catch-img

Twitterでバズる方法とは?バズりやすい時間帯やハッシュタグのコツについて徹底解説

Twitter上でバズることが出来れば広告宣伝費をかけずに、高いエンゲージメントや認知度向上が期待できます。

しかし、バズることは狙っていても難しく、偶然を狙っても簡単には成功しません。そもそも、ユーザーが注目する内容でないとバズることは難しいため、高度な戦略や方法が必要となります。

そこで本記事では、Twitter上でバズる方法やコツについて解説します。

偶発的なバズり方より、方法を理解した上で狙ってバズることができれば企業にとって大きなメリットになります。

目次[非表示]

  1. 1.Twitterでバズるとは?
    1. 1.1.バズるの意味
    2. 1.2.Twitterでバズるの定義
  2. 2.Twitterでバズる3つのメリット
    1. 2.1.メリット1.低コストで広告効果が期待できる
    2. 2.2.メリット2.新規フォロワーの獲得ができる
    3. 2.3.メリット3.ユーザーがコンテンツを受け入れやすい
  3. 3.Twitterでバズるためのポイント5選
    1. 3.1.ポイント1.話題性
    2. 3.2.ポイント2.意外性
    3. 3.3.ポイント3.有益性
    4. 3.4.ポイント4.議論性
    5. 3.5.ポイント5.共感性
    6. 3.6.ポイント6.独自性
  4. 4.Twitterでバズる方法|2ステップ
    1. 4.1.1.バズりやすい時間帯を把握する
      1. 4.1.1.平日11時から15時の間
      2. 4.1.2.休日12時から14時の間
      3. 4.1.3.アカウント分析から導き出す
      4. 4.1.4.2.ハッシュタグを活用する
      5. 4.1.5.ハッシュタグは付けすぎない
      6. 4.1.6.トレンドのハッシュタグを使う
      7. 4.1.7.オリジナルのハッシュタグを作る
  5. 5.Twitterでバズった時の注意点
  6. 6.Twitterでバズる方法まとめ

Twitterでバズるとは?

バズるという言葉を聞いたことがある方は多いですが、それがどのような意味でバズるの定義を明確に説明できる方は少ないでしょう。

Twitter上でバズる方法を知るためにも、バズるとは何なのかを解説します。

バズるの意味

バズるの語源は英語の「buzz」から派生しており、ざわついて周りが騒がしくなるといった語源からできた言葉です。

SNS上の意味としては、インターネット上で噂話や話題性のある内容が短期間で爆発的に広がり、多くの人の注目を集めるといった意味で用いられます。

特にSNSの投稿やWebサイトの記事、過度な広告が拡散された際にこの言葉を使用します。

Twitterでバズるの定義

Twitterでバズるを明確に定義するものは少なく、線引きは曖昧です。Twitterはリアルタイムで投稿に反応ができるため、Twitterトレンドに入ることがバズる一つの指標になります。

Twitterのトレンドは、爆発的な拡散によって浮上してくる傾向があります。リツイート数やエンゲージメント数が高いことはもちろんですが、瞬間的なエンゲージメントも必要になります。

そのため、Twitterトレンドに入った投稿のリツイート数が50万件の場合もあれば、3万件に止まっているケースもあります。

以下の資料では、Twitterの企業アカウントで企業担当者の方が知っておくべきポイントを解説しています。

企業公式アカウントの運用における始め方と注意点から、Twitterの運用効果の具体的な測定方法を解説しています。

  • 興味を持ってもらえるプロフィールを作りたい
  • 投稿が見てほしいターゲット層に届かない
  • 企業公式アカウントの運用における始め方と注意点が分からない

上記でお悩みの方は是非ご参考ください。


Twitterでバズる3つのメリット

Twitter上でバズることは、アカウントやその運営企業にどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットを理解した上で、計画的にバズらせれると企業にとって大きな武器になります。メリットを詳しくみていきましょう。

メリット1.低コストで広告効果が期待できる

インターネット上での広告を作成する際は、検索エンジンに掲載されるリスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告などがありますが、全て費用を必要とした広告方法になります。

Twitterという拡散力の高いプラットフォームでバズることができれば、広告費用をかけずに多くのユーザーの目に止まることが可能です。

Twitterトレンドに乗ることで、さらに多くのユーザーに認知してもらいやすくなり、高い広告効果に期待ができます。

メリット2.新規フォロワーの獲得ができる

Twitterでバズることは、自社アカウントに対してのエンゲージメント向上にも期待ができ、結果的に新規フォロワー獲得に繋がります。

話題になっている投稿内容をきっかけにアカウントを知ってもらうことで、他のツイート内容やアカウントの認知向上に繋がるため、フォロワー増加に期待できます。

メリット3.ユーザーがコンテンツを受け入れやすい

SNSで新しいコンテンツを発信した際に、失敗する要因には企業の広告色が強すぎることが挙げられます。

Twitterも気軽に閲覧するSNSなため、広告主張の強い発信は嫌がられる傾向にあります。

しかし、Twitterでバズる要因は一般ユーザーによる拡散であり、フォロワーは自身が拡散したアカウントという認識になるため、新しいコンテンツを受け入れやすい体制が既に出来上がっています。

結果的に企業が発信するコンテンツへの参加率や、拡散率が高くなる傾向にあり企業アカウントにとっては大きなメリットとなります。

  企業公式でツイートネタがないときどうすれば?ツイートのコツ3選 SNS運用をはじめる企業にとって、スタートしやすいTwitter。いっぽう悩ましいのは「何をツイートするのか」の問題。何も思いつかない時にツイートをひねり出すコツを、3つご紹介します。 OWNLY

Twitterでバズるためのポイント5選

Twitterで計画的にバズることができれば、自社アカウントにとって大きなメリットが生まれることが分かりました。

では、計画的にバズらせるにはどのようにすれば良いのでしょうか。Twitterでバズるための5つのコツを解説します。

ポイント1.話題性

Twitterでバズるためには、新しい情報や緊急情報、ブーム情報など話題性の高い情報はユーザーの注目を集めやすいです。

流行しているものや新しいブームを組み込んだ内容の情報発信を行うことがコツです。

ポイント2.意外性

Twitterで普段目にしているような情報では、バズることは難しいです。意外性がある内容や驚きがある内容は、人に言いたくなりやすく拡散されやすいです。

「すごい」や「見たことがない」などの感情が湧きやすいテーマの方がバスる傾向にあります。

ポイント3.有益性

フォロワーや他ユーザーにとって有益な情報発信の場合もバズりやすくなります。

ユーザーによって有益な情報と思ってもらうことや、見たことのないオリジナル性のある情報を発信できれば、多くのユーザーから共感され拡散されやすいです。

しかし、Twitterでは多くの情報が飛び交っており、その中からオリジナル性のある有益な情報の発信は難易度が高いでしょう。

ポイント4.議論性

情報発信に対して議論が発生しやすいテーマや賛否両論が巻き起こる情報もバズりやすい傾向にあります。

議論が盛り上がれば、ユーザーからのコメントやリプライを使ったフォロワー以外からの拡散や反応もあるため飛躍的エンゲージメントが高まり、多くのユーザーの目に止まることになります。

ポイント5.共感性

ユーザーへの共感を得られる内容もTwitterでバズりやすいです。ユーザーの共感を得られることで、リプライやリツイートなど拡散アクションに繋がるエンゲージメントが期待できます。

また、インフルエンサーなどの共感を得ることができれば、多くのユーザーが自身のアカウントを訪れることにも繋がります。

ポイント6.独自性

独自性のある情報や、人を惹きつけられる自分だけのコンテンツはバズるポイントのひとつです。

過去の希少な顧客体験や成功事例など自社企業にしか発信できない独自性のある内容は、共感を生み拡散されます。

他のユーザーには真似ができない情報発信を心がけましょう。

以下の資料では、Twitter上でキャンペーン施策を行う際に押さえておきたいポイントを成功事例で確認できます。

今後Twitterにおけるフォロー&リツイートキャンペーンをご検討中の方は是非ご確認ください。


Twitterでバズる方法|2ステップ

Twitterでバズるとアカウントの認知度が高くなり、新規顧客の獲得やフォロワーの獲得、話題性のある企業と認識してもらえるなどメリットが多くあります。

Twitterでバズるためにはどのような方法を行えば良いのでしょうか。

1.バズりやすい時間帯を把握する

Twitterでバズるためには、アクティブ率が高い時間帯に投稿するようにしましょう。

アクティブ率が高い時間帯を把握することで、戦略的に多くのユーザーに見てもらいやすくなります。

では、どの時間帯がユーザーに見てもらいやすいのでしょうか。

平日11時から15時の間

自社アカウントのツイートを拡散してもらいやすくなる時間帯は平日の11時から15時の日中です。

この時間帯はビジネスタイムにあたり、自発的に投稿するよりもタイムラインを見る人が多い傾向です。

休日12時から14時の間

平日のランチタイムやお昼休憩の時間は、ユーザーのアクティブ率が高まる傾向にあります。休憩時間に午前中に溜まっていたツイートを閲覧する人が多いです。

しかし、アクティブ率に比例してツイートも多くなる傾向があり、タイムラインに流れてしまいやすくなるリスクもあります。

アカウント分析から導き出す

バズりやすい時間の解説を行いましたが、時間帯での投稿を実施してみて自社アカウントのアクティブ率が高い時間帯を割り出しましょう。

平日の日中や休憩時間にアクティブ率が必ず高くなるとは限りません。実際に時間帯別でツイートし、反応の良かった時間帯を分析していきアカウントにあった的確な時間を導くことがおすすめです。

2.ハッシュタグを活用する

Twitterをバズらせるためにはハッシュタグを上手く利用しましょう。

ハッシュタグがついたキーワードはタグ化され、クリックすると同じキーワードが含まれる投稿を簡単に検索できるため、拡散性が高くなります。

ハッシュタグの利用方法を理解して、バズりやすいツイートを作りましょう。

ハッシュタグは付けすぎない

ハッシュタグをつける際は、ツイート内容に合ったキーワードのみをつけるようにしましょう。

ツイート内容とまったく関係のないハッシュタグをつけ過ぎた場合、ユーザーに「閲覧数を稼ぐためにやっている」と悪い印象を与えるおそれがあります。

関連性のあるハッシュタグを適切な量だけつけるようにしましょう。

トレンドのハッシュタグを使う

ハッシュタグをつける際は、Twitterトレンドに入っているハッシュタグをなるべく使うようにしましょう。

Twitterでバズるためには、話題性のある内容を入れることが重要なポイントです。自社のアカウントのカテゴリーに合ったトレンドタグがあれば積極的に活用していきましょう。

オリジナルのハッシュタグを作る

オリジナルハッシュタグを作ることもバズりやすくなる方法の一つです。

ユーザーはハッシュタグで検索をすることもあり、オリジナルのハッシュタグの認知度が上がることで、使用しているアカウントの知名度も高くなります。

オリジナルハッシュタグを作る際は、興味を持たれやすいキーワードや使いたくなるキーワードを意識しましょう。

  【2022年最新】ハッシュタグキャンペーンとは?やり方や成功事例3選、実施する際のポイントを紹介 さまざまな企業がSNSマーケティングを行うなか、効果的な手法のひとつとして上げられるのが「ハッシュタグキャンペーン」です。 ハッシュタグキャンペーンは、アカウントをフォローの上、キャンペーン独自のハッシュタグをつけて投稿することで、キャンペーンに参加してもらう仕組みとなっています。 当記事では、ハッシュタグキャンペーンのメリットや手順、企業の成功事例について紹介します。また、キャンペーン実施のポイントについても解説するので、認知拡大やUGC獲得を図る施策を検討している方は、ぜひ参考にしてください。 OWNLY

Twitterでバズった時の注意点

Twitterでバズると様々なメリットがありますが、一歩間違えると炎上と捉えられてしまうリスクもあります。

Twitterでは、批判するユーザーが多いことで拡散されることもあります。

また、面白いコンテンツなど良い評価をきっかけにバズったコンテンツであっても、一部のユーザーにとっては不快に思うコンテンツとなってしまう可能性もあります。

炎上が起きないように気をつけていても、思いもよらない批判が集まる可能性があることは把握しておきましょう。

そして、炎上が起きる可能性を下げるために不適切な内容がないか、ツイート前に確認する体制を整えておきましょう。

差別的な内容は含まれていないか、一部の人を批判・否定するような内容ではないかなどを事前によくチェックすることなどが重要です。

Twitterでバズる方法まとめ

本記事では、Twitterのバズる方法やアカウントがバズったメリットを解説しました。

バズることはエンゲージメントが格段に高くなりアカウントの評価も高くなる一方、炎上してしまうリスクも隣り合わせにあるため、リスクマネジメントにも注意が必要です。

計画的にTwitterをバズらせる方法を理解して、自社アカウントの効果的な運用を行いましょう。


カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。