catch-img

Twitter分析ツールのおすすめ10選|無料で使えるツールや選び方のポイントを解説

Twitter運用をしている企業が増えてきたことで、Twitter分析の重要度が高くなってきています。Twitterの分析ツールの活用もTwitter運用を行う中で重要な要素のひとつです。

本記事では、おすすめの分析ツールの紹介から選び方のポイントまで分かりやすくご紹介します。自社に合った分析ツールを活用して、Twitter運用の改善と分析を行いましょう。

Twitter分析が重要な2つの理由とは?

企業がTwitterを活用している目的の多くは、企業が届けたい情報を発信するためですが、宣伝などの偏った情報発信は運用の失敗に陥るリスクがあります。

Twitterの分析を行うことでユーザーに求められる良質なアカウントになるでしょう。以下では、Twitter分析が重要な2つの理由について解説します。

理由1.市場の傾向を把握できる

Twitterはユーザー数が多く、統計的な分析も可能なため、ユーザーから市場の傾向を把握しやすいという特徴があります。

市場の傾向を把握すれば、商品やサービスの開発や効果的なプロモーションの改善に繋がります。

理由2.フォロワーのニーズを明確にできる

Twitterを分析すると、自社アカウントで発信した情報がフォロワーにとってニーズがあるかを数値化できるため、アカウント運用改善のヒントになります。

投稿に対するフォロワーの反応の傾向を知ることは、フォロワーのニーズ把握に繋がり、 Twitter運用の改善に活用できます。

Twitter分析ツールの種類

Twitter分析では目的ごとに使用するツールの使い分けが重要です。Twitter分析を行う際に重要な分析ツールの種類を3つご紹介します。

1.アカウント分析ツール

アカウント分析ツールは、投稿とフォロワーの分析を行い、自社アカウントの改善に役立てられます。分析結果から投稿の改善点を見つけ出し、自社アカウントの発展に活用しましょう。

投稿の分析では以下の4点を確認して、ツイートの反応を分析しましょう。

  • インプレッション数
  • プロフィールクリック数
  • いいね数
  • リツイート数

2.競合分析ツール

競合分析ツールは競合他社のアカウントで反応の良い投稿やニーズを満たしている部分の把握ができるので、競合の良い部分を見つけて自社アカウントの改善に役立てられます。

分析の際は、ツイートの数値を見るだけではなく、投稿頻度や投稿タイミングもチェックして自社アカウントとの比較を徹底的に行いましょう。

3.トレンド分析ツール

トレンド分析ツールは、様々な検索キーワードの人気度の動向を分析することができるツールです。

検索キーワードの人気度の推移や、地域別の人気度などを表やグラフで見ることができます。

Twitterは他のSNSと比べて、トレンドのリアルタイム性が高いです。今の瞬間に流行しているワードや話題をハッシュタグ検索で調査すると、トレンドに合わせたツイートが可能になります。

トレンドに沿った情報発信は話題になりやすく、結果的に新規ユーザーへの認知拡大に繋がります。

Twitter分析ツールおすすめ7選【無料あり】

Twitterの分析はツールによって特徴や得意な分析があります。無料ツールと有料ツールでは機能が変わることもあるため、分析の目的に応じたツール選びをしましょう。

無料ツール4選

以下では、4つの無料ツールをご紹介します。

Twitter公式の機能にも分析ができる機能がありますが、目的によって導入すべきツールは異なるため、特徴を捉えた上で必要なツールを選びましょう。

1.Twitterアナリティクス

Twitterアナリティクスとは、Twitterが公式で提供しているツールです。投稿の反応を数値で確認できます。

外部のアプリやツールではなく、Twitter社のサービスなので、数値やデータの信頼性が高く、ダイレクトに企業のプロモーションや広告の効果測定に活かすことができます。

2.TweetDeck


TweetDeckもTwitterアナリティクス同様にTwitterが公式で提供しているツールになります。

TweetDeckでは複数の投稿やキーワードを同時に確認できるため扱いやすく、検索方法も投稿された場所や時刻、画像などから条件を絞り込むことが可能なツールです。

また、予約投稿なども可能なため、投稿管理にも優れています。

3.Twittrend

Twittrendは、地域ごとで話題になっているTwitterトレンドをランキング形式でまとめているツールです。

全国22地域のトレンドワードを絞り込んで、ランキング化しています。地域ごとのトレンド把握で、地域密着型の事業に活用しやすい特徴があり、一部に特化した情報を発信できます。

4.つぶやきデスク

つぶやきデスクは、分析機能や予約投稿機能、ハッシュタグをグループ分けできる機能が搭載されているTwitter分析ツールです。

複数人で1つのTwitterアカウントを共有できたり、日時指定をしてツイートの予約が可能です。

5.whotwi

whotwiは、Twitterアカウントの様々な数値をグラフに表して分析してくれるサイトです。

自社アカウントがどのユーザーとの関わりが強いか、どの曜日の何時にツイートが多いかなどを分析できます。

自分以外のアカウントの傾向を分析できる点もwhotwiの特徴です。競合他社のアカウントの伸びている数値を確認して、タイミングや投稿頻度をチェックします。

有料ツール

有料利用のTwitter分析ツールをご紹介します。費用がそれぞれ異なるため、ツールの機能が自社アカウントに必要なものかどうかをしっかりと理解した上で導入・活用しましょう。

1.Buffer

Bufferはエンゲージメントやフォロワー数、リツイートしたユーザーの数を確認できるなど、多くの機能を簡単に確認できるツールです。

しかし、Bufferは英語表記のため英語に自信がない方や、海外ツールに慣れていない企業は導入までに社内で活用可能か確認しておきましょう。

2.Social Insight

Social Insightは自社アカウントのリツイート数やフォロワーの推移が確認できることに加え、他のTwitterアカウントのフォロワー、いいね、リツイートの推移も確認可能なツールになります。

Twitterだけでなく、他のSNSでの活用も可能な分析ツールになっています。多くのアカウントデータを蓄積しているため、信用性のあるデータの活用を可能にしています。

3.Keywordmap for SNS

Keywordmap for SNSは、成果に繋がるTwitter運用の方針が分かり、再現性の高いマーケティングが可能になる分析ツールです。

ユーザー別のインサイトや、コンテンツの質などをチェックできます。キーワードに関する分析ができるのが特徴で、Twitterアナリティクスよりも詳細なデータ分析とレポートが確認できます。

4.ooowl


ooowlはアカウント運用に重要なインプレッション数やプロフィールクリック数などの分析を得意とするツールです。

シンプルで扱いやすいツールとなっており、カレンダーベースで投稿と投稿に対しての数値が表示されるようになっています。

また、レポート機能も充実しておりフォロワーやリーチ数など項目ごとのレポート出力が可能となります。

費用は月額6,000円と低い価格帯となっており、初めてTwitter分析ツールを導入する企業におすすめです。

5.comnico Marketing Suite


comnico Marketing Suiteは自社アカウントや競合アカウントの分析、口コミの分析が可能なツールです。

また、予約投稿や投稿プレビュー機能も備わっており、投稿を管理する機能も充実しているため情報のリリースが多いアカウントにおすすめです。承認機能も備わっているため、複数人でアカウント管理する際にも有効なツールになります。

費用は月額50,000円で3つのアカウントの管理が可能になります。

以下の資料では、Twitter上でキャンペーン施策を行う際に押さえておきたいポイントを事例を確認できます。

今後Twitterにおけるフォロー&リツイートキャンペーンをご検討中の方は是非ご確認ください。

Twitter分析ツールの選び方4つのポイント

Twitterの分析ツールを紹介してきましたが、いざ導入をするとなると選択肢が多くて決めきれないという方が多いのではないでしょうか。

以下では、Twitter分析ツールの選び方について、4つのポイントに分けて簡潔に解説します。

ポイント1.分析の目的と合っているかを確認する

Twitter分析ツールを選ぶときは、自社のTwitterを分析する明確な目的を最初に定めた上でどのツールが適しているか判断しましょう。

Twitterの分析目的はフォロワー属性を把握するための場合や、バズるツイートを発信したい場合など様々です。目的によって分析すべき項目が変わるため、目的から分析すべき項目を把握した上で選ぶことをおすすめします。

ポイント2.費用対効果が適正か確認する

Twitterの分析ツールには、無料から有料で高額なものまで、多くの分析ツールがあります。

基本的には、高額ツールの方が高性能ですが、ある程度の分析ができれば十分という方は、無料のツールでも効果的な活用が可能です。

料金プランと機能を比較して、費用対効果が適正かどうかを確認した上で自社にあったツールを選びましょう。

ポイント3.全てのアカウントが管理可能か確認する

Twitterの分析ツールを使用する際は、運用している全てのアカウントが一つのツール機能で管理可能かどうかチェックしましょう。

複数のアカウントを複数のツールで管理していると、分析結果が複雑になってしまったり確認しにくくなるためおすすめしません。

管理工数を踏まえた上でのツール選択も重要です。

ポイント4.必要な機能がそろっているか

Twitterの分析に必要としている機能がないツールを選んでしまうと分析効果が薄れてしまいます。

さらに、有料ツールの導入でも分析に必要な機能が備わっていない場合は、費用対効果が悪くなるためメリットが少なくなります。

必要な機能を網羅しているかどうかの確認は忘れないようにしましょう。

以下の資料では、Twitter上でキャンペーン施策を行う際の設計手順・注意事項を中心に、キャンペーンから自社サービスへの遷移率を高める方法を解説。

SNS運用担当者様や広告代理店様は、ぜひ資料をご参考ください。

Twitter分析ツール活用のメリット3選

Twitterの分析ツールを活用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。メリットを理解して、目的達成に繋がるかをチェックしておきましょう。

メリット1.アカウントの指標が数値化される

自社アカウントや競合アカウントの指標が数値化されることで、欠点が分かりやすく明確な目的が決めやすくなります。

競合アカウントや優秀なアカウントの良い部分を取り入れることが出来れば、自社アカウントの優位性が高まります。

メリット2.ユーザーの反応を分析できる

分析ツールの使用で過去投稿の中から反応の多かったものを選択して、どのような投稿が注目されやすいかの傾向の把握が可能になります。

投稿ごとに分析するだけでなくアカウント全体のフォロワー増減や他アカウントの推移などもチェックできるため、幅広い観点での分析が可能になります。

自社と他社のアカウントの反応を比べて、改善点を見つけましょう。

メリット3.バズるツイートを生みやすくできる

Twitterでは、共感できる話や企画性の高い画像の投稿が多く、ユーザーからリツイートやいいねを集める発信ができればバズる可能性があります。

一度バズれば膨大なエンゲージメントを獲得し、フォロワー数も増えます。自社商品の認知度も広がり、Twitterからサイトにアクセスして商品を購入してくれる可能性も高まります。

分析ツールを使って過去のバズったツイートを研究し、どのような要素がユーザーに刺さりやすいのかを見つけ出し参考にしてみましょう。

以下の資料では、Twitterの企業アカウントで企業担当者の方が知っておくべきポイントを解説しています。

企業公式アカウントの運用における始め方と注意点から、Twitterの運用効果の具体的な測定方法を解説しています。

  • 興味を持ってもらえるプロフィールを作りたい
  • 投稿が見てほしいターゲット層に届かない
  • 企業公式アカウントの運用における始め方と注意点が分からない

上記でお悩みの方は是非ご参考ください。

まとめ|Twitter分析ツールは自社に合ったものを

Twitter分析ツールを選ぶ際は、自社の目的に合ったものを選ぶことが大切です。ツール自体の使いやすさや費用面などを確認しておくことも忘れずに行いましょう。

分析目的に必要な要点や指標を把握した上で分析し、少しずつ改善を加えてより良いアカウント作りを意識しましょう。




カテゴリ一覧

SNSマーケティングならOWNLY
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング