catch-img

LINEマーケティングの成功事例3選|メリットとデメリットを徹底解説

LINEは国内のSNSアプリダウンロード数は他のSNSと比べて群を抜いています。

年齢、性別に関わらず国内シェアが高いため、LINEを活用したマーケティング施策を実施するを検討する企業が年々増えてきています。

このようにLINEの活用事例が増えている中で、LINEを取り入れたマーケティング施策を検討されている方も多いのではないでしょうか。

今回はLINEを活用したマーケティングの成功事例やメリットについて解説します。LINEのマーケティングにおける特徴を理解した上でマーケティング施策を行いましょう。

目次[非表示]

  1. 1.LINEマーケティングが注目される理由とは?
  2. 2.LINEマーケティング5つのメリット
    1. 2.1.メリット1.無料でできる範囲が広い
    2. 2.2.メリット2.幅広いユーザーにアプローチができる
    3. 2.3.メリット3.メッセージの開封率が高い
    4. 2.4.メリット4.構築や運用のハードルが低い
    5. 2.5.メリット5.インストールなどのハードルがない
  3. 3.LINEマーケティングのデメリット
    1. 3.1.デメリット1.ブロックが簡単にできてしまう
    2. 3.2.デメリット2.toBマーケティングには適していない
    3. 3.3.デメリット3.メッセージ数や広告など費用がかかる部分もある
  4. 4.LINEでできるマーケティング施策7選
    1. 4.1.1.LINE公式アカウント(旧LINE@)
    2. 4.2.2.LINEミニアプリ
    3. 4.3.3.LINEプロモーションスタンプ
    4. 4.4.4.LINE STAFF START
    5. 4.5.5.LINE広告
    6. 4.6.6.LINEで応募
    7. 4.7.7.LINEチラシ
  5. 5.LINEマーケティングの業界別成功事例3選
    1. 5.1.事例1.美容・ファッション業界
    2. 5.2.事例2.飲食業界
    3. 5.3.事例3.人材業界
  6. 6.LINEマーケティングまとめ

LINEマーケティングが注目される理由とは?

LINEは国内で最大のSNSアプリであり、マーケティングチャネルとしても魅力的です。

LINEは利用ユーザーが月間8,000万人超であり、多くの人が利用するSNSです。

連絡手段として利用されることを目的として広まったSNSなため、ユーザーのアクティブ率が高くリーチする力が高い点も魅力です。

LINEマーケティング5つのメリット

LINEは国内ユーザーが多い特徴があるため、マーケティングとしての活用も効果的です。

マーケティングツールをLINEにすることはどのようなメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

メリット1.無料でできる範囲が広い

LINE公式アカウントは無料プランから始めることができますが、無料プラン、有料プランに関わらず全ての機能を利用することが可能です。

LINEのアカウントの開設は数分で簡単にできるため、すぐに開設して利用することが可能です。機能を試したい場合でも気軽に試験的に運用することが可能です。

機能やプランは以下の表を参考にご確認ください。

メリット2.幅広いユーザーにアプローチができる

LINEはSNSアプリの中で利用ユーザーが多く幅広い年齢層や様々な業種の方々が使用しているため、多くのユーザーへアプローチが可能です。

アクティブ率も高い数値を出しており、他のSNSのアクティブ率と比べると、twitterが約38.3%、Facebookが20.4%、LINEが41.6%となっています。

出典 : LINE公式アカウント

メリット3.メッセージの開封率が高い

LINEの場合ブロックされなければユーザーにメッセージが届くため、その利用の高さからメールと比較して開封率が優れています。

メールマガジンの平均開封率は15%〜20%である一方でLINEの開封率は約60%と言われています。

出典:Average Industry Rates for Email as of November 2020

メリット4.構築や運用のハードルが低い

スマートフォンの普及により、自社アプリを開発して販促や顧客フォローをする企業が増えてきます。

一方で、アプリを開発するにはコストがかかる他、素早いリリースができないなどの課題を抱えてる企業もあります。

LINE公式アカウントはユーザーのLINEアプリを活用して販促や集客ができるため、開発アプリの課題点である開発費がかかるといった問題はありません。

自社オリジナルのアプリ開発を行うよりは、既存プラットフォームのLINEを活用してPRを行う方が効率的なマーケティングが行えるでしょう。

また、現在ではLINE公式アカウントだけではなく、LINEミニアプリなどLINE上で使えるサービスも多様化しています。

メリット5.インストールなどのハードルがない

LINEは既にインストールをした上で日常的に利用しているユーザーが多いため、ユーザーがLINE公式アカウントやミニアプリを利用する際に新たにインストールする必要がありません。

顧客獲得もメールアドレスの登録などはなく、QRコードの読み取りや友達追加ボタンをタップするだけで簡単に企業アカウントと繋がる事ができるため、効率的なマーケティングが可能です。

LINEマーケティングのデメリット

デメリット1.ブロックが簡単にできてしまう

LINEアカウントは迷惑メールフォルダーがない代わりにブロックを簡単にされてしまう可能性があります。

ブロックされると友達登録をしている場合でもメッセージが届かなくなります。そのため、LINE公式アカウントを運用する際はいかにブロックを防ぐかがポイントです。

ユーザーのニーズを把握し配信すべき情報を精査することでブロック率の軽減に繋がるでしょう。

デメリット2.toBマーケティングには適していない

LINEマーケティングは消費者をターゲットにするtoCビジネスではユーザー幅の広さから効果が出やすい傾向にあります。

しかし、企業をターゲットにするtoBのビジネスにおけるマーケティングでは、役職や業種などのセグメントが必要であるため、役職等のセグメントができないLINEによるマーケティング施策では適切とは言えないでしょう。

デメリット3.メッセージ数や広告など費用がかかる部分もある

LINE公式アカウントの運用は個人向けのアカウントと違って無料ではありません。

開設は0円で行えるため実際の運用が開始されるまでの負担はかかりませんが、運用にはLINE公式アカウント基本料金と追加メッセージ費用を支払う必要があります。

LINE公式アカウントの料金形態には3種類のプランを用意しており、フリープラン、ライトプラン、スタンダートプランの中から企業の状況に応じて都合がいいものを選択できます。

フリープランは完全無料で利用できるものの、1ヶ月に1,000通までしかメッセージを送信できないという制約があり、追加料金を支払ってメッセージを増やす事もできません。

1ヶ月の1000件以上のマーケティング、PRを行う場合はライトプランかスタンダートプランの契約が必要になり、コスト負担が増加するデメリットがあります。

LINEでできるマーケティング施策7選

1.LINE公式アカウント(旧LINE@)

LINEで家族や友達とコミュニケーションを取るのと同じように、日常に溶け込みながらユーザーと企業・店舗との接点を創出するサービスです。

2.LINEミニアプリ

LINEアプリ上で自社サービスのデジタル化を完結することができるサービスです。予約・注文受付・デジタル会員証・順番待ちなど幅広いサービスを個別開発不要なパッケージで提供します。

3.LINEプロモーションスタンプ

毎日使われているスタンプをきっかけにブランドの認知・ファン化を実現します。LINE公式アカウントへの友達追加にも、効果を発揮します。

4.LINE STAFF START

LINE公式アカウントを活用して店舗スタッフがユーザーと直接コミュニケーションを図るためのサービスです。情報発信やチャットによるオンライン接客などを通し、スタッフ個人の売上を可視化することができます。

5.LINE広告

月間9,200万人が利用するLINEに広告を配信できるサービスです。圧倒的なリーチ力だからこそ、ブランディングや顧客獲得など幅広いマーケティング目的に利用できます。

6.LINEで応募

店舗オペレーションの軽減や店舗POPの削減、キャンペーンへの参加促進や購買行動の把握といった、店舗販促における課題を解決するソリューションです。

7.LINEチラシ

生活者の毎日のお買い物がもっと便利になります。スマートフォンに最適化されたLINEの新しいデジタルチラシサービスです。

LINEマーケティングの業界別成功事例3選

事例1.美容・ファッション業界

EC展開をしている美容・ファッションを扱っている企業では、LINE公式アカウントがマーケティング施策として利用されています。

顧客と一対一でコミュニケーションに重きを置くことでメール経由の売上と比べてLINE公式アカウント経由では5倍の売上を記録した企業もあります。

顧客のニーズによって提案商品が変わる美容・ファッション業界では一対一のコミュニケーションが取れるLINE公式アカウントの活用がおすすめです。

事例2.飲食業界

飲食業界では店舗を展開している企業を中心に「LINEで予約」が活用されています。

予約形態が多様化している飲食業界では、リピーターの獲得は重要な要素のひとつです。

LINE公式アカウントを通した「LINEで予約」を活用することでリピーターの獲得や普段WEBや電話が面倒と感じている顧客の予約への流入が期待できます。

「LINEで予約」の活用によりWeb経由の予約数が月間2.5倍に増加した例もあります。店舗経営をされている方は、予約形態の新たな試みとして検討されてはいかがでしょうか。

事例3.人材業界

人材業界ではチャットボット機能やLINEの友達追加広告の活用がされています。

転職支援サービス等を扱っている企業では、日々転職者とコミュニケーションを取る機会があるため、通常は電話やメール等で面談予約を行う必要があります。

しかし、LINEのチャットボットサービスを導入することで転職者にとっても簡単に面談予約等が可能になります。

また、日常的なコミュニケーションツールでもあるため、他のチャネルと比べて面談予約率を高くすることにも成功しているケースもあります。

LINEマーケティングまとめ

LINEマーケティングは多様な機能性から様々な施策を行えることや、導入ハードルが低いのがLINEマーケティングです。

LINEマーケティングはtoBのビジネスには不向きですが、toCのビジネスに対しては無類の強さを誇ります。そのため店舗PRなどの宣伝には効果的なツールと言えるでしょう。

LINEは無料で利用出来るため、PRや宣伝広告が初めての方は実施を検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

タグ一覧