今話題のInstagram Storiesとは?詳しい機能と投稿方法

イメージ:スマートフォンで写真を撮る人々

Instagram Storiesは、2016年8月にInstagramが実装した新たな投稿機能です。
従来のフィードへの投稿に加え、日常のあらゆる瞬間をより気軽にシェアすることができる機能として追加されました。
Snapchatとの類似性など、リリース当初から話題のInstagram Storiesの詳しい機能をご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.Instagram Storiesとは?
    1. 1.1.Instagram Storiesとは?
  2. 2.ライブ動画機能
    1. 2.1.ライブ動画機能とは?
  3. 3.Instagram Storiesの投稿方法
    1. 3.1.Instagram Storiesを投稿するには?
    2. 3.2.投稿したストーリーを削除したい
  4. 4.Instagram Storiesの便利機能
    1. 4.1.新機能“メンション”
    2. 4.2.特定の人にしか表示させたくない
  5. 5.企業にとってのメリット
    1. 5.1.ユーザーに注目してほしい写真・動画のPRになる
    2. 5.2.外部リンク機能でユーザーを商品ページへ誘導
  6. 6.今後も期待大のInstagram Stories

Instagram Storiesとは?

Instagram Storiesとは?

Instagram Storiesは、Snapchatのように24時間たつと消えてしまう写真や動画の投稿機能です。
投稿した写真や動画はプロフィールページとは別の場所に表示され、同じユーザーの複数投稿はスライドショー形式で展開されます。

写真:Instagram Stories画面例

この気軽な投稿機能は、それまでのInstagramユーザーの傾向とは逆の発想から生まれたものです。
Instagramの多くのユーザーは、「生活のハイライト」を表現するためにフォトジェニックな写真を厳選して投稿し、いかに自分のプロフィールページを美しく見せるかということを重視しています。
逆に考えるとそこに気軽さはありませんでした。
そこで、より多くのユーザーが「なんでもない日常の情景」を投稿可能にする目的で実装されたようです。
参考:techcrunch

その後ライブ動画機能が追加され、リアルタイムでも友人やフォロワーとつながりを持つことができるようになっています。

ライブ動画機能

ライブ動画機能とは?

ライブ動画は、リアルタイムに友人やフォロワーに動画をシェアすることができる機能です。
2016年11月にInstagram Storiesの追加機能として実装され、日本国内でも2017年1月より利用可能になりました。
シェアした動画は配信終了と同時にInstagram上から自動的に削除されるため、友人やフォロワーに向けて、日常のあらゆる瞬間を今まで以上に気軽にシェアすることができます。

Instagram Storiesの投稿方法

Instagram Storiesを投稿するには?

Instagram Storiesを投稿するには、まずカメラを起動します。
アプリ画面の左上にあるカメラアイコンか、自分のアイコンが表示されているストーリーボタンをタップするとカメラが起動します。
フィード画面を右にスワイプして起動することもできます。

写真:Instagram Stories画面例

24時間以内に撮影されたものであれば、カメラロールから写真や動画を選択して投稿することもできます。
撮影画面を上にスワイプするとカメラロールが表示されます。

写真:Instagram Stories画面例

カメラが起動したら、撮影モードを選んで写真または動画を撮影します。
動画はシャッターボタンを長押しすると撮影ができます。
撮影モードは、「通常」の他に「BOOMERANG(ブーメラン)」「ライブ」「ハンズフリー」があります。
BOOMERANG(ブーメラン)は、10枚の写真を連射しそれを繋げてミニ動画にしてくれるモードです。
ライブはライブ動画を配信するためのモード、ハンズフリーは長押しをしなくても動画の撮影ができるモードです。

いずれかのモードで撮影をしたら、フィルターやフリーハンドのお絵かきなどのエフェクトを追加できます。スタンプや位置情報を追加することができるほか、テキスト入力も行うことができます。

写真:Instagram Stories画面例

編集が終了したら、画面左下のストーリーボタンをタップして投稿します。
このボタンを押すと即時に公開されるので注意しましょう。


投稿したストーリーを削除したい

間違ってコンテンツを投稿してしまった場合や、投稿をやり直したい場合はどうすればよいでしょうか?

このような時は、まずフィード画面上部に表示されている自分のストーリーの投稿をタップして開きます。画面の右下に「…」というマークがあるので、タップしてメニューを開き「削除」を選択します。

写真:Instagram Stories画面例

Instagram Storiesの便利機能

新機能“メンション”

メンションは、ストーリーの投稿に他のユーザーをタグ付けできる機能です。
一緒に写っているユーザーをタグ付けしたり、特定のアカウントの紹介や誘導に使うこともできます。

タグ付けされたユーザーのアカウント名をタップするとそのユーザーのプロフィールがプレビューとして小さく表示され、プロフィールページへリンクします。

写真:Instagram Stories画面例

メンションの使用方法は、ストーリーの投稿画面でテキストツールを使用し@(アットマーク)からはじまるアカウント名を入力するだけです。
一度の投稿でタグ付けできるユーザー数は最大10人です。

タグ付けされたユーザーにはダイレクト機能で通知が届きます。
この機能を上手く活用すれば、企業ユーザーが自社のブランドやサービスの紹介のために特定ユーザーを自分のアカウントに誘導したり、そのまま非公開でコミュニケーションをとることも可能になります。

特定の人にしか表示させたくない

公開アカウントで投稿されたストーリーは基本的にすべてのフォロワーと訪問者に表示されますが、特定の相手に対して非表示にすることもできます。

この設定をするには、投稿したストーリーの画面右下にある「…」をタップして、表示メニューから「ストーリー設定」を選択します。
続いて表示されるメニューの「ストーリーを表示しない人」の中から非表示にしたいユーザーを選択すると、そのユーザーには表示されなくなります。

写真:Instagram Stories画面例

また、これとは逆に特定の相手にのみストーリーをシェアするダイレクト送信という機能もあります。この機能によって特定のユーザーやグループに送られたコンテンツは、相手のユーザーが閲覧した後に自動的に削除されます。

ダイレクト送信をする場合は、ストーリーの撮影後に右下に表示される「→」をタップして、ユーザー一覧からコンテンツを送信したい相手(個人やグループ)を選択し、画面下部の「送信」をタップします。
送信したストーリーに返信できるユーザーは、「フォロワー」「フォローバックしているフォロワー」「オフ(返信を許可しない)」から選択することができます。

企業にとってのメリット

ユーザーに注目してほしい写真・動画のPRになる

Instagram Storiesは、企業の公式アカウントにとってもメリットの多い機能です。
投稿したコンテンツはタイムラインの上部に固定されるため、ユーザーの目に留まりやすいようになります。
また、足あと機能のように閲覧したユーザーを確認できる機能があるため、特定のコンテンツに対するフォロワーの反応や関心度を計測することもできます。

外部リンク機能でユーザーを商品ページへ誘導

マーケターにとってさらに期待されているのが、外部リンク機能です(2017年1月現在、認証マークのついたアカウントのみでテスト運用中)。
この機能を使うと、ストーリーの投稿から直接外部ページへリンクさせることができます。
商品の購入ページへの誘導、キャンペーンサイトへの誘導、コンテンツの続きを見せる、、、など多様な活用方法が考えられます。

今後も期待大のInstagram Stories

Instagram Storiesは、個人はもちろん企業にとっても、Instagramの活用場面を大きく広げてくれる画期的な機能です。
また今後も、追加機能の実装でますます使いやすく進化していくことが期待できます。これまで使ってこなかったという人も、今のうちから活用してみてはいかがでしょうか?

SNSマーケティングならOWNLY お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:30〜18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。