユーザーにランダムに配信し、動画単体で評価がされています。

フォロワーの少ないアカウントでも、ターゲットに響く質の高い動画を制作すれば、拡散される可能性は十分にあるため拡散力が高いです。

TikTokマーケティングのデメリット3選

ユーザーの年齢層も幅広く、拡散力も高いTikTokマーケティングですがデメリットも存在します。以下では3つのデメリットを詳しく紐解いていきます。

デメリット1.炎上する可能性がある

TikTokはアルゴリズムによって拡散がされやすいため炎上にも繋がりやすいSNSです。

例えば、ある企業が投稿した内容が不適切でユーザーに不快な思いをさせてしまった場合、ユーザーはコメントを行ったり、シェアを行ったりします。

マイナス的なコメントやシェアもエンゲージメントとして換算されるため、期待していない形でおすすめ表示され炎上してしまう可能性があります。

炎上する事態を防ぐためにも、運用は1人だけで行わず投稿前にダブルチェックを行うなど管理体制を整えましょう。

デメリット2.売上に直結しない可能性がある

TikTokはほかのSNSと比べると広告感が低いため、PRが直接的な売上につながらない可能性があります。

TikTokは自社のホームページやECサイトへ誘導するための導線と考えましょう。動画の再生回数が伸びただけでは、必ず爆発的に収益が発生するわけではありません。

動画を作成する際は自社サイトを訪れたくなるような工夫が必要です。TikTokユーザーの目を引くためには、企業ブランドの認知度を上げるといった間接的な訴求が効果的なので意識しましょう。

デメリット3.著作権侵害に当たる可能性がある

TikTokの投稿は流行に応じたBGMを採用すると拡散される傾向があります。

しかし、アプリ内の楽曲には著作権があるため気を配った選曲が必要になります。流行りの曲だからといった理由で無断使用すると著作権侵害になるため注意しましょう。

TikTokはJASRACと包括提携をしているため、公式に提供している楽曲であれば、問題なく動画のBGMとして音源を利用できます。公式に提供している音楽は動画作成画面の上部の楽曲を選ぶの中から選択することができます。

TikTokマーケティング活用方法3選

TikTokマーケティングは、大きく分けて3つの方法があります。以下ではそれぞれを解説します。

1.インフルエンサー起用

TikTok上には、ユーザーに多くの影響を与えるインフルエンサーがいます。インフルエンサーにPRの依頼をすると、自社の製品やサービスの認知度を飛躍的に向上することが可能です。

ユーザー参加型広告を制作する時に、インフルエンサーにPRを依頼することでさらに多くのユーザーに動画を視聴してもらえる可能性が高くなります。

インフルエンサーに依頼をする際はフォロワーの属性を分析しておくことも大切です。

商品やサービスと相性の良いフォロワーが多くいるインフルエンサーに依頼をして企業アカウントの認知度を高めましょう。

2.アカウント運用

TIkTokでマーケティングの情報や設定を充実させたい場合は、ビジネスアカウントの開設がおすすめです。

ビジネスアカウントで運用するとフォローワー分析が可能になるためターゲット層の見直しや動画品質の向上が期待できます。

他にも公式WEBサイトなどの記載が可能になるため、動画視聴後の導線ができます。

3.広告出稿

TikTokでは、縦型全画面・音声付きの動画訴求をして強いブランドインパクトを残す運用型広告Brand Auction(ブランドアクション)があります。

ブランドアクションは、広告リーチを大きくし、動画視聴を的確にする機能です。

ブランドアクションを活用して若年層に認知度や広告、好意度や購買意向を向上させることを可能にした企業は多数存在します。

ブランドアクションを活用すれば、今までターゲットにしていなかった層へブランドの認知度を高め将来的なユーザーになる可能性が期待できます。

TikTokマーケティング活用事例2選

以下ではTikTokマーケティングでの活用事例を2つ紹介します。個人でも企業でも当てはめて実施できる方法のため、以下を参考に検討してみましょう。

活用事例1.インフルエンサー起用

事例:新商品販売に際してインフルエンサーの起用で商品PRの実施

PRの手法で商品やサービスに関連するインフルエンサーの起用すると、インフルエンサーのファンからの購入見込みや申し込み見込みが狙えます。

またTikTokは参加型のSNSツールでもあるため、インフルエンサーによる投稿やハッシュタグ使用の呼びかけによりユーザー自身が拡散するのも可能になります。

インフルエンサーの起用は、ファンによる拡散や使用も見込めるため効果的な手法の一つとされています。

活用事例2.アカウント運用

事例:ビジネスアカウントでの運用で分析した結果、ターゲットを絞った

あるビジネスアカウントでは分析結果から若年層をメインターゲットにするのではなく、大学生から社会人に設定をして動画コンテンツを配信しました。

ターゲットに合わせたショートドラマを配信しました。個性の強い筋肉男子やオーガニック女子などが実在する飲食店を舞台にしたオリジナルドラマが注目を集めています。

動画公開前には、動画で取り上げた人気店の予約権を獲得するチャレンジも実施して、ターゲットとうまくかけ合わせたマーケティングを行いました。

ビジネスアカウントでは的確で目的がはっきりと定まったマーケティングを行えます。

TikTokマーケティングのまとめ

多くのユーザーが活用しているTikTokですが、閲覧だけではなくビジネスのマーケティング方法として活用される時代に突入しました。

TikTokはこれからもアップデートをしてさらにマーケティング手法として注目されるプラットフォームになってくることが予測されます。

商品やサービスのPR方法を検討する際は、TikTokの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング