catch-img

Twitterのビジネスアカウントの作り方4ステップ|費用・メリットから管理方法まで解説

Twitterは拡散性が高く、若いユーザーを中心に認知拡大を狙いやすいSNSのひとつです。ビジネスとして利用している企業も多く、ビジネスアカウントの作成を考えている方も多いでしょう。

当記事では、Twitterのビジネスアカウントの作り方やメリット、管理方法について解説します。またTwitterは運用方法を誤ると炎上したり、効果的に運用できない可能性もあるため、デメリットについても把握しておきましょう。

Twitterのビジネスアカウントの作成を検討している方は、ぜひ参考にしてください。


目次[非表示]

  1. 1.Twitterのビジネスアカウントとは?
    1. 1.1.ビジネスと個人アカウントの違いは?
    2. 1.2.ビジネスアカウントを作る目的
  2. 2.ビジネスアカウントを作る上での費用
  3. 3.Twitterのビジネスアカウントの作り方|4ステップ
    1. 3.1.プロフィール画像とヘッダー画像を設定する
    2. 3.2.表示名およびユーザー名
    3. 3.3.紹介文を書く
      1. 3.3.1.ウェブサイトへのリンクを貼り付ける
      2. 3.3.2.位置情報を追加する
    4. 3.4.固定ツイートを設置
  4. 4.Twitterのビジネスアカウントのメリット・デメリット
    1. 4.1.公式として証明できる
    2. 4.2.Twitter広告を回しやすい
    3. 4.3.炎上リスクの対策が必要
    4. 4.4.長期的な運用が求められる
  5. 5.Twitterのビジネスアカウントでよくある質問
    1. 5.1.同じ端末で一般アカウントと切り替えられる?
    2. 5.2.生年月日はどうすればいい?
  6. 6.Twitterのビジネスアカウントのまとめ


Twitterのビジネスアカウントとは?

Twitterのビジネスアカウントとは、企業が自社の商品やサービスの宣伝などを目的としたアカウントのことです。

数あるSNSの中でも気軽に作成できるため、個人だけでなくビジネスに活用している企業も多くあります。

Twitterは気軽にビジネスアカウントを作成でき、若いユーザーを中心に認知拡大を狙いやすいことが特徴です。

ビジネスと個人アカウントの違いは?

Twitterのビジネスアカウントと個人アカウントは区別されていません。

利用可能なメールアドレスか電話番号があれば、いずれも複数のアカウントを無料で作成することができます。

利用料金はかからず、1人1つしか作成できないなどのルールもありません。

ビジネスアカウントを作る目的

ビジネスアカウントを作る前に、Twitterの運用を通じて達成したい目標や目的を定めておきましょう。

ビジネスアカウントを作る目的の例は、以下のようなものがあります。

  • 商品やサービスの認知度向上
  • ブランドイメージの向上
  • 商品やサービスのファン化
  • ウェブサイトへの流入数増加
  • アクティブサポートによる満足度向上

目的を定めることで、ツイート内容やトーン&マナー、キャンペーン、ユーザーとの絡み方などを、具体的に決めることができます。

ビジネスアカウントを作る上での費用

Twitterは、商用目的であっても利用料金は一切かかりません。

広告を利用する場合などは都度費用がかかりますが、基本的には無料で運用できます。

1人1つしか作成できないといったルールもないため、ブランド別や商品・サービス別に分けて、アカウントを運用することも可能です。

ただし、ツイートやアカウントを宣伝するプロモ広告を活用する場合は、その都度費用がかかります。

Twitterのビジネスアカウントの作り方|4ステップ

ここからは、Twitterビジネスアカウントの作り方を4つのステップに分けて紹介します。

まずはアカウントを作成し、順に初期設定を行いましょう。

プロフィール画像とヘッダー画像を設定する

プロフィール画像やヘッダー画像は、ユーザーの目に留まりやすい部分です。

一目見てどのようなアカウントかが分かるよう、自社のロゴや商品の写真などを設定するといいでしょう。

またヘッダーは、そのとき宣伝したい期間限定のキャンペーンを設定をしたりと、上手に活用してユーザーに見てもらうことが大切です。

表示名およびユーザー名

ユーザー名は、誰にも使用されていないオリジナルIDを設定する必要があります。

自社と分かりやすいようなユーザー名に設定しましょう。

英数字とアンダーバーを使用でき、15文字以内で設定可能です。アカウント作成後に変更することもできます。

また表示名もユーザーの目につく部分なので、企業名やブランド名、商品・サービス名にするのが無難です。

紹介文を書く

紹介文(プロフィール文)の文字数は、160文字以内と定められています。

できる限り簡潔に、自社の魅力を伝えられる文章を記載しましょう。

Twitter限定のお得な情報を発信している場合は、その旨を紹介文に記載するなど、フォローしてもらえる工夫をすることが重要です。

ウェブサイトへのリンクを貼り付ける

プロフィール欄にウェブサイトのリンクを追加することができます。

自社サイトや商品・サービスのページ、キャンペーンのLPなど、見てもらいたいサイトのリンクを設定しましょう。

Twitterからウェブサイトにアクセスしたことが分かるよう、Twitter専用のリンクを設置して追跡できるようにしておくことがおすすめです。

位置情報を追加する

位置情報を追加することで、その地域のユーザーにリーチしてつながりを増やすことができます。

本社の所在地や創業地、商品を配達できるエリア、サービスの対応エリアなどの位置情報を追加しましょう。

実店舗を展開している場合は、必ず所在地や営業時間を明記してください。

固定ツイートを設置

キャンペーンや最新のニュースなど、フォロワーに見てもらいたいツイートを固定することができます。

固定ツイートの例は以下のようなものがあります。

  • 開催中のセールやプロモーション
  • 新発売の商品やサービスの宣伝
  • 寄付や募金活動の紹介

ツイートを固定するには、該当のツイートの右上にある「…」をクリックし、「プロフィールに固定する」を選択します。

固定ツイートを上手に活用して、宣伝やプロモーションをさらに盛り上げましょう。

Twitterのビジネスアカウントのメリット・デメリット

Twitterのビジネスアカウントには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

■メリット


  • 公式として証明できる
  • Twitter広告を回しやすい

■デメリット

  • 炎上リスクの対策が必要
  • 長期的な運用が求められる

それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

公式として証明できる

Twitterでは、本物の公式アカウントであることを証明する「ブルーの認証済みバッジ」があります。

アカウント作成者からのリクエストは受け付けていないものの、「関心を集めるアカウントである」と判断された場合にのみ、認証されます。

バッジ付与の対象は、音楽・演劇・ファッション・政府・政治・宗教・ジャーナリズム・メディア・スポーツ・ビジネス・その他の注目分野の利用者によって管理されているアカウントです。

Twitter広告を回しやすい

Twitter広告に登録すると、ビジネスアカウントとしてプロモーションを行うことができます。

Twitter広告は、ユーザーのタイムラインや検索結果などに広告を表示できるサービスです。

プロモ広告・フォロワー獲得広告・Twitterテイクオーバー・Twitter Amplofy・Twitterライブの5種類があります。

広告費は最小金額が設定されていないため、少ないコストから運用可能です。

炎上リスクの対策が必要

これまで公式のTwitterアカウントが炎上し、企業がイメージダウンしてしまう事例はいくつかありました。

炎上を避けるためには、炎上リスクの対策が必要不可欠です。デリケートな問題の取り扱いに十分注意しましょう。

以下のような内容のツイートは避けるべきといえます。

  • 差別に関する問題
  • ジェンダー(性差)問題
  • 政治や社会トレンドの話題

またSNS担当者がミスをしてツイートする、いわゆる「誤爆」も炎上の原因のひとつです。マーケティング知識やSNS運用についての教育は欠かさずに行いましょう。

長期的な運用が求められる

Twitterを運用するにあたって、早く結果を出したいと考えている方も少なくないでしょう。

しかし、始めたばかりのアカウントを一気に拡散されることはほとんどなく、地道に運用を続けることが重要です。

長期的に運用することでフォロワー獲得やファン化につながるので、長く見据えてアカウントを運用しましょう。

Twitterのビジネスアカウントでよくある質問

ここでは、Twitterのビジネスアカウントでよくある質問について回答します。

同じ端末で一般アカウントと切り替えられる?

Twitterには、個人アカウントとビジネスアカウントの区切りがありません。そのため、同じ端末からすぐにアカウントを切り替えることができます。

いつでもアカウント切り替えができる一方で、アカウント間違いによる誤爆には要注意です。

生年月日はどうすればいい?

Twitterで新しくアカウントを作成するには、生年月日の入力が必要です。

企業や店舗、架空のキャラクターなどのアカウント作成をする際は、運用担当者や責任者の生年月日を入力しましょう。

Twitterの利用規約では、「Twitterを利用できるのは13歳以上のみ」と定められているため、13歳以上であっても誤入力によってロック・凍結される恐れがあります。

そのため、事業の開始日や開店日などで設定しないよう注意が必要です。

もしロック・凍結された場合は、Twitterに異議申し立てや審査を依頼して、解除してもらわなければなりません。

Twitterのビジネスアカウントのまとめ

Twitterのビジネスアカウントを作る際は、企業の魅力を分かりやすく伝えたうえで、キャンペーンやお得な情報を上手に宣伝することが重要です。

ユーザーにフォローしてもらえる工夫をすることで、認知度向上やファン獲得につながるでしょう。

オウンリーでは、Twitterをはじめとする幅広いSNSマーケティングに対応しています。15種類以上のキャンペーン、UGC収集、施策の企画・実行など多彩な機能を提供しているので、SNSマーケティングを活用したい方はぜひお問い合わせください。

カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング