APIを利用したディスプレイでカテゴリ別に表示できる機能など、追加機能リリース

OWNLYは2017年7月4日にVer.3.18へのバージョンアップを行いました。
ここでは、おすすめの新機能をご紹介いたします。

OWNLYのAPIを利用したディスプレイで取得可能な項目を追加

UGC収集タイプでキュレーションしたコンテンツをOWNLYのAPIを利用してディスプレイする場合に、カテゴリ(※)が取得できるようになりました。
これにより、カテゴリ別に表示ができるようになりました。
※カテゴリはオプション機能です。イベントごとにお申し込みが必要です。

サンプル


管理画面のイベントリストに絞り込み機能を追加

管理画面のイベントリストで、イベントタイプとイベントタイトルで絞り込みができるようになりました。ページング機能も追加し、イベントが探しやすくなります。

 

その他、ビジュアルコマース(ショッパブルInstagramなど)の新機能

上記の他、β版でビジュアルコマースの機能を強化しています。ショップタグ付きのギャラリーやショッパブルInstagramなどをご利用のお客様へ個別にご案内させていただきます。詳しくはお問い合わせください。

 

OWNLYでは、サービス向上のため定期的なバージョンアップを行っています。
環境の変化にいち早く対応し、さらに使いやすい商品を目指して今後もバージョンアップを続けていきます。