MENU

傾いた家のリフォーム費用はいくら?解体や売却はできるのか?

窓が閉まりにくくなったり水はけが悪くなったりして、「家が傾いているのでは?」と心配する人は少なくありません。

家が傾く原因は「土地」に問題がある場合と「建物」に問題がある場合に大きく分けられます。

傾いた原因によって適切な工事方法や費用が異なり、費用相場は100〜800万円と大きな差があります。

まずは専門業者へ依頼して、原因の特定・適切な修復プランを立てることが大切です。

今回は、家が傾く原因・工事方法・費用について解説します。

専門業者の選び方や傾いた家を手放す方法についても説明しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

なぜ家が傾くのか?主な原因

家が傾く原因は「土地」に問題がある場合と、「建物」に問題がある場合の2つに大きく分けられます。

具体的には、以下の5つの原因が考えられます。

  • 地盤沈下による傾き
  • 地面の液状化現象
  • シロアリによる被害
  • 建築時の施工ミス
  • 建物の経年劣化

一つずつ詳しくみていきましょう。

地盤沈下による傾き

家が傾く原因に多いのは、「地盤沈下」による傾きです。

川や海岸・田畑などがあった場所は、盛土(もりど)をして平らな土地を作っています。

このような土地はもともと軟弱な地盤なため、建物の重みや地震などの自然災害で沈んでしまう場合があります。

通常は家を建てる前にしっかりと地盤調査をして、地盤に適した改良工事をすれば、沈下は高確率で防げるはずです。

しかし、施工会社が適切な改良工事を行なっていないと、地盤沈下が起こり家の傾きを引き起こす場合があります。

近頃は長期的な地盤保証をつけているハウスメーカー・工務店も多いので、まずは家を建てた業者へ相談してみましょう。

地面の液状化現象

大きな地震が起きた際によく耳にする「液状化現象」も、家が傾く原因のひとつです。

液状化現象とは、水分を多く含んでいる土地で地震が起きた際に、地盤の中の水分が地表に浮き上がってくる現象のこと。

もともと川や海岸・田畑などがあった軟弱な土地では、液状化現象が起こりやすいです。

とくに木造住宅は建物の重量が軽く基礎も浅いので、液状化現象による影響を受けやすいといわれています。

シロアリによる被害

「シロアリによる被害」は、建物に問題があるケースです。

建物を支える床束(ゆかつか)や土台外壁など、構造内部の下地をシロアリが食い荒らすと、強度が保てずに家が傾く場合があります。

土地に問題がある場合は家がまるごと傾くのに対して、シロアリによる被害は2階部分だけに被害が現れるケースもあります。

シロアリが原因で家が傾いている場合は、「シロアリ駆除」や「根太の交換」が必要です。

被害が大きい場合には、床材(フローリングなど)の交換が必要になることもあります。

建築時の施工ミス

施工会社がしっかりと地盤調査を行わなかった、あるいは地盤調査の結果に見合った改良工事をしなかったことも家が傾く原因です。

構造上の不良や手抜き工事をされたいわゆる「欠陥住宅」も、高確率で傾いてしまいます。

これらは明らかに業者のミス・業者の責任なので、修復についてしっかりと話し合いましょう。

質の悪い業者にあたって後悔しないよう、家を建てる際にはハウスメーカー・工務店選びがとても重要だといえます。

建物の経年劣化

「建物の経年劣化」も、家が傾く原因のひとつです。

外壁や内装と同じで、家を支える土台・下地材なども徐々に劣化していきます。

とくにキッチンやお風呂など、よく水を使う場所で起こりやすい現象です。

建物の経年劣化で家が傾いた場合は、劣化している部分を修復(交換・補強)すれば傾きを直せるので、比較的簡単な工事で済む場合が多いでしょう。

家の傾きを直すための工事方法

家の傾きを直すためには、主に4つの方法があります。

  • 土台上げ工法
  • ダブルロック工法
  • 薬液注入工法
  • アンダーピニング工法

どの方法で直すかは、家が傾いてしまった原因や工事にかける予算によって変わります。
具体的な工事内容を、ひとつずつ見てみましょう。

土台上げ工法

4つの工事方法の中で、もっとも安く手軽にできる工事が「土台上げ工法」です。

土台上げ工法は、建物の基礎と土台を切り離して、建物の土台から上をジャッキで持ち上げ水平に調整します。

土台を持ち上げた際、建物と基礎のあいだにすき間が発生するので、無収縮モルタルなどで埋めて家の傾きを直します。

土台上げ工法は、地盤を改良する効果はありません。

土地に問題がある場合は、再沈下する可能性を考え、ほかの工法を選んだほうがよいでしょう。

ダブルロック工法

「ダブルロック工法」は、セメント系の薬液を地盤に流し込み、家の傾きを直す方法です。

圧力をかけて地盤の中のすき間や水分をなくし、地盤そのものをコンクリートのように強くするため、再沈下が起こる可能性は低いとされています。

工期も比較的短く、居住したままでも施工できるので、仮住まいを探す手間や費用が省けるのもメリットです。

薬液注入工法

「薬液注入工法」は、ベタ基礎の下に穴を開け、硬質ウレタン樹脂系の薬液を流し込んで家の傾きを直す方法です。

一見ダブルロック工法と似たような手順ですが、薬液注入工法には地盤そのものを改良する効果がありません。

またウレタン樹脂系の薬剤は、シロアリ被害を受けやすいことが指摘されています。

せっかく工事をしても、地震やシロアリによってふたたび地盤が沈下してしまうかもしれません。

工期・費用はダブルロック工法と大きな差はないので、ダブルロック工法で施工してくれる業者をおすすめします。

アンダーピニング工法

ジャッキの力と建物の重みを利用して、地盤の頑丈な層(支持層)に鋼管くいを打ち込むのが「アンダーピニング工法」です。

打ち込んだ鋼管くいによって傾いた家を支えて、基礎ごと持ち上げます。

アンダーピニング工法のメリットは、大きな傾きにもミリ単位で対応できるうえ、地盤沈下を修復する効果があること。

その分ほかの方法と比べて大がかりな工事となり、工事費用が高いのはデメリットといえます。

地盤の支持層の深さによって費用が変わるため、事前に正確な見積もりが出にくい点にも注意が必要です。

中には「工事してみないと費用はわからない」といって、工事後に高額な請求をする悪徳業者もいますが、建物が立っていない敷地内(庭など)である程度の目安はわかります。

不当な請求をされないよう、安心して任せられる業者を見極めることが大切です。

家の傾きを直すためにかかる費用相場と期間は?

家が傾く原因と工事方法について解説しましたが、傾きを修復するにはどのくらいの費用と日数がかかるのでしょうか。

工法別に費用相場と工事期間をまとめました。

工期費用相場在宅可否
土台上げ工法10日~3週間100〜300万円
ダブルロック工法1~3週間300〜600万円
薬液注入工法1〜3週間200〜500万円
アンダーピニング工法1ヶ月~2ヶ月500〜800万円要相談
家の傾きを直す工事費用と期間について

実際にかかる費用や日数は、家が傾いている原因や傾き具合によっても変わります。

ダブルロック・アンダーピニング工法は比較的高額で長期間かかりますが、地盤そのものを修復・補強するため、再沈下が起こりにくいです。

一方、安価で手軽にできる土台上げ工法などはあくまでも応急処置となり、再沈下やシロアリ被害が起こる可能性も考えられます。

予算と仕上がりのバランスをよく考えて、納得できる工法を選びましょう。

必ず複数の業者に相見積もりを取ること

依頼する業者によっても、費用や在宅工事の可否が変わります。

中には数十〜数百万円前後の差がでるケースもあるため、必ず複数の業者に相見積もりを取るのが重要です。

業者を選ぶ際はネットの口コミだけでなく、直接担当者と会って対応や工事内容を比較しながら、業者の質を見極めましょう。

ここで悪徳業者の実例を紹介しますので、業者選びの参考にしてください。

ケース1.家主の不安をあおって急かす業者

家主に家の傾きを直す工事の見積もりを依頼された業者A。

家を見るなり「このままでは家が倒壊するかもしれません!」と、家主の不安をあおります。

どのような工事が必要なのか聞いても、詳しい説明ははぐらかして「今すぐ工事が必要です!」と家主を急かします。

だれかに相談する隙を与えず、悩む時間も取らせないように契約を迫ったのです。

業者Aの言葉で家の倒壊が心配になった家主は、相見積もりを取らずにその場で契約。

家が傾いた原因は土地にあったにもかかわらず、土台上げ工法で傾きは修復され、相場よりも高い400万円が請求されました。

今回のケースでは、他社と相見積もりが取れなかったため、工事方法や費用を比較できませんでした。

相見積もりを取っていればさらに安い業者もいたでしょうし、なにより土台上げ工法ではなく別の工法を選べたかもしれません。

家の傾きは専門的で難しい問題ですが、家主もある程度の知識を持ったうえで、業者に相談することが大切といえるでしょう。

ケース2. あいまいな見積もりを出す業者

傾き修復工事の見積もりを依頼された業者Bは、家主に見積書を提示しました。

見積書には詳しい工事内容が記載されておらず、「一式」という表現が目立ちます。

工事費用は相場より安く、追加料金についての記載・説明はありません。

少し疑問に思ったものの、費用が安く担当者の対応もよかったため、家主は業者Bと契約しました。

ところが工事が始まると、次々とトラブルが発生。

「大きな石が出てきたから撤去費用がかかる」「水が湧いて出てきたから追加費用がかかる」などとどんどん費用が加算されて、総額は相場の1.5倍かかりました。

家の傾きを直す工事は、工事を始めてみないと正確な費用はわかりにくい性質があります。

工事の途中で建具調整や補修が必要になり、追加料金が発生するケースも少なくありません。

しかし良心的な業者なら、見積もりの段階で追加料金がかかる場合や費用について説明するはずです。

少しでも疑問に思ったら、納得いくまで業者に説明してもらいましょう。

悪徳業者を選んで後悔しないよう、必ず複数の業者に相見積もりを取って見極めるのが大切です。

傾きの調査だけを依頼する場合の費用相場は?

傾きの調査だけを依頼する場合、5~15万円が相場といわれています。

中には無料で傾き調査・出張見積もりを行なっている業者もいます。

まずは依頼できそうな業者に問い合わせて、調査費用を確認してみましょう。

家の傾き修理、調査を依頼できる業者一覧

家の傾きを直せる業者は少ないので、地元で見つけるのは大変かもしれません。

全国で実績のある業者をいくつか紹介しますので、直接相談してみましょう。

家の傾き専門店 西川

家の傾き専門店 株式会社西川

東京都新宿に本社をかまえる「家の傾き専門店西川」は、業界トップクラスの1,600棟以上の施工実績を誇る専門業者です。

各工法の長所を組み合わせて、「安く・強く・安心」できる工事を行なっています。

独自の「地盤ロック工法」は、液状化や地震にも強い地盤に改良しながら、家の傾きも修正します。(仮住まい不要で、費用は100万円〜)

自社の10年保証だけでなく、第三者保証が受けられるのも安心できるポイントです。

営業所は千葉・茨城・滋賀・熊本にありますが、工事実績は全国に渡ります。

アップハウス 家の傾き相談室

株式会社アップハウス 家の傾き相談室

埼玉県に本社をかまえる「アップハウス」は、北海道から沖縄まで1,500件以上の施工実績を持つ傾き修復の専門業者です。

傾きを確実に直す技術と安さに定評があり、テレビ番組でも数多く紹介されています。

出張見積もりや傾き調査は無料で行なっており、他社との相見積もりを歓迎しているのも特徴的。

公式ホームページでは、家が傾く原因や直す方法・費用についてわかりやすく説明しているので必見です。

石川技研

株式会社 石川技研

滋賀県に本社をかまえる「石川技研」は、家の傾きを修復するだけでなく、土木工事・水道工事・解体工事など、幅広い修復工事に携わっています。

地盤改良だけでなく、さまざまなアプローチから修復プランを提案してくれる業者です。

すべての工事を自社で一括対応しているので、無駄なコストがなく、低価格で施工してもらえる点も魅力です。

再沈下の心配が少ないダブルロック工法を得意としているので、液状化や軟弱な地盤が原因の傾きも安心して任せられるでしょう。

レフトハウジング

株式会社レフトハウジング

埼玉県にある「レフトハウジング」は、新潟県中越大地震・東日本大震災・熊本地震など、数多くの災害に対応してきた業者です。

豊富な知識・圧倒的な技術力を低価格で提供しており、1,000棟以上の工事実績を誇ります。

工事中も家主の負担をなるべく減らせるよう、仮住まい不要で普段通りの生活を送りながらの修復が可能です。

見積もり後は催促の電話や訪問は一切行わない点からも、家主の立場に立った営業方針を貫いているのがわかります。

家を手放すことを考えている場合

家が傾いてしまった場合、「家を手放すほうがよいのでは…」と考える人も少なくありません。

手放す方法としては「解体」と「売却」の2通りありますが、どちらを選ぶにしても傾いた原因を調べる必要があります。

解体して立て直す場合、土地に問題があるのなら、地盤改良をしなければ再沈下する可能性があります。

売却するにしても、買主に傾きの原因を正確に伝えることが必須です。(隠したまま売却すると「契約不適合責任」に問われます)

解体するにしても売却するにしても、まずは専門業者に傾き調査を依頼しましょう。

家を解体する場合の費用は?

家の解体費用は建物の種類・状況によって異なりますが、1坪あたりの単価相場は以下の通りです。

木造住宅18,000円~30,000円
プレハブ造10,000円~20,000円
鉄骨造12,000円~28,000円
鉄筋コンクリート造25,000円~38,000円
解体費用

35坪の木造住宅を解体する場合、おおよそ63〜105万円の解体費用がかかります。

家の周りの道路状況や業者によっても金額は大きく変わる可能性もあるため、まずは相見積もりを取りましょう。

売却することはできるのか?

傾いた家の売却はできないわけではありませんが、非常に難しいです。

相場よりも大幅に値下げして売り出すことになりますし、値下げしたからといって簡単に売れるとも限りません。

買い手としては物件価格がいくら安くても、傾きの修復工事にいくらかかるのか、修復してもまた傾くのではないかと心配するでしょう。

内覧の際に大まかな修復費用・再沈下の可能性についてきちんと説明できるよう、事前に傾いた原因を特定することが重要です。

入念な準備をしても個人の買い手を見つけるのは難しいので、どうしても売りたい場合は「買取専門業者」に買い取ってもらうのが現実的でしょう。

事前に修復、リフォームした方がいい?

傾いた家の売却が難しいのであれば、「売却前にリフォームすればいいのでは?」と考える人もいるかと思います。

しかし、リフォームにかけた費用を回収するのは難しいためおすすめできません。

たとえば建物に問題があって傾いた家を、500万円かけて修復して売却するとします。

売主としては修復費用500万円をプラスして売却価格をつけたいところですが、それでは相場より高くなるので買主が見つかりにくいです。

一方土地に問題がある家を修復した場合、売却時点では傾いてなくても、傾いていた事実を買主に隠して売ることはできません。

家が傾いていたことを知った買い手は、当然値下げ交渉をしてくるはずなので、修復費用を回収するのはさらに難しくなります。

買取専門業者に依頼するのが無難な選択

傾いた原因が建物であれ土地であれ、修復にかけた費用を回収するのは難しいため、リフォームは行わないほうがよいでしょう。

傾きの原因を特定したうえで、「買取専門業者」に買い取ってもらうのが無難な選択です。

買取業者によって買取価格に差があるので、効率よく複数の業者に査定してもらえる比較サイトを最大限活用しましょう。

例えば下記の「いえカツLIFE」というサイトなら、少し訳ありの土地や建物でも買取査定をしてくれるので、どこが高く買い取ってくれるか比較してみるのもおすすめです。

いえカツLIFE公式サイト

傾いた家に関するよくある質問

傾いた家に関するよくある質問をまとめましたので、参考にしてください。

自分で家の傾きを調べる方法は?

家が傾いているかを自分で調べるには、次のような方法があります。

  • ホームセンターなどで売っている「水平器」を床に置く
  • ビー玉を転がす
  • 透明なコップに水を入れてペンで線を引く

あくまでも簡易的な方法ですが、傾きの有無は調べられるはずです。

  • 窓や扉が開閉しにくい
  • 風呂などの水はけが悪くなる
  • 外壁に亀裂がある

これらの現象も家が傾いているサインなので、家の変化に気がついたら傾きを調べてみましょう。

スマホアプリで家の傾きはチェックできる?

最近では家の傾きをチェックできるスマホアプリなどもありますが、正確性には欠けてしまいます。

スマホ本体がゆがんでいる場合もあるため、おおよその目安として利用するのが望ましいでしょう。

自力で傾きを直すことはできる?

ホームセンターで油圧ジャッキなどを購入して、家の傾きをDIYで直している人もいるようですが、おすすめできません。

傾いた原因が建物にある場合はうまくいくケースもあるかもしれませんが、土地に問題があった場合、ジャッキで一時的に傾きを直しても再沈下する可能性が高いです。

自力で傾きの原因を特定するのが難しい点からも、家の傾きは専門業者に頼るべきといえます。

傾きのせいで健康被害が出る可能性は?

家の傾きのせいで平衡感覚が狂ってしまい、頭痛・めまい・吐き気などの症状を引き起こす場合があります。

「なんだかずっと具合が悪い…」など、原因がわからない慢性的な体調不良に陥るケースも。

家の傾きは放っておくとどんどん悪化するので、健康被害が大きくなる前に、専門業者に相談しましょう。

傾きを放置したせいで家が倒壊することはある?

家の傾きを修復せず放置し続けると、家が倒壊する恐れがあります。

とくに土地が原因で傾いている場合、地盤沈下は自然と収まることはなく、少しずつ沈下が進んでいる状態です。

家の傾きが大きくなるほど修復費用も高くなってしまうので、できる限り早い段階で対処しましょう。

まとめ

今回は家が傾く原因や修復する方法について解説しました。

家が傾く原因は、地盤沈下や液状化、シロアリ被害や建物の経年劣化などが考えられます。

傾いた原因によって適切な工事方法と費用は異なるため、専門業者に傾きを調査してもらう必要があります。

依頼する業者によっても工事費用に差があるので、必ず複数の業者に相見積もりを取りましょう。

傾いた家に住み続けると、体調不良を引き起こすだけでなく、最悪の場合倒壊してしまうかもしれません。

工事方法・費用ともに納得できる業者を選んで、できる限り早い段階で家の傾きを修復することをおすすめします。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる