ユーザーへのアプローチを効率的に!マイクロインフルエンサーの活用法

SNSを使ったマーケティングでは、周囲への影響力が高いインフルエンサーを活用することで効果的にプロモーション活動を行うことが可能です。
特に最近では、数千〜1〜2万人規模のフォロワーを持つ「マイクロインフルエンサー」を活用する手法が注目されています。
今回は、マイクロインフルエンサーの探し方から活用方法まで詳しくご紹介します。

マイクロインフルエンサーとは?

インフルエンサーとは?

マイクロインフルエンサーについて説明する前に、まずインフルエンサーについてご紹介します。
インフルエンサーとは、一般ユーザーの消費行動に高い影響を与える力を持つ人々のことを指します。
SNSマーケティングの分野では、Instagram、Facebook、TwitterなどのSNS上で大量のフォロワーを抱えているような人々がインフルエンサーと呼ばれます。
インフルエンサーは多くのフォロワーに情報を拡散し、コンテンツを通じてトレンドを発信する力があります。
そのため、企業がインフルエンサーを通じて商品の宣伝をしてもらうのがインフルエンサーマーケティングの手法です。インフルエンサーの投稿は企業の広告に比べエンゲージメント率が高くなる傾向があり、購買層へ効果的にリーチさせることが期待できます。

インフルエンサーとマイクロインフルエンサーの違いは?

インフルエンサーとマイクロインフルエンサーの違いは、フォロワーの数や質です。
インフルエンサーは数十万人、数百万人のフォロワーを持つ層を指すのが一般的ですが、マイクロインフルエンサーのフォロワー数は数千〜1〜2万人の規模です。
フォロワー数は多ければ多いほど効果があるように思えますが、実はフォロワー数が多いほどリーチ率が下がるということがいくつもの統計でわかってきています。
これは、芸能人やタレント、モデルなどのインフルエンサーは、単に「ファンだから」という理由でフォローをしているユーザーも多く、フォロワーの趣味趣向はバラバラなことが理由と考えられます。
これに対してマイクロインフルエンサーの場合は、「この人のセンスが好きだから」「共通の話題を持っているから」など感性や価値観があっているという理由でフォローをしていることが多いため、ターゲティングがしやすく、フォロワーからの信頼もあるためエンゲージメント率が高くなる傾向があります。

マイクロインフルエンサーを見つけるポイント

上記のようなメリットのあるマイクロインフルエンサー。一体どのように見つければよいのでしょうか?
インフルエンサーを手配する場合は主にキャスティング式と公募式がありますが、選考のポイントは、自社の商品やサービスにどれだけ親和性があるか?ということです。
そのユーザーの投稿内容に親和性があれば、フォロワーにも親和性の高いユーザーがいることが期待できます。
単にフォロワー数で判断するのではなく、普段投稿している内容やどんなフォロワーを抱えているかをみていくことが必要です。
また、フォロワーとの関係性もポイントとなります。フォロワー数に対していいね!の割合が高かったり、コメントでよくフォロワーとやりとりをしているような場合は、距離感が近く友好な関係を築けていることがうかがえます。
フォロワーと積極的にコミュニケーションをとっているユーザーの場合は、高いエンゲージメント率が期待できます。

マイクロインフルエンサーを活用してマーケティングを成功させよう

インフルエンサーの中でも、よりターゲットと距離感が近いマイクロインフルエンサーに協力してもらうことができれば、効率の良いマーケティングをすることができます。
ブランドに親和性の高いマイクロインフルエンサーを探し、効果的に集客を行っていきましょう。