商品が自動で売れる仕組みを作る3つの施策

TwitterやInstagramで商品が売りたい!集客したい!というときに、
広告にたくさん予算をつぎ込んだり、”映える”クリエイティブを用意するのに必死になったりしていませんか?

一時はたくさんの人に見てもらえて、良い数字が出せても、すぐに次の施策を打たないと、効果が出なくなってしまう……。
そんな状況に陥ってはいませんか?

何もしなくても、自動的に商品が売れていく仕組みがあればいいですよね。
実はその仕組みこそ 「UGC」 です!!

UGCとは、User generated content の略で、企業ではなく一般のユーザーによって作られたコンテンツのことです。

例えば、普通の個人によるツイートや、Instagramの投稿など。
これらは身近な人の発言ですので、信頼感も説得力もバツグンです。

1人のユーザーが発信してオススメしてくれた商品を、その人の友人や家族が試してくれたり、RTやいいねで広めてくれれば、さらに周囲のユーザーへと伝わっていきます。

こんな状態が作れたら、たくさんの予算をかけたプロモーションよりも効果的ですし、ほんとうに理想的ですよね。
そこで、ここではUGCを増やして活用する状態」までの、3段階の道のりについて書いていきます。

目次

UGC活用までの全体イメージ

まずは「現状どのくらいの関連UGCがあるのか」を把握しましょう。
そしてその結果を元に、UGCを増やす3つの施策を行います。

なぜ3つの施策なのか?

それは、UGCはなかなか集まらないからです。
ただ「商品を投稿してください」と呼びかけても、なかなか投稿してもらえません…。

そこで、発信難易度順にUGCの種類を3つに分け、それぞれに向けた施策を行うことが、UGCの数を底上げしていく為に効果的なのです!

3種類のUGCを、図にすると以下のようになります。

リツイート・簡易的な投稿・ユーザー発信投稿
<3種類のUGC>

  • その1(難易度低):リツイートする
  • その2(難易度中):カンバセーショナルカードなどを利用して投稿する
  • その3(難易度高):完全にユーザー発信の投稿

どれか1つだけを狙うのではなく、3つそれぞれについての施策を行うことが重要です。
発信難易度の違うそれぞれのUGCを増やしていくことで、全体の円を大きくし、UGCの数を増やしていくイメージです。
以下で各段階について詳しく解説していきます。

施策に取り掛かる前の準備:現在地の把握


まずは各SNSでエゴサーチをしてみましょう。

例えば下記のような項目で検索して、ユーザーによる投稿の内容・量を確認します。

  • プロモーションしたいブランド名
  • あなたの企業名
  • 販売中の商品名
  • 販売したい商品のカテゴリ
  • 商品やブランドのキャッチコピー

これらで検索してみた結果、自社について言及している投稿はSNS上にありましたか?
多少でも、自社に関するUGCが存在していたなら、ユーザーは商品やサービスの何を話題にしてくれているのか?を考えてみましょう。これが、今後の施策の最大のヒントになります。

さらに、競合相手でも同様の検索をしてみましょう。
もし他社に関する投稿が多くあるのであれば、自社にも可能性があるということです。なぜ他社は話題になっているのか・自社でも見習うところがないか、検討してみます。
自社に関するUGCがなくても、競合相手に関するUGCがあるのなら、応用できる点があるはずです。

SNS上に関連UGCがあるかどうかを調べるときには、OWNLYの「UGCマーケティング」を使って調べるのがオススメです。自社に関するキーワードを含む投稿を、自動で収集して記録しておくことができます。
また、Twitterの「高度な検索」機能を使ってもOKです!関連するキーワードや、除外したいキーワードを指定して検索することができます。

Twitterで高度な検索を行う方法

UGCを増やす3つの取り組み

現在地を把握したら、実際にUGCを増やしていくために取り組んでいきましょう。

リツイート・簡易的な投稿・ユーザー発信投稿
3つに分けたUGC、「認知・共感」→「促進」→「拡散・活用」というサイクルを回転させていきます。

重要なのは、このサイクルは一度きりではなく、定期的に継続して回していくことです。
一回だけでは効果が弱くても、くり返し行うことで徐々に結果が出てきます。

ステップ1 リツイート数を増やす:認知・共感

まずは、ブランドについて知ってもらい、共感してもらうことから始まります。
そのために、リツイートを増やす取り組みを行います。

リツイートは、Twitterで、一番簡単・手軽にできる投稿方法です。
簡単ですが、リツイートすることで、共感の気持ちをフォロワーに対して表明することができ、Twitterにおける表現手段の1つでもあります。
リツイートは、Twitter上のユーザーをブランドのコミュニケーションに巻き込んでいく第一歩です。

さらにリツイートされることで、フォロワー数の増加にも直結します。
フォロワー数だけ追っても意味ない」という意見もありますが、フォロワー数を追わないことにはファンにも出会えません。フォロワー数のみを指標にするのはよくありませんが、ファンを探すためにはフォロワー数も重要です

リツイートを増やす取り組み例には、下記が挙げられます。

  • 考え方やコンセプトを発信(どんなブランドなのか?何のための商品なのか?)
  • 従業員にフォーカスしてみる(こんな人がこんな思いで働いています)
  • 一言添えたくなる投稿(日常に馴染む提案、役立つ情報、一般ユーザーへの質問を盛り込む)
  • リツイートしてほしいと正直に言う(RTキャンペーンなど)

現時点でブランド自体の認知が低い場合や、Twitter上で存在感が不十分な場合(アカウントを開設したばかりなど)には、フォロー&リツイートキャンペーンを実施するのがオススメです。

フォローのきっかけはキャンペーン目当てでも、間違いなくブランドに多少の興味を持ってくれたユーザーであり、将来的なファン候補です。
また、キャンペーンに積極的に参加するユーザーほど、キャンペーンの感想や当選時の報告ツイートも積極的に投稿してくれる傾向があります。

フォロー&リツイートキャンペーンについて知りたいときには、下記の資料を参考にしてみてください。事例の詳細や実施・運用時のポイントを確認できる資料がDLできます。

フォロー&リツイートキャンペーン成功事例から見る運用のポイント

ステップ2 ユーザー投稿の促進:ユーザーを巻き込む

リツイートから一歩進んで、ユーザーからツイートしてもらうのが次の段階です。
とはいっても、ユーザーに1から内容を考えてもらうのでは、なかなか投稿は集まらず、うまくいきません。

そこで、気軽に発信できるようにする為の仕掛けとして、カンバセーショナルカードを利用するのがおすすめです。

カンバセーショナルカードのイメージ

カンバセーショナルカードを使えば、上の画像のようなツイートができます。選択肢のボタンを押下すると、自動的にハッシュタグ入りの文章が入力されるようになっていて、気軽にツイートしてもらえる仕組みです。

【カンバセーショナルカードとは】

  • Twitter広告アカウントで作成できます
  • 通常の投稿と同様に、タイムラインに流せます
  • ハッシュタグボタンを4つまで設定できます
  • ボタンクリックで、設定した文章が入ったツイートができます

カンバセーショナルカードを使えば、1から内容を考えるよりも簡単にツイートしてもらうことができます。
以下のようなユーザー巻き込み型の企画がオススメです。

  • 好きな商品を選んで投票キャンペーン
  • クイズを出題
  • じゃんけんにチャレンジ
  • ボタンを押して予想ツイート

ユーザーが主体となって参加できるような内容を用意して、多くの人に楽しんでもらえると良いですよね。
また高額でなくてもいいので、景品を用意すると、より盛り上がります。

OWNLYを使えば、キャンペーンに参加してくれたユーザーや、キャンペーンによるフォロワー推移などの影響を、自動で記録してくれます。
当選者への一斉DM送信や、ギフトコードなどユニークなコードを1人1つずつ配布することも、OWNLYを使えば簡単です。

ステップ3 体験のシェアや口コミを募集:拡散・活用


認知・共感してくれる人がある程度いて、ユーザー参加の気風ができたら、いよいよユーザー起点の投稿をお願いしてみましょう。

ユーザー起点の投稿は、完全に自由だとなかなか難しいです。そこで、お題やテーマを設けるとハードルをさげることができます。たとえば、下記のようなお題やテーマなど。

  • この商品の便利な使い方を教えてください
  • 〇〇におけるあなたの経験談を教えてください
  • 〇〇への、あなたの応援メッセージを募集しています

ポイントは、目的を欲張りすぎないことです。
目的が「UGCを増やすこと」なのであれば、なるべく参加しやすいお題やテーマがいいでしょう。

なかなか投稿が増えない原因の多くは、目的を欲張ってしまっていることです。
「せっかくキャンペーンをやるんだから、UGCも増やしたいけど購入数も増やしたい!購入しないと参加できないよう、商品の写真をマストにしよう!」としてしまうと、投稿数はガクッと減少します。
商品を買って、写真を撮って…などと段階が多いと、参加までに時間がかかり、いつしか参加しようと思ったことも忘れられてしまうからです。

必ずしも商品写真に拘らず、キャンペーンを行う目的は絞って明確にすることが、成功の秘訣です。

たとえば「使い方」にフォーカスしたり、「商品のイメージ」に関するお題など、魅力を伝えつつユーザーと一緒に考えられるようなテーマだと素敵ですね。

もう一つ重要なのが、キャンペーン投稿してくれたユーザーに対し、公式アカウントから積極的に反応することです。

たとえば「いいね」を押すだけでも、ユーザーからは喜ばれます。

特にオススメなのは、コメント付きリツイートで投稿を紹介したり、キャンペーンページに掲載したりして、他の人にも見える形で紹介することです。

ユーザーとの会話を他の人にも見える形で紹介することで、それを見ている人もキャンペーンに参加したくなる効果が生まれます。
紹介されたユーザーにとっても、自分の投稿が誰かに認められると嬉しいものです。

すべてに反応する必要はありませんが、一部だけでも反応を返していくことで、投稿をより盛り上げていくことができるでしょう。

まとめ

まずはエゴサーチで現状を確認!そして3種類のUGC創出施策に、バランスよく取り組みましょう。

  1. ①RTで認知・共感してくれる人を集める
  2. ②簡単に投稿する仕組みでユーザー参加型へ
  3. ③参加しやすいお題やテーマで投稿募集
リツイート・簡易的な投稿・ユーザー発信投稿

3つの施策どれか1つだけではなく、3つバランスよく取り組んでいくことが重要です。
認知・共感から、ユーザー参加型へ、そしてユーザー主体で投稿してもらえるようになるまでの流れを作っていきましょう!

3つの施策に取り組みたいが、どうしていいか分からないという方。
数々のSNSプロモーションを成功に導いてきた弊社が、貴社の状況に合わせてサポートします。

  • 自己流で様々な施策を行ってきたが、イマイチ効果が実感できないとき
  • まだSNSアカウントを作ったばかりで、運用にお困りのとき
  • SNSでのマーケティングを始めたいが、不安が拭えないとき。

▼▼まずはご相談だけでも承りますので、お気軽にご連絡ください。▼▼

執筆:水谷萌子