catch-img

Instagramの運用代行とは?メリットや費用相場、おすすめの運用代行会社と選び方を解説

Instagramによるマーケティングは、手軽に導入しやすく、施策次第では高い集客効果を見込めるため、実際に活用している企業も増え始めています。

しかし、自社で運用するにあたって「アカウントの伸ばし方が分からない」「社内のリソースが足りない」「すぐに成果を出したい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

自社のニーズに合った運用代行会社に依頼することで、フォロワーの増加やエンゲージメント向上、売上アップなどにつながり、よりマーケティングの効果を得られるでしょう。

当記事では、Instagramの運用代行におけるメリット・デメリットや費用相場、運用代行会社の選び方について解説します。おすすめの運用代行会社も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

また、以下の資料ではInstagramで集客する際に押さえておきたいポイント9つを解説しています。無料でダウンロードできますので、気になる方はお気軽にダウロードください。

目次[非表示]

  1. 1.Instagramの運用代行とは
  2. 2.Instagramの運用代行のメリット
    1. 2.1.分析から運用まで行ってくれる
    2. 2.2.運営の負担が大きく減る
    3. 2.3.アカウント停止や炎上のリスクを回避できる
  3. 3.Instagramの運用代行を依頼するときの注意点
    1. 3.1.コストがかかる
    2. 3.2.社内に経験やノウハウが蓄積されない
    3. 3.3.自社のイメージとかけ離れる可能性がある
  4. 4.Instagramの運用代行にかかる費用相場
  5. 5.Instagramの運用代行会社を選ぶポイント
    1. 5.1.目的に合わせた運用が得意か
    2. 5.2.業界・業種に合った運用実績があるか
    3. 5.3.料金体系は明確に提示してくれるか
  6. 6.おすすめのInstagram運用代行会社
    1. 6.1.株式会社スマートシェア
  7. 7.Instagram運用代行まとめ

Instagramの運用代行とは

Instagramの運用代行とは、企業のアカウントを代わりに運用してもらうサービスです。

自社で運用するよりも、専門的な知識やノウハウを豊富に持つ運用代行会社に依頼することで、より成果を実感しやすくなるでしょう。

具体的なサービス内容は、以下のようなものがあります。


  • アカウント企画
  • 写真撮影や画像編集
  • コメントへの返信や監視
  • ハッシュタグの選定
  • 広告運用
  • 分析・運用レポート作成

ただし、対応範囲は運用代行会社によって異なるため、自社の目的に合った業務を行ってくれるかどうかを検討する必要があります。

Instagramの運用代行のメリット

Instagramの運用代行を依頼するメリットは、以下の3つがあります。


  • 分析から運用まで行ってくれる
  • 運営の負担が大きく減る
  • アカウント停止や炎上のリスクを回避できる

ここでは、それぞれのメリットについて解説します。

分析から運用まで行ってくれる

Instagramをビジネスアカウントとして運用した経験がある人は少ないと思います。実際に初めて運用するとなると、非常に難しく労力がかかるものです。

運用代行を依頼すると、SNS運用に特化したプロがクオリティ高い投稿の提案から、ハイレベルな運用まですべて代わりに行ってくれます。

さらにアカウントの分析・改善も行いながら、さまざまな施策や提案をしてもらえるため、フォロワーの伸びや広告効果を十分に得られる点がメリットです。

運営の負担が大きく減る

Instagramを社内で運用するとなると、多くの工数やリソースを割かなければなりません。

アカウントの放置を防ぐために、定期的な更新作業や広告、キャンペーンの実施も必要となり、運営側の負担が大きいのが実情です。

運用代行を依頼することで、社内のリソースを削減でき本業に集中できます。

社内のリソースに左右されないため、最適な投稿回数や投稿鮮度を保ちながら運用が可能です。

アカウント停止や炎上のリスクを回避できる

Instagramに限らず、SNSはアカウント停止や炎上のリスクがつきものです。

知識や経験が不足していると、どのような運用がリスクにつながるか判断が難しいこともあるでしょう。

近年は、Instagramのプライバシーポリシーやガイドラインに対する規定が強まっています。

とくにキャンペーンの実施では表現方法によってはポリシー違反にあたる恐れもあり、表現の仕方に十分注意しなければなりません。

Instagramの運用代行を依頼するときの注意点

Instagramの運用代行には以下のような注意点もあります。


  • コストがかかる
  • 社内に経験やノウハウが蓄積されない
  • イメージが変わる可能性がある

注意点を踏まえて、運用代行を依頼するかどうか慎重に検討しましょう。

ここでは、それぞれの注意点について解説します。

コストがかかる

Instagramの運営は毎日行う必要があり、収益化できるまではそれなりのコストが発生すると考えておきましょう。

費用相場は、月額で最低数十万円程度かかり、最低契約期間の間は継続して支払う必要があります。

会社によってはオプション対応が別料金になる場合もあるため、詳しく料金体系をチェックした上で依頼することが大切です。

依頼する場合は、自社の予算を運用代行会社に伝えた上で、最適なプランを提案してもらいましょう。

社内に経験やノウハウが蓄積されない

Instagram運用代行会社にすべて委託すると、時間や手間がかからず運用することができます。

その一方で、社内に経験やノウハウが蓄積されない点がデメリットです。

しかし、「ノウハウよりもすぐに成果を出したい」といった場合は、心配する必要はないでしょう。

ノウハウをある程度提供してもらいたい場合は、ヒアリング時にその旨を伝えておきましょう。

自社のイメージとかけ離れる可能性がある

運用を代行会社に任せると、自社が想定していたイメージとかけ離れてしまう可能性があります。

より効果を出すために、インパクトのある写真を掲載したり、特徴のある返信や文章にしたりすることがあるためです。

「イメージとかけ離れている」という事態を防ぐには、依頼前に具体的なブランドイメージを共有し、定期的にフィードバックすることが重要です。

Instagramの運用代行にかかる費用相場

Instagramの運用代行を依頼する場合、具体的には以下のような費用がかかることを想定しておきましょう。


すべて含めた運用代行費用

15~100万円程度

運用代行の初期費用

0~30万円程度

運用のコンサルティング

10~30万円程度

投稿写真・動画コンテンツのクリエイティブ

10~40万円程度

ハッシュタグ選定・投稿文作成

5~20万円程度

投稿代行

5~20万円程度

Instagram広告新規リーチ

5~50万円程度

キャンペーン
1回10~100万円程度

ほとんどの運用代行会社には「最低契約期間」が設けられているので、その期間も合わせてチェックすることをおすすめします。

Instagramの運用代行会社を選ぶポイント

Instagramの運用代行会社は、以下をポイントに選びましょう。


  • 目的に合わせた運用が得意か
  • 業界・業種に合った運用実績があるか
  • 料金体系は明確に提示してくれるか

ここでは、それぞれのポイントについて解説します。

目的に合わせた運用が得意か

運用会社がどのような運用を得意としているかは重要なポイントです。

ひとくちに運用代行会社と言っても、動画・画像制作、コメント返信など部分的に代行してくれる会社や、分析や課題抽出だけ行う会社、運用をすべて請け負う会社などさまざまです。

自社の運用で課題となっている部分や、目的を明確にした上で、依頼したい業務に十分対応できる会社を選びましょう。

業界・業種に合った運用実績があるか

自社の業界・業種に合った実績や、自社に似た実績があるかも確認しておきましょう。

業界・業種ごとに効果的なアプローチの仕方や、気を付けるべき表現方法が異なるためです。

たとえば、医薬品や化粧品を扱う場合は、薬機法66条の誇大広告「虚偽又は誇大な記事を広告してはならない」という規定を守らなければなりません。

このように法律に触れる場合もあるため、自社業界・業種に近い実績はあるか、業界を熟知しているかどうかをチェックすることをおすすめします。

さらに、クオリティの高い画像を求めるのであれば、撮影や画像加工の技術がある会社に依頼すべきです。動画を通して魅力を伝えたい場合は、動画制作を得意としている会社を選ぶべきでしょう。

料金体系は明確に提示してくれるか

運用会社や対応範囲によって料金は大きく異なります。

初期費用が必要な会社もあれば、オプション別に料金がかかる会社もあるでしょう。

事前に細かな費用まで明確に提示してくれる会社を選ぶと、費用面でのトラブルを防ぐことができるため安心です。

費用をチェックする際は、最低契約期間についても合わせて確認しておきましょう。

おすすめのInstagram運用代行会社

ここからは、Instagram運用を丸投げできるおすすめの代行会社を紹介します。

株式会社スマートシェア

SmartShareがInstagramに特化したアカウント分析ツール「Insight Suite」を提供開始してから3年で累計10,000アカウント以上が利用しています。

「Insight Suite」では、自社アカウント分析から他アカウントなどの分析が可能なため、競合アカウントが利用しているハッシュタグや投稿の傾向を分析し、最適なタグの選定やコンテンツの方向性の提案と作成を提供できます。

また、アカウントの健康状態を診断し、運用実績を可視化して毎月の定例会で振り返るため、更なる成果を生み出すことが可能です。

詳しくは以下のサイトをページをご覧ください。

  Instagramアカウント運用代行サービス - フォローしたくなる企業アカウントを実現する SmartShareは、Instagramのビシネスアカウントに関する 膨大なデータの収集/分析実績を持ち、 多くの企業アカウントの運用をサポートしています。 OWNLY

Instagram運用代行まとめ

Instagramの運用代行を依頼することで、運営の手間を削減しつつ、ハイクオリティな運用が可能になります。

運用代行会社を選ぶ際は、自社の目的に合わせた業務を行ってくれるか、実績は豊富にあるかを十分に確認しましょう。

SmartShareが提供する「Insight Suite」では、競合アカウントの分析・投稿デザインのパターン、投稿スケジュールの提案・KPI達成に向けた運用、分析による運用改善を一貫してサポートします。

アカウントのフェーズに合わせた3つのプランを用意しており、最大月20回投稿、キャンペーンサポートも対応可能です。

Instagram運用代行会社をお探しの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。